話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

カノジョの好感度が上がってないのは明らかにおかしい

陽本奏多

第26話 戦国っぽい過去の恋愛

 「冷たっ!」

 俺は首筋に感じた冷たさに驚き、思わず声を上げてしまった。

 その冷たいものは、どうやら缶コーヒーだったようで、後ろを見ると缶を二つ持った凛がいた。

 「こんなもので許してもらおうとは思わないが…… 私の罪滅ぼしと思ってもらってくれ」

 俺は、凛が差し出した缶コーヒーを受け取ると、「ありがとう」と言ってプルタブを引いた。

 週末だというのに、遊園地には人がちらほらとしか見えない。そのせいかスタッフさんにも活気がなく、物寂しい雰囲気が遊園地内を包んでいる。ま、俺はこの静かな感じが落ち着けるから嫌いではないのだが。

 隣を見ると、凛がカフェオレをすすっている。

 「お前、カフェオレとか飲むんだな」
 
 長く凛とは付き合ってきたが、これまで一度もカフェオレなんか飲んでいるところを見たことがない。

 俺の問いに凛は無言で頷くと、俺に問いを返してきた。

 「しかし、馨は無糖でいいのか?」
 「あぁ。甘いのはあんまり好きじゃない」

 俺がそう言うと凛は、少し寂しげに顔を俯けると「なら!」と言葉をつないだ。

 「私のこれ、少し飲んでみろ。きっと考え方が変わるぞ」

 凛はどうやらカフェオレの美味しさを広めたいようで、俺に缶を差し出してきた。

 え? いや…… 飲めないでしょ、これ……。

 凛が差し出したその缶カフェオレはもちろん先ほどまで凛が口をつけていたものだ。やっぱり、これって……間接キス……ですよね?

 「馨……カフェオレが……そんなに嫌、か?」
 「あぁいや、全然そんなことはないけど……」
 
 俺は上目遣いでカフェオレを勧める凛を一応フォローしたが、もちろん凛は納得してくれていない。

 少し潤んだ瞳と艶やかな唇に心臓がどきりと跳ね上がる。

 「じゃあ、少しだけ……な」

 俺はそう言うと、凛の缶を受け取り、口を近づけた。

 少しずつ缶の口が近づいていき、鼓動も少しずつ速くなる。缶の淵に溜まっているカフェオレが妙に緊張を誘う。

 そして、俺の口が缶と……


 「やっぱり駄目だ!!!」

 触れ合う直前、カフェオレは俺の手から奪われた。

 その奪った凛は、カフェオレを大事そうに胸の前に保持し、少し顔を赤らめている。

 もしかして、これって……照れ隠し……

 「貴重なカフェオレを奪われるところだった……危ない危ない」

 ……なんかでは全然なかったようです。なんとなくわかってましたけど……

 って、大事なことを訊き忘れていた。

 凛はお化け屋敷の直前に俺が中学の卒業式のことを覚えているか尋ねた時、覚えていないと言った。

 しかし、過去の凛の行動を省みると過去に俺と会ったことがあることを覚えているとしか思えない。

 なら、あの衝撃的な別れ方を忘れるわけがないはず……

 「凛。お前、過去に告白されたことってあるか?」

 俺は少し不安げな表情を浮かべてそう尋ねた。

 「あぁ、あるぞ」

 俺の問いに、凛は当たり前のことのごとく首を縦に振った。

 「じゃあ凛……あの時のことも……!」
 「小学校の時は、田中と太田と佐藤と林田に告白されたな。あ、そういえば杉本も何度か告白してきたな」
 「……はい?」

 俺は予想外のその言葉に目を見開いて聞き返した。

 「中学では織田と豊臣と徳川が告白してきたな。いや、織田の告白には明智も乱入してきたな」
 「お前の恋愛って戦国時代感ハンパないな」

 俺は半ば呆れかけながら凛にツッコミを入れた。

 しかし、今の様子だと俺の告白は本当に忘れられていたようだ。まぁ、今までそれが普通だったのだが、少し覚えているかのような素振りをされるとやっぱり期待してしまう。

 「いやぁ、遊びましたね〜」
 「そうだね〜たくさん乗ったね〜」

 そう言いながら歩いてくるのは六実とティアである。二人は凛がお化け屋敷で受けたダメージを回復している間、適当にアトラクションを楽しんでもらっていた。

 「凛ちゃん、もう大丈夫なの?」
 「もう全快した。迷惑をかけてしまってすまないな」

 そうぶっきらぼうに言う凛だが、表情には六実を心配する気持ちが滲み出ている。

 「私は大丈夫だよ! ほら、馨くんが守ってくれたから」
 「守るって言ったって何もしてないだろ俺」
 「確かにな。私に殴られ蹴られ、みっともなかった」
 「殴った張本人が言うなよ!!」

 俺は腕を組んでうんうんと頷く凛をビシッとツッコみ、ティアに小さな声で声をかけた。

 「どうせ、今回のもお前が関わってるんだろ?」
 「はて、何のことでしょう? 凛さんの傍からすっと消えて一人ぼっちにし、恐怖心を煽ろうなんて全然考えてなかったですよ?」
 「全部自分で言ってんじゃないか」

 隠す気ゼロのティアに呆れた俺は、コーヒーを飲み干してその空き缶をしっかりアルミ缶用のゴミ箱に分別して捨てた。

 こういうとこ結構大事だと思う。

 凛はそういうのちゃんとできんのかな? と思い、振り返ると、彼女はゴミ箱内のスペース削減のためか、しっかり潰して分別していた。さらにプルタブまで回収する徹底っぷり。

 俺は一枚上手を取られた悔しさを紛らわすように園内を当てもなく歩き出した。

 

 

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く