日常日記

ノベルバユーザー173744

今日も一応友人に……。

夏休みである。
関東地方はまだ梅雨がじめじめ残っていて、大変だろうなぁと思っていたのだが、実は、木曜日に実は、友人とお出掛け(キラーン‼)だったのである。

しかし、喘息発作は収まる気配を見せず、七宝しゃこは半泣きで友人にメールを送った。

『ごめんなさい‼風邪引いて喘息でアホやりました‼』

……これが題名である。

すでにアホではあるのだが、本気でいきたくて堪らなかった。
あしのないしゃこにとって、友人が連れていってくれる場所が楽しみである。
しかも行く先は、世界的にも有名な造船会社のある、タオルの街であった。
腹巻きとりさんに、鶴姫に、村上水軍博物館は珍しい宝物が夏休み期間のみ展示されているらしい‼
反対側の伊達博物館でも、特別展がある‼
伊達さんは電車でGO‼でも良いのだが、イマゾウさんのある街は移動が多い‼
島を自転車で渡る体力は、到底ない自信がある……悲しいことに。

『ごめんなさい~゜゜(´O`)°゜
行きたかったのに、風邪が悪化して喘息になって、熱が出て、注射して救急病院いきました。
二人に移したら、困るので、今回はごめんなさいm(__)mm(__)mm(__)m
あぁ……本当に悲しすぎる。どうして風邪引いちゃったんだろう。
それに肺炎の可能性があるので、しばらく静養だそうです。
あぁ、二人に会って、ランチしておしゃべりしたかったです。
又遊んでください。
タヌキ』

送ると泣けてきた。

二人は、本当に仲良くしてくれる数少ない近い友人である。
忙しい二人には時々メールを送って、

『無理しないでね?』

と伝えてきたが、自分自身がバッタンとは……。
しかも、最近流行している肺炎の可能性があると言われては、絶対駄目である。
友人には幼い子供がいるのだ。

でも、本当に、こんなに悲しいのだろう。
手足はある。
心臓は頑丈……。
だけど、友人に会えないのがこんなに辛いとは思わなかった。



もっと、元気になりたいものである。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く