音楽初心者の僕がゲームの世界で歌姫とバンドを組んだら

りょう

Secret Track[R].1 期待と不安のβテスト 序幕

 キッカケは本当に些細な事だった。

「マセレナードオンライン、βテストのお知らせ?」

 ある日私の元に届いたメール。それは昔からよく遊んでいたオンラインゲームの会社が新しく開発したゲームの、体験会についてのお知らせだった。

「軽音楽がメインのオンラインゲーム、面白そうかも」

 女性でありながら生粋のゲーマーだった私は、今まで見た事がないジャンルのゲームにすぐに興味が湧いた。しかもこの制作会社は、安心と信頼のある会社であることは、自分自身が保証できる。

(期待してもいいのかな)

 オンラインゲームをするのはすごく楽しい。でもその中では必ず何かしらのトラブルが起きてしまうのではないかという不安がある。私はオンラインゲームを新しく始めるたびに、その恐怖を感じていた。

(私もまだまだ成長してないなぁ)

 でも私は今になって後悔している。どうしてこの時に感じた恐怖から逃げ出そうとしなかったのかを。怖い事から逃げてしまえばあんな目にあう必要なんてなかったのに。
 けどそれは今後悔しても遅い。

 何故ならこれは私の、新井莉里奈の後悔の物語なのだから。

 ■□■□■□
 マセレナードオンラインという名のゲームのβテストが行われたのは、メールが私の元に届いてから一ヶ月が経ったある梅雨の日。私は慣れた手つきで起動の準備を終えると、来る時に胸を躍らせながらその時を待った。

(軽音楽のゲーム……私には何が向いているのかな)

 音楽の経験は多少ある。だけれど軽音楽となると、楽器かもしくはボーカルをやる事になるのだけれど、どちらもそこまで私に向いていない気がする。
 でもそれは私に限った話ではないとは思っている。だからそこまで気を張る必要ない。私が私らしくこのゲームを楽しむのが一番。

(とにかくゲームを楽しむのが私のモットーだし、一々気にしている場合じゃないよね)

 さあ行こう、新しいゲームの世界へ。


 ログインする為に一度閉じた目を開くと、そこに待っていたのはゲームの世界、ではなく真ん中に何故かベッドだけがある質素な部屋のだった。説明ではすぐに始まりの街へ転送されるはずなのだけれど、これは一体どういうことなんだろう。

(何かの不具合?)

 目の前に起きた事が理解できない私は、しばらくその場所で立ち尽くしていると、突然アナウンスの声が聞こえた。

『ようこそマセレナードオンライン、βテスト版の世界へ。この度は参加していただきありがとうございます』

 定型文をそのまま読んでいるだけの声が、部屋に響く。何の変哲も無いこれを聞く限りでは、不具合とかそういうのではない雰囲気だけど、これはチュートリアルの一環という事なのだろうか。

『あなたはβテストの参加者の中でもさらに特別な一人に選ばれたので、このような形でお呼びさせていただきました。決して不具合ではないのでご心配せずにアナウンスに従ってください』

 誰が聞いても明らかに怪しい内容を続けるアナウンス。どうみても詐欺にしか聞こえないけど、この部屋には出口もないしどうしてかログアウトもできない。つまり逃げ場がない状態。

(どうしよう、怖い……)

 運営のアナウンスとはいえ、怪しい匂いしかしない。しかしそんな私の不安をよそに、アナウンスは定型文を当然のように読み続ける。

『あなた様にしていただく事は一つ。そのベッドの上で眠っていただくだけです。継ぎ目を開いた時には始まりの街へと転送されているので、どうぞ眠ってください』

「眠ってくださいって言うけど、本当に怪しい事はしないよね?」

 不安が消えないせいでつい疑問を投げかけてしまう。当然返答はない。明らかに怪しい。でもβテストで何か悪いイメージを与えるような事を運営がわざわざする必要もないと思っている私もいる。
 たまたま私がこのゲームで特別な一人に選ばれたと考えれば、何も問題はない。そう、深く考えすぎてしまったら、この先は長続きしない。

(ここは少し不安だけど、素直に)

 アナウンスに従ってベッドで眠る事にしよう。

 始まりのシンフォニーはβテストとは思えないほど沢山の人で賑わっていた。今私はその場所に長い髪をたなびかせて立っている。VRMMOのキャラクターは現実の自分の写し鏡みたいなものなので、とくに違和感なく体を動かす事ができる。

(違和感があるとしたらこの髪の色くらいだけど)

 それ以外にはいつもの自分と何にも変わらない。つい先程まで変な部屋に飛ばされていた事以外には特に今の所はトラブルもないし、とりあえずまずはチュートリアルに従って行動していくだけだけど……。

(まずは楽器屋を見に行ってみようかな)

 チュートリアルなんか放置して、とりあえずゲームの世界の楽器を見てみたい。

「やっぱり新しく始めるゲームは新鮮だなぁ」

 ついそんな事をぼやいてしまう。新しく見る世界にドキドキしながら近くにあった楽器屋の扉に手をかけて入ろうとすると、

「あ、あの!」

 突然誰かに声をかけられた。

「は、はい!」

 私はビクッとしながら声をした方に顔を向ける。だけどそこには誰もいない。

「あ、あれ?」

 聞き間違いかな。

「こ、ここ、ここです!」

 と思っていると下の方から声がしたのでそこに顔を向ける。そこには私より一回り小さいショートカットの女の子が目を潤ませながら私をみていた。

「えーっと、もしかして迷子の子供ですか?」

「ち、違います!」

 でも背の高さからしてそうとしか見えないとか言ったら、怒られるかな。

「もしかして私に用ですか?」

「は、はい! と、突然で申し訳ないとは思うのですが私とバンドを組んでくれませんか?」

「……え?」

 それは突然の申し入れと、突然の出会いだった。

「音楽初心者の僕がゲームの世界で歌姫とバンドを組んだら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く