話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天才少年、異世界へ

mizuki

第7話

ゴブリンの巣の殲滅を果たした弘一郎達は村へ向かっていた。

「あー、こういう時って暇だよねー」
「乃愛、油断大敵だって言っただろう?」
「ごめんなさい」
「わかればいいんだ」

そう言って弘一郎は乃愛の頭を撫でる。乃愛が幸せそうにしていた。すると、

「キャーーーーーーーーーーーッ‼︎」

少女の叫び声が聞こえた。

「弘一郎君」
「うん、すぐに向かおう」

そうして2人は駆け出した。

到着するとそこには、1人の少女とおそらく護衛であろう騎士達の死体、下卑た笑みを浮かべた5人の男の姿があった。

「この状況を見ればわかる。問答無用で殺す!
   木村流『雷』」

そう言って弘一郎は飛び出して、武器を振った。それだけのはずなのに、射線上の3人の男が真っ二つとなった。

「な、なんだてめえは⁉︎」
「仲間に何しやがる⁉︎」
「黙れ、死ね」

そうしてもう1人斬られ、残り1人となる。そこで初めて気づいたかのように男が叫ぶ。

「なんで、なんで............

武器が木の棒なんだよ⁉︎」
「そこにあったからだ」
「舐めてんのか⁉︎」
「ああ」
「ククク、油断大敵だぞ?もう俺の勝ちだ」

実は男は話しながらも移動していた。そして、乃愛を人質にしようとした。

「ガッ⁉︎」

勘違いしてもらっては困るが、ゴブリンの時は完全に油断していただけであり、乃愛は最強の男、木村弘一郎が認める天才である。そのようなものは、世間の言う天才の枠には収まらない。

乃愛は、一瞬で男に近づき、隠し持っていたナイフで
男を突き殺した。その様は、殺人鬼というよりも戦乙女ヴァルキリーと表現できるほどに美しいものだった。

「女の子は?」

弘一郎はそう言って馬車に近づいた。

「大丈夫かい?もう、男達は撃退したよ?」

そう言って馬車を覗き込むと、弘一郎は絶句した。

(猫耳に、それに尻尾もある)
「ねえ、その尻尾、触ってもいい?」
「ひぃっ!殺さないで…」
「大丈夫だよ。僕の目を見て?」

すると、少女は恐る恐る顔を上げ、絶句した。
目の前にいる少年の顔は美しすぎたのだ。

「ねぇ、大丈夫?」

話しかけられて、正気を取り戻した少女はその少年の顔に溢れている慈愛の表情を見て、助かったことをようやく理解する。

「君の名前は?」
「は、はい!私の名前はシャルルです。シャルと呼んでください!」
「わかった、じゃあシャル。どうして君はここに?そして君はこれからどうするの?」
「わたしは……」
「ねぇ、まだ〜?」
「全く乃愛は辛抱を知らないな……。じゃあシャル、歩きながら話そうか」

そう言って3人で歩き始めた。

その時、森はシャルの心のように輝いていた。

「天才少年、異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く