最弱の英雄

皐月 遊

一章 4話 「異世界」

眠気により目を閉じたライトが次に目を開けた時、目の前にはありえない光景が浮かんでいた

「建物が日本とは違うな…あっ!あれは…!」

ライトが目にしたものは、信じられない物だった

「ド…ドラゴンか⁉︎」

空を見るとそこにはドラゴンが空を飛んでいたのだ、ずっとドラゴンを見ていたがすぐに見えなくなってしまった

「あー…見えなくなっちまったか、それよりも、まずは確かめなきゃいけない事があったんだ」

ライトがまず初めに確かめようと思っていたことは、この異世界では自分の言葉が通じるのか、という事だった。 いざ異世界にきても言葉が通じなければ意味がない、なのでライトはふと目に入った剣やオノを売っている武器屋へ向かった

「す…すみません! ちょっと聞きたい事があるんですが…」

ちょっとキョドりながらも言葉を伝える事ができた、そして武器屋のおじさんは笑顔で

「お? なんだい兄ちゃん、武器を買いたいのか?」

「こ、言葉が通じた!」

「は?何を言ってるんだ?」

「い、いや!こっちの話だ!」

言葉が通じた事に安心していると目の前のおじさんが

「んで、聞きたい事ってなんだ?」

そう聞かれライトは次に聞こうと思っていた事を質問した

「この世界のお金の稼ぎ方を教えてほしい、できれば簡単なやつ!」

「あー、コイがほしいのか」

この世界ではお金の事はコイと言うらしい、それを知れたのはラッキーだった
すると武器屋のおじさんが手をパン!と叩いて

「なら1つ方法があるぞ」

「お!まじか! 早く教えてくれ!」

「そんなにコイが欲しいのか…まぁいい、兄ちゃんには鉱石を取ってきてほしいんだ、俺は忙しくてなかなか取りに行けないからな」

「鉱石? どこで取ればいいんだ?」

「おいおい…そんなのも知らないのか…エルキドに住んでるなら普通知ってるだろ…」

ここはエルキドっていうのか、おっちゃん怪しんでるな…なんか言い訳を…

「い、いやー実は俺昨日エルキドに来たばっかりでさ、コイも知識もなにもないんだ」

苦しい言い訳だな、と自分でも思ったがこれしか思いつかなかったのだ

「あぁ、そういう事か!今はいろんな国から人がいっぱいくるからな」

「あ、あぁ! それで、その洞窟ってのはどこにあるんだ?」

「そうだったな、鉱石がある洞窟は西門から5分ほど真っ直ぐ行ったとこにあるルビーフ洞窟だ」

「ルビーフ洞窟ね、それで取ってくる鉱石の特徴は?」

「剣の材料に使う鉱石だから、ブルード鉱石だな、特徴は…壁に青い石が埋まってたらそれがブルード鉱石だ」

「覚えやすいな…んじゃさっそく行ってくるわ」

出発しようとすると武器屋のおっちゃんが慌てて

「ま、まて兄ちゃん!まさか生身で行く気か⁉︎」

「え、そうだけど…」

なにかおかしいだろうか、荷物がなければ軽いから楽なはずだ

「あ、そうか兄ちゃん武器もなにも無いのか…」

「武器って…モンスターでも出るのか?」

「いや、安全なはずだが普通は護身用に武器は必ず持って行くんだ」

「でも俺持ってないし、使い方も分かんないし、別にいいよ」

「ダメだ!この剣を貸してやるから持ってけ、持っていかないならこの話は無しだ」

といっておっちゃんは店にある普通の片手剣を差し出してきた

「わ、分かったよ…剣ありがとな、借りるわ」

「おう、んで肝心の数だが…5個でいい」

「分かった、んじゃ今度こそ行ってくる」

「おう、死ぬなよ兄ちゃん!」

こうしてライトの異世界で初めての冒険が始まった

「最弱の英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く