日常日記

ノベルバユーザー173744

今日の事件に気絶したこと

夜は咳が出て眠るまで時間がかかったものの、朝、何とか6時に起きて、主治医にと思っていた。
テレビをつけたとたんに、飛び込んできた事件に固まった。

障害者施設に元職員がナイフや包丁を幾つも持ち、それ以外にも結束バンドなどをもって忍び込んだ。
そして19人の人々の命を次々に奪い、数十人に重軽傷を負わせたと言う。

枕元にテレビがあり、新聞を確認しつつニュースをチェックするのが日課だったが、聞いた途端に意識が遠退いた。
現実とは思えなかった。



これは海外のテロか?
何人かの犯行か?
それとも、私の夢か?

頭はくらくらと回る。
自己逃避に走りたくなる。



ピカチュウはどこやねーん‼
イーブイは可愛いので拾いに行かねば‼
ボールを取るために、句碑巡りだ‼
あれ?電車でぐるーっと一周したら、ボール貰えるか?
それより、リオOlympic大丈夫か?
ジガ熱に、ロシアのドーピング疑惑を、あのバッハ会長は、曖昧だろ~⁉
で、あのバッハ会長って、音楽家のバッハの子孫か?
でも、バッハよりもシューベルトが好きだ……。
ん?あれ?自分はなにを?
……脳内細胞が暴走する……。
いかん‼逃避します。
これこそフェードアウト‼



背後にタオルケットを畳んでおいたので、頭を打たなかったが、意識が戻ると、テレビは音はギリギリに下げているものの又、テレビでは繰り返している。



嘘じゃなかった……。
何で?
何がこんな凶行に走る原因になったのだろう。



しかも、100円ショップで普通に売っている、コードを束ねる結束バンドが、外国では凶悪犯人を一時的に動けなくする道具に使われていることを犯人は知っていたのか……。

ちなみに、屈強な人間でも動けなくできる方法は、後ろに手を回し、親指同士を結束バンドでギュッと止めるだけでいい。
足が動くのを止めるのなら足の指も止めれば良いが、重たい荷物になってしまうので、立って貰って移動のみしてもらうのだ。

だが、これは外国の警察で用いられる、麻薬密売や、強盗を捕らえる際に用いられるもので、無抵抗な……非力な人間に行うことではない。
しかも、重度の障害を持たれて、共同生活を行う施設に生活している人々の眠った時刻に、窓を破って侵入し、執拗に顔や首を傷つけて19人の命を奪うなんてあり得ない……。
25人の人々に重軽傷を負わせ、元同僚を結束バンドで動けなくして逃げるなんて……。
これこそ殺人と言うよりも無抵抗な人々の命を奪うテロである。
容疑者は、自分で警察に行ったが、達成感か?自己満足か?

その上、今年の2月に衆議院議長の公邸に、

『身体障害者の安楽死法案』

を訴えたと言う。
その中に、施設名を名指しし、

「470名を殺す」

と書いていたらしい。

『家族の同意を得て安楽死させる』……?

そう書いていたらしいが、彼は施設で働きながら、入居者の方に日常的に暴力を振るっていたと言う。

私も心を患っているが、彼は考え方自体がおかしい。
障害者の人の命は、彼が運命を決めて良いものではない。
しかも、体や心などに障害があっても、ひとつの命である。
その命の生死を彼が握っているわけではない、ただのエゴである。



吸血鬼ドラキュラのモデルのウラド公や、ナチスドイツを思い出した。
美しくないと言う理由で、ウラド公はある建物に年を取った人や体の不自由な人々を押し込み、火を投げて、殺してしまった。
串刺し公の別名がある彼だが、私はこの事件の方が怖かった。
ナチスも、ユダヤ人以外にも障害者を殺したのも……。



この考え方が私には解らない。



施設を辞めさせられた恨みなら、もっと別な方法で訴えれば良い。
それに、どうして弱者に凶器を向けるのか?
それが解らない。
自分が優位な立場にあると言うのか?



おかしい……。
私もおかしい人間だが、人に攻撃をするほどの何かなど持っていない。



亡くなられた方に、何も悪くはない人々に冥福を……。
大ケガをされて病院で治療されている皆さんに、一日も早い回復を……。



この事件の解明を望みます。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く