最弱の英雄

皐月 遊

プロローグ

本文
7月の夏の日、人通りの少ない路地裏に、1人の少年の悲鳴が響いた。

「ああああぁあぁあ‼︎‼︎」

「 ヒヒヒッ、すげぇ!全然死なねぇ!すげぇすげぇ!」

悲鳴をあげる少年に向かって、灰色のパーカーのフードを被った男が笑っている異様な光景。

「なぁなぁ、次は何処に流して欲しい? 手?足?腹?背中?太もも?頭?顔? 選ばせてあげるよ。」

パーカーの男は笑いながら言う、さっきから男が少年に何をしてるかというと、スタンガンを少年に当てているのだ。

「はぁ…はぁ…お前…何がしたいんだよ…」

少年は男からのスタンガン攻撃が止んだ事により、喋れるようになったので男に何が目的なのかを聞いた。

「あれぇ?俺は何処に電気を流して欲しいかを聞いたんだけどなぁ… 質問に答えろよ‼︎」

「ぐっ‼︎」

男は質問に答えない怒りから少年の顔を思い切り蹴った。

「質問に答えないからそうなるんだ、もういいよ、俺が決める」

男が使っているスタンガンは改造されており、護身用として売られているスタンガンの約5倍の電力を持っている、そんなものを当てられたら30秒もしない内に命を落とすだろう

「しかしなんで死なないんだ?お前。 俺が前に殺した男は当ててから1分で死んだのに、お前は5分も耐えてる!」

「知る…かよ…こっちは…もう限界なんだよっ!」

「限界かぁ…じゃあ、楽にしてやらないとなぁ」

そういって男はなんと、バッグから2つ目のスタンガンを取り出した

「今からお前が死ぬまでこの2つのスタンガンを当て続けてあげるよ、これで楽になれるよ」

「ひっ!」

少年は恐怖で震えている、手足は縛られているので逃げる事は出来ない。

「当てる場所はー……よし、決めた!首に2つだ」

「や、やめてくれ…頼むから…」

必死に命乞いをするも男は止まらない、そして少年の首にスタンガンを当て…

「ああああぁあぁあああああぁあぁあああああぁあぁあ‼︎‼︎‼︎‼︎」

「ヒヒヒヒヒヒッ!」

男はずっと電気を流し続け、30秒程たった頃、少年は息をしなくなった。

「最弱の英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く