セガサターンをレビューしてみた。思い出も含めて。

小夜子

第8話「バーチャコップ」



ゲームセンターに行くと大概ある拳銃(ライフル)で敵を倒すゲーム。
そのご先祖様とも言えるのがこのバーチャコップだろう。
それともリーサルエンフォースの方だろうか…?
それはとにかく、このゲームは銃で現れる敵を倒していくゲームだ。
主人公はバーチャシティの警官となり、テロリスト達を相手に銃で戦う。
ゲームの説明書によれば敵を撃っているものの、強力なスタン弾(ショック弾)なので人殺しをしている訳ではないそうだ。余談だが、近年では電気ショックを与えるのみの人を殺さない銃が実際に米国の警察で広まってきている。




さて、このゲームは全4ステージ。まずは3つのステージをクリアしよう。モタモタしていると敵が撃ってくるので注意。プレイヤーのライフが全て無くなるとコンテニューしなければならない。ステージの中には一般市民もいるので間違えて撃たないように注意。撃つとライフが1つ減ってしまう。一番最後にはボスもいるので気が抜けない。途中で分岐点もあるが、特にどちらを選んでも変わらない。




1も2も概ね変わった部分はなく、概ね一緒だ。ただ1の方がCGが雑なものの、音楽がとてもかっこいい。2はCGが綺麗になり、キャラクターも三人になった(選べないけどね…)ステージも全体的に美しくなったが、どこか物足りないものが。ちなみに全ての敵を倒すというやりこみもあったりする。非常に目立ちにくい所にも敵がいたりするので、目を凝らして倒す必要があるぞ。




PS2でも発売されたのでセガサターンを持いない人はそちらで遊ぶこともできるぞ。短調ではあるが、たまに遊ぶと面白い。友達と協力プレイもできるので、それで遊ぶのもいいだろう。








          

「セガサターンをレビューしてみた。思い出も含めて。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く