セガサターンをレビューしてみた。思い出も含めて。

小夜子

第10話「ファイティング・バイパーズ」

バーチャファイターのキャラクターとバイパーズのキャラクターを合わせたセガのお祭り的な格闘ゲーム。他にもバーチャコップだの、レンタヒーロー、バーチャファイターキッズなど多種多様なキャラクター達を使って格闘できるぞ。もちろん友達との対戦もOKだ。




ただ、最初に使えるメンバーは限られているのでストーリーモードをクリアしていこう。幾つかコースがあるのだが、そのコースで最後の敵まで倒せば隠しキャラクターを使えるぞ。また登場人数がとても多いためか、説明書には技のマニュアルが一切記載されていない。トレーニングモードでコマンド表の確認と練習ができるので指に覚えさせていこう。隠しキャラはコマンド非公開なので自分で見つけるしかない…。
まあ、セガサターンのパッドってボタンが大きいから疲れにくいので練習しても、さほど苦にならないのがいいね。




格闘ゲームなので1対1の勝負。ステージはバーチャファイターみたいに普通に戦うか、バイパーズのように戦えるかオプションで選択できる。バイパーズだとアーマー概念があるので、ダメージを与え続け、トドメに特殊な技を使うと相手のアーマーが破壊できるぞ。アーマーが壊されると防御力が極端に低下してしまう。(アーマーは上下あり、どちらも破壊可能)また、ステージも平地か壁有りを選べて、特殊技を使えば壁クラッシュKOもできるぞ。




ストーリーモードのコースをクリアしていくことでCG鑑賞などもできるようになっていく。個人的にはBKというクールキャラとハニーというコスプレ少女が大好きだ。




唯一の不満はバイパーズでは隠しキャラとしてペプシマンが条件を満たせば使えたのだが、今作で登場せず、とても残念。






          

「セガサターンをレビューしてみた。思い出も含めて。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く