話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

セガサターンをレビューしてみた。思い出も含めて。

小夜子

第7話「シャイニング・ザ・ホーリーアーク」



セガサターンで発売されたシャイニングシリーズの続編。
「ウィズダム」と違い、主観でダンジョンを進める正統派RPG。
基本はダンジョンを探索し、村で武器や防具を買って装備してストーリーを進める。
地図はスタートボタンを押すと進んだ場所が表示されるのでマッピングが楽。
ただ、敵が出てくるまで間があったり、恐ろしい唸り声やダンジョンのおどろおどろしい雰囲気が苦手で進めることを躊躇った事も(特にアボリジニの館)




セリフの時、特殊な効果音が入るのはここでもお約束。フェアリーを集めると、敵が現れる間の時に発動する事で先制攻撃をすることも可能。ただし、敵は場合によって上から出たり、地面から出たりすることもあるので、その出現場所に適したフェアリーを選ぶ必要がある。ちなみにフェアリーはダンジョンやら街やら色々な所にいるので各地をくまなく探す必要がある。




個人的にはそこまで楽しいとは思わなかった。正統派ではあるが、どうも面白みに欠けるというか…。ダンジョンやり込みまくりたいという方にはいいかもしれない。








          

「セガサターンをレビューしてみた。思い出も含めて。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く