音楽初心者の僕がゲームの世界で歌姫とバンドを組んだら

りょう

Track.29 彼女の心配と彼の不安

 僕の今日までの行動が、リアラさんの負担になっている。そんな事考えた事もなかった。

「ええかカオル。あんたが無理をしすぎると、リアラは心配するんや。だから練習にも身が入っとらんし、このままカオルが無理して練習に参加したらただ繰り返すだけなんや」

「でも無理をしないと、僕は次のライブまでにもっと成長しないと、どんどん置いてかれる。それが一番怖いんだ」

「それで倒れたら意味がないやろ」

「それは……そうだけど」

「焦る気持ちも理解できる。せやけど、それで周りに心配させてどうするんや」

「でも僕はそうしないと……そうしないと……」

 また記憶が蘇る。そしてまた僕は過呼吸になりかけていた。先程まで何ともなかったはずなのに、どうしてまたいきなりこんな事に……。

「どうしたんやカオル。急に呼吸を荒くして」

「ハァ……ハァ……。な、何とか大丈夫だから、心配しないで」

「大丈夫な訳ないやろ! やっぱりログアウトして休むんや。リアラ達には今日の事は誰にも話さんから」

「ごめん……。すぐに戻ってくるから」

 これ以上ナナミやリアラさんに心配させるのもよくないと判断した僕は、再びログアウトす事にした。

(今までこんなに頻繁に起きる事なんてなかったのに……)

 これだとナナミが言っていた通り、もっとリアラさんやバンドのメンバーに迷惑をかける事になってしまう。そんな事ばかりを繰り返していたらいつかは……。

(先ずは乗り越えるべき事は、自分自身の過去なのかな)

 ■□■□■□
 ログアウトしてからしばらくの時間が経過した。その間に発作は落ち着いたものの、僕は布団の上でずっとボーッとしていた。さっきナナミが言っていた通り、僕がこれ以上無理をするような事があればリアラさん達をずっと心配させるだけなのは理解した。

(ナナミにまで説教されるなんて思わなかったな……)

 でも彼女が言っていた事は最もだったし、僕もここ数日どうかしていた。そのキッカケはやはりここ数週間で僕の中に入って来たありとあらゆる情報だった。リアラさんの事、例の資料の事、そしてあの電話の事。
 でもそれらはマセレナードオンラインを始めた事に繋がる。まさかたった一つのゲームがキッカケで、ここまで自分の生活に大きな変化をもたらすようになろうとは思っていなかった。

(このゲームを始めなければ、千由里達との確執が消える事もなかったし、ある意味では転機だったのかもしれない)

 ピロリロリーン

「ん?」

 ふと携帯の着信音がなる。画面には見知らぬ番号が表示されている。

(この前の人と違う番号だし、誰だろう)

 僕は恐る恐る電話を出てみる事にした。

 ■□■□■□
「カエデ君は大丈夫なんでしょうか」

 私はもう何度目になるか分からないその言葉を自然と発していた。二日前に彼が倒れ、今日メールは送ったものの返事も返ってこない。もしかしたらまだ眠ってしまっているのだろうかと心配になる。

「もう何回言うんやその言葉、リアラ」

「ナナミさんは心配じゃないんですか? もう二日も連絡してこないんですよ」

「きっと返事を忘れているだけや。本当リアラは心配性やな」

 今日の練習は私とナナミさんしか参加していなかった。アタル君は今日用事があるらしくて、先程連絡が入った。でも肝心の彼からはまだ一つも連絡が入って来ていなかった。

「ナナミさんは心配していないんですか? カエデ君の事」
  
「そんなの心配に決まっているやろ。けど心配し続けても埒が開かんやろ」

「それは分かっていますが……」

「全く。その調子じゃカエデが復帰するまでは練習は無理やな。ウチは今日はログアウトさせてもらうわ」

「あ、待ってください」

 心配性すぎる私に呆れながらログアウトしようとするナナミさんを私は引き止めた。

「少しだけ話をしませんか? 折角女子二人だけなんですから」

「それはええけど、何か話したいことでもあるんか?」

「話したい事は特にはありませんけど、一人になるのは少しばかり不安になるので」

「分かった。じゃあ少し散歩がてらに近くのカフェでも行かへんか?」

「カフェにですか? いいですよ」

 五分後、私とナナミさんは家から近くのカフェで二人きりのお茶をしていた。

「それにしてもリアラも大変やな。巷では歌姫って呼ばれていて、苦労してへんか?」

「別に苦労なんてしていませんよ。私はそのためにこのゲームに存在しているようなものですから」

「よくカエデも歌姫を最初にメンバーとして加えたなぁ」

「彼の方から誘って来てくれたんです。バンドを組まないかって」

「そういえばそうやったな。断ろうとかは考えなかったんか?」

 ナナミさんの言葉で私はあの時の事を思い出す。あの時カエデ君に突然声かけられてビックリして、二つ返事で了承してしまったけど、あの時私の中に断ろうと言う気持ちは不思議となかったのは覚えている。

「どうしてかは分かりませんけど、断ろうという気持ちはありませんでした。不思議な話かもしれませんが、それは本当なんです」

「ほう、つまりその時から始まっていたんやな」

「始まっていたってどう言う事ですか?」

「そんなの決まっておるやろ。お主とカオルの恋や」

「こ、恋!?」


「音楽初心者の僕がゲームの世界で歌姫とバンドを組んだら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く