最弱の英雄

皐月 遊

二章 11話 「仲直り」

きまずい

あれからお互い無言のまま時間は流れ、流石になにか話そうと思い

「げ、元気だったか? 」

「…え⁉︎ あ、あぁ…はい、元気でしたよ」

「そ、そうか…」

「はい…」

「…………………」

「…………………」

はい、会話終了!

なんだよこの空気は! めっちゃ話しづらいわ!

そして次はセレナが

「ライトさんは…怒ってたりしますか? 」

急にそんな事を言ってくる。

「怒るって、もしかして屋敷での事か?」

俺がそう言うとセレナがコクリと頷く

「なら、俺が怒るわけないだろ? むしろあれは俺が完全に悪いわけだしな。 普通怒るならセレナのほうだろ?」

「わ、私はっ…まぁライトさんが出て行ったばかりの頃はイライラしてましたが……今はもう怒ってません、むしろ反省してるくらいです」

「反省?」

「はい、流石に言い過ぎてしまったかもしれないと、ずっと考えていました」

「そ、そんな事はないぞ⁉︎ セレナが反省する事なんか1つもないからな!」

事実だ、屋敷であった事は俺が全部悪いし。
セレナに信用できないと言われて逆ギレしたのも俺が悪い。

セレナが反省する事なんてあるはずがない。

俺が悪いなら、やらなきゃいけない事がある

「セレナ」

「はい?」

「あの時は事情があるんだーとか、信じてくれーとか言って、最初に言わなきゃいけない事を言うのを忘れてたよ」

俺の話をセレナは静かに聞いている。 ありがたい

「嘘をついてて、悪かった! これからは嘘をつかないとは言えない……けど!」

何を言えばいいのか言葉に詰まる。

そして突然セレナが笑い出し

「ふふっ…なんか前までは屋敷で会うたびに喧嘩してたのに、お互い遠慮しながら話すのは違和感がありますね」

「…喧嘩じゃなくて、お前が一方的に俺に毒吐いてただけだろ?」

「そうでしたね、また前みたいな関係に戻れますかね…」

セレナが急に不安そうに聞いてくる。

俺はなんだか今までの事が馬鹿馬鹿しくなり

「まぁ大丈夫だろ、普通に話してればそのうち前みたいに戻れるさ」

「そうですね! あ、私からも言いたい事があります」

「なんだ?」

「屋敷では言い過ぎました、ごめんなさい!」

セレナは頭を下げてくる。

まったく…反省する必要はないって言ってるのにな

「じゃあこれで仲直り…でいいのか?」 

「いいんじゃないですか? 」

「なんか…あっさりしてたな」

「…ですね、屋敷ではあんなに言い合ったのに」

もう屋敷には戻れないと思っていた。

だがこうしてセレナと無事に仲直りすることが出来た、これからは人との関係を大事にしていこうと、そう思った。

「さて、王城に行きますか? 遅れてきても構わないと言われましたが、もう仲直りも出来ましたし」

「そうだな、向かうか!  ちょっと恥ずかしいけどな…」

そういって俺たちは王城へと歩き始めた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

王城へと向かう最中

「なぁ、王女様に呼ばれた理由って分かったりしないのか?」

「んー…私とアイリスとファリアとアリスさんだけなら、女王候補に関係する話だと思うんですが…ライトさんやソラさんまで呼ばれてるとなると、私には分からないですね」

なるほど、やっぱりセレナも俺が呼ばれた理由を知らないのか…

ん? 待てよ? 今…

「な、なぁ今、セレナ達の他にアリスの名前も呼んだか?」

「? はい、それがどうかしたんですか?」

「いや、女王候補の話かもしれないのになんでアリスが呼ばれるんだ…?」

俺の問いかけにセレナは納得した様に手を叩き

「あぁなるほど、ライトさんは知らないんですね」

「な、何がだ?」

「アリスさんも私達と同じ、女王候補ですよ? まぁアリスさんは女王になりたくはないみたいですが…」

「は、はあぁ⁉︎ アリスが⁉︎」

衝撃だった、あのゲーム激強お嬢様が…女王⁉︎ 

「まじかよ…正直驚いたわ」

「本当にライトさんはこの国の事を何も知らないんですね」

「あ、そうだ、その事だけどさ」

今なら、信じてくれるかもしれない

「俺が記憶喪失だってのは嘘だ、だけど……文字が読めない事と、俺がこの世界の住人じゃないってのは本当なんだ」

「………」

「だから…えっと…」

「信じますよ、もうあなたが嘘をつく必要はないですもんね」

「ほ、本当か⁉︎」

「はい、あの時は信じられませんでしたが、今なら信じられます。 屋敷に帰ったら、また文字の勉強をしましょう」

「あ、あぁ! ありがとな…セレナ先生!」

「先生はやめてください‼︎‼︎」

そんな懐かしいやりとりをしながら歩いていると、王城についた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「下から見るとめっちゃでかいなこの城!」

「住んでみたいと思いますか?」

「そりゃなー、あ、そういや王女になった人はこの城に住めるんだろ?」

「まぁそうですね」

やっぱり住む世界が違うのだと思い知らされた。

だがセレナは少しだけ頬を赤くし

「もし…もしですよ? 私が王女になれたら、ライトさんをこの城で執事として雇ってあげますよ」

「まじで⁉︎ この城に住めるんなら執事でも雑用係でもなんでもやるよ!」

「な、なんでもですか…」

俺たちがそんな話をしていると、城の門にいた兵士が

「失礼、王城に何の御用か教えてもらおうか」

「先程放送で呼ばれたセレナと」

「同じく、呼ばれたライトだ」

俺たちがそういうと兵士は慌てて

「も、申し訳ありません! ど、どうぞ中へ!」

と王城の門を開ける。

「ありがとうございますね」

「お、お邪魔しまーす…」

セレナは堂々と、俺はビクビクしながら王城へと入っていった。

「最弱の英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く