日常日記

ノベルバユーザー173744

悲しい思い出……12日は兄貴の……。

どこを間違ったのだろう。
私はどこを間違ったのだろう。

皆にはバカだと言われるけれど、私は皆には笑ってて欲しかった。
本当は喧嘩や距離もおきたくなかった。
私が、我慢していればいいと信じていた。

でも『構んよ』と言うのが『やっておくね』と言うのが苦しくて辛くて、訴えても理解してくれない兄ちゃんたちに、怒りと憎しみを抱いてしまった。

それが恥ずかしくて、携帯の着信拒否もした。



『大好きだったよ、誕生日おめでとう』

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く