音楽初心者の僕がゲームの世界で歌姫とバンドを組んだら

りょう

Track.05 ゲームの世界の自分 現実の自分

 偶然なんて起きないと思っていたが、まさかこんな所で噂のベーシストに出会えるなんて思ってもいなかった。

「あ、あのどうかしたん?」

「え、あ、えっと、その……ですね」

 一応聞いておくべきなのだろうか? 彼女が噂のベーシストなのかを。ていうか気のせいかもしれないけど、彼女口調おかしくないか?

「用がないなら、うちは去らせてもらうけど」

「あ、ちょっと待って」

 な、何とかして彼女を引き止めなければ。勘違いだったら恥ずかしいけど、ここは勇気を振り絞って……。

「ぼ、僕達とバンド組んでくれませんか?」

「へ?」

 あ、早まりすぎた。

■□■□■□
「何やそういう事やったんなら、先に言ってくれや」

「い、いや、人間違いだったら失礼だと思って……」

 一通り事情を説明すると、どうやら彼女は理解してくれたらしく、先程までとはうって変わってご機嫌になった。ていうかもしかしてこの人、関西人?

「まあ確かにそんなこと聞いて、間違いだったら失礼やもんな。今回の場合は正解で助かりよったけど」

「正解って、じゃあ今僕が言ったことは間違いじゃないの?」

「せやな。天才とまでは言えへんけど、その写真はうちやな」

「す、すごい。まさか本当に会えるなんて……」

「まあ、そんなにログインしていなかったから、噂の範囲に留まっていたのもその影響かもしれへんな」

「へえ、じゃあこの写真は本当に?」

「せやで。うちはナナミ言うんや。よろしゅうな」

「僕はカオル。よろしくね」

 お互いの軽い自己紹介を済ませ、例のニュースの写真が彼女であることを再確認したところで、話を元に戻す。

「さっきあんた僕達と、って言ってたけど誰かバンドメンバーおるん?」

「うん。実はもう一人いるんだけど、今はメンバー探しで別行動中なんだ」

「へえ、じゃあついでに呼んできてもらえへん? 仮にバンドに入るなら、最低限顔くらい知っておかへんと」

「そ、そうだよね。じゃあ今から呼ぶから」

 彼女との連絡の取り方も予め教えてもらっているので、すぐにリアラさんと連絡を取る。僕が見つけたことに彼女は驚いたが、すぐに向かうと言って連絡を切った

 そして彼女を待つこと五分後、ナナミさんと適当に雑談しているとリアラさんが到着した。

「ごめんなさいカオル君。で、そちらにいる方がもしかして……」

「あんたか。彼のバンドメンバーは」

「はい。リアラって言います」

「うちはナナミや。今後お世話になると思うから、よろしゅうな」

「お世話になるって、じゃあ……」

「当たり前や。誘われておいて断れるわけないやろ。しかもなかなかのイケメンやし」

「ぼ、僕はそんなんじゃないですよ」

「おお、焦っとる焦っとる」

「からかわないでよ!」

「お二人はいつの間にそんなに仲良くなられたんですか?」

 というわけで何というか偶然ばかりだけど、僕のバンドに新たにベーシストのナナミが加入。基本バンドは四人ということで、残りはあと一人。誰が入るのか、少し楽しみになった僕であった。

■□■□■□
 その日の晩、ゲームからログアウトした僕は、夕食を買うために外出した。一応親の元で生活しているのだが、二人共仕事ばかりでほとんど家にいない事が多い。実際もう二ヶ月くらいは会ってない気がする。

「うう、ちょっと冷えるな……」

 ようやく冬を抜けたといってもまだ四月。夜はまだまだ寒い。その中でコンビニで適当な買い物を済ませた僕は、そのまま家に帰ろうとした。けどその帰り道……。

「よっ、久しぶりだな薫」

 会いたくなかった人物に僕は出会ってしまった。もう一人の親友の竜介だ。

「竜介、どうしてこんな所に?」

「たまたまだよ。それよりお前こそ珍しいな外に出るなんて」

「食料が尽きたからね」

「家の物食えばいいんじゃねえの?」

「それだけはいちおうしないようにしてるんだよ」

 こうして竜介と会うのはどれくらい振りだろうか? 正直ハッキリと覚えていない。もしかしてあの事件以来かも知れない。

「じゃあ僕は、もう帰るから」

 あまり会いたくない相手なので、そそくさと帰ろうとするが、それを竜介は引き止めた。

「ちょっと待てよ薫」

 後ろから肩を掴まれるが、僕は竜介に背を向けたままの状態で会話を続ける。

「何?」

「お前昨日千由里と電話したらしいな」

「まあ、向こうからかけてきただけだけど」

「どっちだって別に構わない。そんな事よりお前、その時に俺達には関係のないことだって言ったそうだな」

「うん、まあ言ったけど」

 だからどうしたって話だ。これは僕が決めた道なんだから、二人には関係ない。

「どうしてそんな事言ったんだ? 俺達はお前の味方なのに、どうして関係ないなんて言えるんだよ」

「味方だったら……どうしてもっと早く気づいてくれなかったんだよ。僕がもうこんなにもボロボロだったのに」

「それはお前がちゃんと俺達に相談してくれなかったからだろ!」

「じゃあ聞くけど、もっと早く相談していたら何とかなった? 僕が知らないところで二人は付き合っていたくせに、それをずっと僕に黙っていたくせに……。何とかしてくれるとは思えなかったよ」

「お前まさかあの話を……」

「だからごめん。もう僕を一人にして!」

 無理やり手を振り払って、そのまま僕は走り出した。何で二日連続でこんな思いをしなきゃいけないんだ僕は。

(何が信じてだよ。僕を裏切ったくせに)

「音楽初心者の僕がゲームの世界で歌姫とバンドを組んだら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く