日常日記

ノベルバユーザー173744

最近とてもとても不安で怖くて堪らないこと

元勤めていた福祉施設を襲い、19人もの入居されていた方を殺し、26人の方に怪我を負わせたと言う事件から、数日が過ぎた。

でも、とても、不愉快と言うか、犯人に怒りを覚えずにいられない。
歪んだ価値観、自分がしてやっていると言うおかしな優越感。
それで、遺族には、

「お別れもできないまますみません」

と言うのは、謝罪ではなく、ただの形ばかりの現在のロボットや動物以下の物言いだ。
『ただの馬鹿』としか精神的に病んでいる私側からも言いたい。

何が不幸なのだ?
何が幸せだ?

そりゃ、私だって、このパニック障害に、対人恐怖症、に苛まれている。

不幸だとずっと思ってきたが、死ぬなら自分で死ぬし、関わりのないその人に哀れまれ、

「じゃぁ殺してあげますよ」

等と言われたくはない。
たった20年少々生きたくらいで、人の命を、障害を持つから可哀想と、じゃぁ殺してあげようと極論に達する意味が解らない。
しかも、衆議院議長宛に送ったと言う手紙もおかしい。

自分は、あなたたちの代わりにやってあげるのだから、代わりにと、お金を要求し、心神喪失状態だったのだから罪に問えない。
そして、拘束期間は二年等と良く言えたものだ。

そこまで考えられるのなら、自分はおかしい人間を演じている……いや、殺人魔で、自分が正しいと言う身勝手な考え方で自分の挫折を周囲の責任にして、言い訳にして逃げている……私と同じ負け犬だ。
私以上に、身勝手で頭も悪い。
入れ墨を入れたらそりゃ、公衆浴場にも入れないし、プールも無理、職場も制限される。
教員になりたいと言いつつ、入れ墨を入れた時点でなれないのだから、自分で自分の未来を潰したも同然。
それなのに反省もせず、自分よりも優しく暖かい心の持ち主に刃を向けた。

不自由な人だって、本当に動かない身体、伝えられない思いを抱え本当に苦しんでいるのだ。
それでも、家族に職員の皆さんに、地域の方々に支えてもらい、施設で生活をしつつ自立をと頑張っている人すらいるのだ。
小さくとも、夢と言う種を命に秘め、花開かせた人すらいるのだ。

それなのに……。
本当に悔しい……。

彼が心の病や、心神喪失を訴えても、本当に苦しかった、恐ろしかった……寝ている間に襲われ、亡くなった方や大ケガをされた方を忘れないで欲しい。
どれだけ苦しい思いをされているか、考えてほしい。

身勝手な思い込みで、人を殺すのは人を人と思っていないのだと思う。



赦しは……再びの事件を産み出すかもしれない。

一度は見逃してしまった為に起こった惨事……考えるべきと思う。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く