話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

普通のコンビニ店員とかなり変わったお客さん達

小夜子

第10話「小ネタ」




客「すいません、アクオスって置いてないですか?」


俺「アクオス…ですか?」


ー兄ちゃん、それはTVだ。


正しくはアイコスでした。








酔っ払い客「すいません、この煙草ください」


俺「はい。こちらですね。480円です」


客が1000円札を出す。


俺「520円のお釣りです」


客「二つ!ください」


俺「・・・・・・・」


なんで最初に2つって言わなかった?
この辺りから絶対零度がレジ周辺に漂う。
怒りを堪えて同じ煙草を取り、レジでスキャンする。


俺「・・・・480円です」


客はまたも千円札を出し、お釣りを渡す。
だが、何故かそのお釣りを取らず、何故か返そうとしてくる。


俺「あの、これお釣りなんで…」


客「あ、そ。ありがとう」


お釣りを渡すとそのまま千左に右にとフラフラしながら去っていった。
この光景を見ていた他の客達から「酔っ払いって嫌だよねー」「あれ酔ってるんですか?なんか薬でもやってますよ」というツッコミが。その可能性はあると思う。






客「あ、すいません。道聞きたいんですけど」


俺「はい。地図出しますね」


俺は地図を出し、調べることにした。


客「あのー、〇〇って居酒屋なんですけど」


俺「はい。ええと…」


客「おい、さっさとしろや。早く、早く!」


俺「・・・・・」


地図を見て2秒も経っていないのに、なんで急かされないといかんのだ?
もうこれで完全に探す気が失せた。


俺「あー、店出て左ですわー」



客は感謝の言葉も述べず、何も買わず、出て行った。
わざと間違った場所を教えてやったぜ。
誰がマトモに教えるか、ふざけるな…と言ってやりたい。








客「俺、東京から来たんですけど、どっかナンパ出来る場所ないですか?」


俺「さあ、知りません」



そんなことを店員に聞くな。
しばらく何度も聞いてきたが「知らない」の一点張りと客の混雑で諦めて帰っていった。ナンパする気なら情報ぐらい仕入れておけ。でも、今時ナンパって…。






俺「お会計4806円です。ポイントカードお持ちですか?」



客がポイントカードを出し、スリッドして返す。端数のお金を財布から探すものの、なかなか小銭が見つからない。



俺「よろしければ、ポイントで端数切れますけど」


客「結構です。余計な事しないでくれる?」


俺「・・・・・すいません」



何で善意でやろうとしている事なのに怒られなくちゃならないの?
大体あんた、ポイント数が1万超えているよ!
6ポイント使っても大差ねーじゃん!
これは本当にカチンと来た…。








酔っ払いの親子(母親50歳ぐらい、娘40歳ぐらい)が来た。
どっちも酔っ払いだが、何故か冷凍食品など大量買いしていた。
この二人、たまに来るのだが金銭感覚がおかしく、来るときは必ず大量買いする。
ともかく、普通に接客して、商品のバーコードを打っていると…。



「この店にはクソ不味い餃子しかないんか!」



などと怒鳴りだした。
客が言ってるのはカゴに自分で入れた冷凍食品の餃子の事。
ちなみにごく普通で別に不味くない。


「はい、それしかありません」



と俺は笑顔で言い切った。
すると二の句が出なかった客は何も言わなくなる。
他にも袋を分けて欲しいだの、この商品はこっちの袋だの、どうでもいい要望に素早く答え、箸などを多めに入れて笑顔で帰してやった。
まさに神対応と自画自賛していた。





あるとき、店内で作業中のこと。
トイレからノック音が聞こえた。
ここで俺は「え・・・」と疑問符を浮かべた。
トイレ前には誰もおらず、女の人が入ったきりだ。
ドアノブには人が入って鍵がかかっており、その証拠にノブは赤色になっている。
鍵は中からしかかけられないようになっている。
つまり、トイレに入った女性が中から叩いているのだ。
しばらくしてフラフラな女性がなんとか出てきた。
相当飲んでおり、自分でドアの施錠を解除することができなかったそうだ。
連れの男性客はそれを見て大爆笑。
女性は立っていられず、しばらく座り込んだままだった…。
家がすぐ傍なので男性客に連れられ、マンションへと去っていった。










          

「普通のコンビニ店員とかなり変わったお客さん達」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く