日常日記

ノベルバユーザー173744

もう壊れていけ、この世界。

毎日警備員で働いているお父さんに何?
はぁ?仕事休んでおばはんのお店の常連客の葬式に行け?
……ばっかじゃないん?

で、お母さんが何をした?
携帯電話を充電し忘れて、何回電話しても切れてる。
携帯は、身に付けるもので、奥の部屋の押し入れのなかにおくものじゃありません‼

兄は音信不通。
その前の台詞が笑えるんだ。

「おい、あいつに土下座させろや‼俺らに恥かかせやがって‼」

は?恥って兄貴じゃないん?
兄嫁も、姉ちゃん泣かせまくってるじゃん。
口ばっか‼

『手伝いますぅ……』

って言いながら、次からは全然動かないし、夜中の二時半までスマホゲームって、非常識じゃない?
いくら旦那の実家でも。
横に寝る娘がなくと、

「今良いところやけん‼あっちいって」
「ママー」
「あぁぁ‼どうして邪魔するの‼」

キレるなよ。

で、弟は自分勝手……諦めてるのと、姉ちゃんが一回、仲の良くないあたしと弟を二人で話し合いさせてくれた。
まぁ、突進はわかんないけど、

「姉ちゃんたちの老後は俺が見るけん。俺結婚願望ないわ~」

にはびっくりした。

「何で?」
「姉ちゃん大事にする嫁ならエエわ」
「シスコンか」



まぁ、姉は心を壊して、

「消えてしまいたい。もう嫌だ」

と泣いて泣いて……。

何とかしたくても、あたしも忙しい。

勝手なのは家族。
それでも、自分が兄と仲良くできなかったからと責め続ける姉。

でも、姉は頑張ったと思う。
あのパラサイト家族のわがままに必死についていた。
優しい人だ。
休んでほしい。



でも、今思えば何であたしが、忙しい父親の通帳管理にスケジュール管理に、食事管理をせねばならないのだ‼
スケジュールとは、祖父母や叔母が迷惑をかけまくった親族に、法事や葬儀に頭を下げて、回る役目を言う。
あたしは40。
父は72。

もう、天皇陛下だって良いお年をされているんだから、職務を減らすと言う事を考えて欲しい。

ついでに、うちの兄貴が父の代わりに法事に行け‼
それと同じ害悪の叔母たちが頭を下げたら良い。

その前に、一番最初に人生を潰された姉に土下座しろ‼
クソババァ‼
それにくず兄貴‼

次に心臓に爆弾を抱えた父に、これ以上負担をかけるな。
謝罪もできないのなら、名字を名乗るな。
姉ちゃんがいっていたように、あたしたちの代で、名字が途絶えれば良いのだ。



兄貴は兄嫁の家が良いのだろう?
実家は何をしても許されるそう思っているのだろう?
今まで育った、古臭い戦前の価値観にとらわれた、最悪な、遅れた考えしか持たない馬鹿ではないか。
人に命令ばかりをして、子供の面倒を見るのが面倒だと実家に居座るパラサイトの癖に‼
子供も子供で、親のように命令わがまま……何度殴り飛ばしてやろうかと思ったほどだ。

注意したら来なくなった、連絡もしない。
兄貴は自分の言うことを聞かないから、キレているただのガキだ。
兄嫁の婿養子に入り直せば良い。
それでさよならだ。

祖父母が望んでいた跡取りがいなくなる。
万々歳だ。



ただ、心配なのは、定期的に電話やメールをくれていた姉から来なくなった。
電話を掛けても、返答が来なくなった。

一回つい、

「すぐに電話にでてや‼」

と、怒鳴り付けると、単調な……感情の失せた声で、

「……印鑑とか、書類の為の電話にもメールにも返答してくれなかったのに、今さら言われても困るんだけど……」
「忙しくて……」
「うん。私の用事はみんなの最後で良いよ。何時もの事じゃない。じゃぁね」

と電話が切れた。

それからは、母が電話を掛けるが、喘息の発作に苦しげで、病院に行くか何度も帰ってこいと言うが、

「……あげるお金ないよ。滞在費用も払えないから。じゃぁ」

と切れる。

心を閉ざす姉を、どうすれば良いのだろう?
昔は笑ってくれた。
手先が器用で、テディベアを作ってはきゃぁきゃぁ喜んでいた。

兄の結婚式にはウェルカムベアにウェルカムドッグを作って、二人の結婚を喜んでいた。



姉を返してください。
人生を、いきる意味を教えてあげてください。

あたしは元気だよと言う姉の笑顔のない顔が辛くてたまりません。
あたしたちのせいでも、もう一度笑顔を……姉を苦しませるものが無くなりますように……。
距離を縮めるすべを教えてください。

孤独に向かう姉を止める力を下さい。
お願いします。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く