話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

カノジョの好感度が上がってないのは明らかにおかしい

陽本奏多

第44話 超天才的な作戦(?)

『私達も手伝うよ』

そう言ってくれた彼女達に俺は感謝の言葉を告げ、一番動けそうな凛にライフルを、ティアと青川には索敵をお願いしたのち、再び行軍を開始した。

そうして、俺の六実奪還大作戦は滞りなく進行を見せていたーーのだが……

「敵は……敵はどこだぁ!!」

「お兄様〜、少しは休みませんかぁ〜? もうくたくたですよ〜」

「かおるん、何か食べ物持ってないの? お腹減ったよ〜。 あ、ついでに飲み物もお願い」

とんだ混沌カオスが渦巻いていた。

ある少女、望月凛は銃を渡した途端、目の色が変わり、戦いを求めるバーサーカーと化してしまった。

ある少女、ティアはまだ2分も歩いていないというのに疲れただの休もうだの喚きだした。

ある少女、青川静香は朝食を摂って来てないらしく、お腹減った、喉乾いたとこれまた喚いている。

……はっきり言おう。こいつら邪魔。

しかし、ここで彼女らに文句を言うのも助けてもらっている身としては筋違いというやつだろう。

まぁ、もともと戦力になることは期待してないし……

短い溜息を彼女達に悟られないよう小さく吐いたとき、事は起きた。

「前方約百メートルに敵影察知! 茂みの中に擬態している模様!」

「敵装備確認! メインウェポンは小型のサブマシンガン! 攻撃担当は即時射撃体勢に入れ!」

直前まであれが欲しいだの休みたいだの言っていたティア、青川は急に真剣な目つきになったかと思うと、敵影やらメインウェポンなどと意味不明なことを叫びだした。

それに呼応するように、凛は一瞬でうつ伏せの体勢になり銃を構えると、一切の迷いもなく引き金を引く。

直後、森の奥から断末魔が響いた。

そして、凛、青川、ティアは振り向き俺を見ると、ドヤァとでも言いたげに顔を歪めた。

「……いや、えぇっと、……ご苦労……?」

俺が畏怖を少し含んだ苦笑い混じりにそう返すと、一人は当たり前だと言うように、一人は誇らしげに胸を張って、一人はとても嬉しそうに微笑んだ。


        *    *    *


少女の、可憐でいて力強い叫びが響いたのち、ライフルの銃声が大地を轟かす。

そうして何人かの男達を屠り続けること約30分。結構な距離を登って来たとは思うのだが、あの広場で聞いた、拠点とやらは未だ見つからずにいた。

方向を間違えたか……? という思考も一瞬よぎったが、敵がしっかり出てきているという事から拠点がこちら側にあるというのは確実と考えていいだろう。

時計を見れば、9時少し前をそれは示している。もう始まってから一時間も経ってるのか、と少し驚く。
闘いの中の高揚からだろうか。とてつもなく時間が過ぎるのが速い。

「かおるん、あれ!」

青川の澄んだ声が俺の意識を現実に引き戻した。

「ん? ……あれか」

青川が指さす先にあったのは、一つの洞窟の入り口だった。

「てっきりちょっとした建物の中だと思ってたんだがな……まさか洞窟とは」

「とにかく、入ってみましょう!」

元気よく先陣を切り洞窟に入っていくティアに続き、俺たちもその暗い洞窟の中へ足を踏み込む。

入った瞬間、冷たく、鋭い空気が俺を包んだ。
夏のじめじめとした外と違って、洞窟の中はひんやりとしている。

松明の一つでも設置してくれればいいものを、その中には一切の光源もなく、まさに暗闇だった。

これじゃあ少し先も見えないな、俺はそう心の中で呟き、手探りで洞窟内を進んでいく。

しかし。

「……お兄様、洞窟は……ここで終わりみたいです」

「……本当だ。行き止まりになっている」

唐突に聞こえたティアの声に続き、凛が驚きの声を上げる。

そして、俺自身も洞窟の行き止まりに突き当たった。

――これはどういうことだ?

てっきりこの奥に奴らの拠点があるものだと思っていたが、実際はそこまで長くないただの洞窟だった。

これは自然にできたものなのか? それとも、他の意図があって――

「――姿勢を低くしろっ!!!」

瞬間、俺はそう叫んでいた。

こんなところに偶然ぽつりと洞窟があるはずない。
加えて、今はサバイバルゲームの最中。
こんな狭い洞窟の中なら、そこに入った敵を簡単に片づけられる――!

直後、銃弾の嵐が俺たちに降り注いだ。

洞窟の入り口に幾つかの人影が出現し、俺たちへ連続的に発砲を始める。

――してやられた……!

俺はそう、負けを覚悟した。

……だが、銃弾が俺に直撃する直前、凛が俺たちの前に立ちふさがり、多くの銃弾をその身一つに受けた。

そのおかげで、俺は全くダメージを受けていない。だけど……

「おい凛! もういい! お前も下がれ!」

「さがれるかっ! いいからっ! ここは私に任せて先にいけぇっ!」

「てめぇが塞いでるからいける訳ねぇだろっ!!」

弾を身に受け苦悶に顔を歪める凛に、俺は叫ぶ。

その時、一つの案が俺の頭に過った。

「……ティア、お前、――俺にもなれるよな……?」

「馨さん、じゃなくて、お兄様っ、なんてひどいことを考えているんですかっ!? と言いたいところですが、状況も状況ですしね。いいですよ、把握しました」

ニコリと微笑むティアに頷き返すと、俺は凛の肩からスナイパーライフルを取り、両ポケットに入っている硬い感触を確かめる。

「凛、俺が避けろと言ったら横に避けてくれ。――3……2……1……避けろっ!!」

瞬間、凛は横に避け、俺は構えていたスナイパーライフルのトリガーを引いた。

銃弾を察知し、洞窟入口に佇んでいた彼らは横に回避。したがって、洞窟の入り口が完全に空いた。

「ティア! 今だ!」

「わかってますよっ!」

直後、ティアは金髪のお嬢様という姿を、完全に変化させ、俺、朝倉馨に変えて見せた。

そして、その朝倉馨――の姿をしたティア――は洞窟を疾走し、そして、外へ飛び出す。

突然、飛び出してきたそれに、隠れていた男たちは慌てつつも照準を合わせる。

だが、瞬間的にそれは男の姿から可愛らしい金髪の女の子へ姿を戻した。

刹那、ティアに続いて洞窟から飛び出した俺は、左右に構えたハンドガンでぽかんと呆けた表情をした男たちをを瞬時に射撃した。

「ふぅ……一丁上がり、っと」

「やりましたねっ!」

一つ短い溜息を吐き、俺はティアと微笑み合った。

ティアのどんな姿にでも変われるという利点を生かした超天才的な作戦。やっぱ俺すげぇ、と思いかけたが……

「こいつらの記憶全部消さないとまずいよな。凛たちも含めて……」

「そうですね、好きに姿を変えれる女の子なんて……騒がれても困ります」

だよな、と返した俺は、さっきまでの微笑みを崩し、苦笑いを浮かべた。

……ま、ピンチは乗り切ったしいいでしょ。


「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く