日常日記

ノベルバユーザー173744

老々介護【刹那玻璃編】

「お母さん……お願いやけん、ご飯食べてや。ね?」

スプーンを口に運ぶが、口が開かない。

「だからね?兄ちゃんたちは子供や孫がおるけん。大変なんよ」
「……何でや‼又お前か‼お前のせいで、兄ちゃんがこんなったんか‼じいちゃんは‼」
「お父さんは去年亡くなったやろ?それよりも……」
「皆呼んでこい‼はよ‼」

「来てくれる訳なかろうがね……」

娘は何もない家を見回して嘆く。
財産は全て、生前分与として持ち去られていた。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く