話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

普通のコンビニ店員とかなり変わったお客さん達

小夜子

第11話「俺VSホームレス」



その日は夜中勤務だった。
日曜日で暇であり、筆者一人だけの勤務だった。
土日は客が少なく、店員は清掃作業と前出しやレジなど基本作業をするだけだ。
大半の作業を終わらし、次は何をしようかと考えていた時、男性客が来店。
汚い身なりはヨゴレ…つまりホームレスである。
歳は50~60歳程度で、中肉中背。
その客はあろうことか、湯沸しポットの前で立ちながら寝ていた。




俺「あの、すいません。ここで寝ないでください」




そう言うと一旦客は外に出たが、すぐ戻ってきて、また寝た。
流石にこれは腹が立った。




俺「あのね、ここはあんたの家じゃないんだ。寝るなら他所で寝ろ」




客「ああ?俺がここで寝たら悪いんか!」




俺「悪いわ!ここはみんなが使う場所なんだぞ。お前の家とちゃうわ!
お前のしていることは迷惑行為なんだよ!」




客「なんやとお前、名前出せ!なんかあるやろ!」




俺「アルバイトにそんなもんあるかぁぁ!」




名前というのは名刺か、社員証の事を指していると思われる。
ガチで怒鳴り合いになり、もうこれはあかんと思って警察に通報。
何がいけないって、このままだと本気の殴り合いレベルに発展しそうだったから。
筆者が暴力を振るってしまうと傷害罪でこっちが悪者だ…。
キレた若者の怖さを年寄りは知らない。
警察がすぐに飛んできたので、こちらはきっちりと事の顛末を話した。
ホームレスは警察官にもギャーギャー喚き散らしていたが、筆者は素知らぬ顔。
最後にこっちを睨んできたが、無視してやった。
なんとか警察に連れられ、店からようやく姿を消した。
それ以降は二度と来なくなった。
これだからホームレスは困る…。
大体店の中で寝るなどと、どういう神経をしているのだろうか。
よく物語ではホームレスをいいように書いているモノもあるが、現実はそうでもないことをよく知るきっかけとなった。




その日の出来事を詳細にスタッフノートに書き、皆に注意を促した。


























          

「普通のコンビニ店員とかなり変わったお客さん達」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く