日常日記

ノベルバユーザー173744

あいのしるし?

子供は愛の結晶だと言うけれど、悲しい事件が起こる。

昔は怒られて押し入れに入れられたり、お灸を据えるは口癖だった。
でも、顔が変形する程殴られたことはない。

それに、怒っていても愛はあったと思う。
父よりも押し入れの暗さの方が、怖かった記憶があるから。

「もう、悪戯はするなよ?」

と出された時に、もうしないと思ったから。



でも今は、加減を知らない親が多い。



解りませんか?
手をあげて殴っているのは貴方の子供ですよ?

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く