音楽初心者の僕がゲームの世界で歌姫とバンドを組んだら

りょう

Track.10  初ライブの報せ

 突然謎の女性に連れられた僕は、名前も聞けぬままドラム製品のコーナーへ。

「へえ、こんなにドラム系の商品あるんだ」

「君もしかして本当に何にも分からないの?」

「だから言ったよね僕。始めて一週間だって」

 どうやら僕の話を本当に聞いていなかったらしく、勝手に頼られてしまったらしい。早とちりもいいところだ。

「そういえば名前聞いていなかったんだけど、君の名前は?」

「僕? 僕はカオルって名前なんだけど、そういう君は?」

「私はハルナ。最近結成したばかりのバンドでドラムやってるの」

「へえ、じゃあ僕と一緒なんだ」

「もしかしてカオル君もそうなの?」

「うん。まだ初めて一週間で、ほとんど何にも分からない駄目なドラマーだけどね」

 その後適当に会話しながらハルナさんとドラム製品のコーナを見て回る。うーん、こんなにも買うものがあるとなると、ちょっと今の(ゲーム内の)お金じゃまともな買い物ができないな。リアラさんが言っていたけど、ドラムってお金がかなりかかる楽器らしい。その分結構かがやけるらしいんだけど、果たして僕にそれを目指すことができるのだろうか?

「え? もしかして今日一人で来てたんじゃないの?」

「うん。ボーカルの人と一緒に買い物に来てて、時間までそれぞれ見たいものを見ている事にしていたんだけど」

「なーんだ、つまんないの。まあ、いっか。今日は楽しかったから、じゃあね」

「え、あ、ちょっと!」

 三十分くらい回ったところで、僕に連れがいる事を知った彼女は突然どこかへ行ってしまった。

(な、何だったんだろうあの子)

 突然やってきて、突然去っていく。まるで嵐のような子だった。けど、

(同じドラム仲間に出会えただけでもいいかな)

 誰か一人でも同じ楽器をやっている人に出会えたなら、まあ悪くない気がする。

「すいませんお待たせしましたカオル君……って、何かニヤニヤしていますけど、どうかしましたか?」

「べ、別に何でもないよ」

「何かありましたねきっと」

「何にもないってば」

■□■□■□
 そんな出会いもあり、リアラさんに色々疑われながらも帰宅。夕食を済ませた後は、再び作詞の方に力を入れた。

「出会いって本当偶然に起きるもんだよね……」

 今日も含めてここ一週間で僕は五人も人に出会った。でもそれは全てが偶然であり、始めから決まっていたものではない。だったら出会いというより偶然の出会いをテーマにしてみてもいいのかもしれない。そうすれば季節も限られていないし、もっといい言葉が浮かんでくる。うん、これならいい歌詞ができそうな気がする。

(でもこんなのでいいのかな本当に……)

 こんな才能の欠片もない僕が書いた歌を、皆が歌ってくれるなんて正直想像がつかない。しかも僕はこのバンドのリーダーだし、責任はそれなりに持たなければならない。

(それにもう一つ)

 僕はこの一週間ずっとリアラさんのお世話になってしまっているけど、迷惑ではないのだろうか。三食を毎日作ってもらっているうえに、衣食住の殆どを彼女に任せっきりになてしまっている。毎日ログアウトすれば問題は解決する話なんだけど、どうせ現実の世界に戻ったっていいことはありはしない。あそこに戻ったところで僕の居場所なんて見つかりはしない。今の僕にはここが居場所なんだ。だから……、

「カオル君、ちょっと入りますよ」

「あ、はい。どうぞ」

 と色々悩んでいると、入口からリアラさんの声が聞こえたので招き入れる。そろそろ日付も変わる(ゲーム内の時間は、リアルタイムの時間間隔が一緒)のに、どうしたのだろうか?

「実はカオル君に、一つ大切な話があるんです」

「大切な話?」

■□■□■□
 翌日の昼過ぎ、全員がいつものように集合。いつもならそのまま練習を始めるのだけど、その前に僕自身から皆に話すことがあった。

「えー、実は皆に大切な話があるんだ」

「何やカオル。そんな改まって。何か事件でも起きたんか?」

「まさか……もう解散ですかこのバンド」

「そんなくらい話じゃないって。どちらかと言うと朗報だと思う」

「朗報?」

 昨日リアラさんが大切な話があるって聞いた時は流石にビビったけど、内容を聞くとかなり嬉しい話だったりした。まあその分、問題もあるんだけど。

「実は昨日、リアラさんから話があって、二週間後に行われるミニライブイベントに参加しようかって事になったんだけど、どうかな」

「ミニライブイベント?」

「カナリアの初ライブにもってこいのイベントなんだけど……」

 そう言ってリアラさんに渡されたチラシを皆に見せる。場所は始まりの広場で、参加締切は今日までになっている。

「どうかな」

「どうもなにも、勿論参加に決まってるやろ」

「そうですよ。それにリーダーはが決めたことなんですから、反対するわけないじゃないですか」

「でも僕、まだまともに演奏できないけど、いいの?」

「まあ初ライブやからその辺は気にすることあらへんで。とにかく参加や参加。そしてすぐに練習や」

「行きましょうナナミさん!」

「あ、ちょっと二人共!」

 僕の引き止めも無視して、チラシ片手に出て行ってしまう二人。残された僕とリアラさんはやれやれと言いながら、二人の後を追うことにした。

「本当にこれでよかったのかな?」

「私達がきっちり支えますから、大丈夫ですよカオル君」

「でもやっぱり不安だよ」

「それは皆同じですよきっと」

 リアラさんはそう言うが、やはり自分が足を引っ張ってしまいそうで怖い。でも今更撤回するわけにもいかないし、僕も努力しなければならない。

(うまくいけばいいんだけど……)

 こうして僕達は二週間後に、初めてのライブイベントの参加が決まった。僕は若干不安だけど、皆がいるから大丈夫だよね。きっと……。

 カナリア、初イベントまで残り十四日。

「音楽初心者の僕がゲームの世界で歌姫とバンドを組んだら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く