日常日記

ノベルバユーザー173744

二人の時【村咲遼編】

今日は喬を預け、二人で出掛けていた。
その帰り、雨が降りだしたのだ。

慌てて軒先に入り、並んで空を見上げた。
次第に雨が酷くなる。

「あぁ、洗濯物を干さなくて良かったです。旦那さまの言った通りでした」
「空気と風で解るからね。でも、もう少し持つかと思ったんだけど……」

荷物を下ろし、手拭いで琉璃を拭く。

「大丈夫ですよ。旦那さまこそ」
「風邪を引かないようにね?」

お互いを拭きあい、空を見上げると虹がかかっていた。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く