日常日記

ノベルバユーザー173744

誕生日はウォーキング開始日‼

月曜日は暑かったものの、前にすんでいた家から近い病院の帰りに、家の近所にはない手芸ショップがある大型スーパーに行ったのだが、そこは私が前にすんでいた家から歩いて20分。
一番近い公共交通機関は、町の中央の駅にあるバスで、10分。
もしくは私の前にすんでいた家の近所の郊外電車で一駅に、歩いて10分。

つまり、公共交通機関は遠い、高い、使えないのである。
その為、リュックサックを背負い、テクテクと病院を出て歩き始めた。
運動不足ではあるものの、歩くと言うのは他の運動に比べたら、私の体に負担は少ない。
その為、昔良く通った道をテクテクと歩いていく。

暑さは残暑が厳しいが、朝雨が降っていたお陰でまだましである。
懐かしい道を、近道で車が通らない部分を歩いていく。

まだ、頭を下げた稲穂は刈り取られていなかった。
でも、大きな稲穂は水は少なかったものの、日差しが良く浴びた為に、今年の味はいいのだと言う。
新米が楽しみだと思いつつ、その横をすり抜け……この間はからす色のチョウトンボだったと思うが、4枚の羽をバタバタと動かすかわいいトンボが飛んでいたが、アキアカネが飛んでいた。
もう少し日が陰ったら、初秋の光景だなぁと思いつつ、歩いていった。

焦りすぎても仕方がないとゆっくりと楽しみつつ行ったのだが、購入したかったものが売られていなかった。
あぁ、残念だと思いつつ、そのまま帰ろうとして、はたっと思い出した。
帰る方向は決まっていて、北の方向に向かう。
私の行く道のとちゅうに、電車の駅がある。
そこから二つの駅進むといつも乗降している中央駅に到着するが、そこからテクテクと20分歩く。
しかし、真っ直ぐ行った駅に乗らずにそのまま歩くと、中央駅を降りて歩いている商店街のアーケードの途中まで行き着ける……。
二駅乗って160円払うのなら、自分の体力があればそのまま帰った方がいいのではないか……。
まずは駅まで歩き、そんなに疲れていないことを確認すると、そのまま家まで歩いて帰った。

今度から暑さや雨など以外、帰りは歩いて帰ろうかと思っている。



翌日も筋肉痛にならなかったので2キロ歩いた。

7日も2キロほど……今日も2キロ……。
4日続いたが、4日坊主にならないように、筋肉をつけてジックリダイエットに励みたいと思う。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く