話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

殺しの美学

山本正純

消えた被害者

午後一時。愛澤とジョニーは、渋谷花蓮が入院している横浜明桜病院へと向かう。
その病院の駐車場に車を停車させたジョニーは違和感を覚えた。駐車場の至る所にパトカーが停車している。
その異変を助手席から降りた愛澤も感じ取る。同時に自動車から降りたジョニーは、三階建ての病棟を見上げ、そのまま病院の出入り口に向かう。
一方で横に並び歩く二人の男に気が付いた病院の駐車場近辺にいる制服警官は、彼らに正面から歩み寄った。
「すみません。警察です。この周辺でこの女性を見ませんでしたか?」
そう言いながら制服警官は一枚の写真を愛澤達に見せた。すると愛澤は驚愕によって目を見開く。その写真に映っていたのは渋谷花蓮だった。
「渋谷花蓮さんですね。僕の記憶が正しかったら、彼女は第三の通り魔事件の被害者のはずです」
「随分と詳しいですね」
「その彼女が襲われた現場に居合わせたので。ところで、どうして彼女を探しているのですか? 彼女はこの病院に入院中だと聞きましたよ」
「はい。実は彼女、三十分くらい前から病室から姿を消しているんです。それで彼女を探しているわけで」
「正直ですね。僕達は病院に向かう道中、渋谷花蓮さんを見ていませんよ」
愛澤が正直に証言すると、制服警官は頭を下げ、二人の元から離れた。そうして遠ざかる警察官を見ながら、ジョニーは愛澤の耳元で囁く。
「どうする? 渋谷花蓮が病室から姿を消したっていうことは、彼女は一連の通り魔事件に関与しているということになる」
「勘違いしていますね。僕達がこの病院に来た理由は、第三の被害者と接触するためではなく、安田友美関連の事実を調べること」
ヒソヒソ話を続ける二人を、一人の女性が通り過ぎる。長い黒髪に二重瞼が特徴的な女の姿を横眼で捉えた愛澤は、咄嗟に通り過ぎる女に声を掛けた。
「すみません。サービスエリアで出会いましたよね?」
その声を聞き、女は立ち止まり、声を発した男の顔を見た。
「もしかして、通り魔事件の現場に居合わせた人ですか?」
「そうですよ。この病院に被害者の渋谷花蓮さんが入院していることを知って、お見舞いに来たのですが、警察官の話では彼女が病室から姿を消したようですね。ところであなたは、なぜこの病院を訪れたのですか?」
「この病院に勤務していますから」
女の答えを聞き、愛澤は両手を叩く。
「なるほど。現場で適格な応急処置を施していましたから、医療関係者だとは思っていましたが、看護師だったとは」
「違いますよ。女医の大倉春香です。偶然当直の帰りに訪れたサービスエリアで、あんなことが起きるなんて思いませんでしたよ。まさか被害者の女性が私の勤務する病院に搬送されるとは」
「スゴイ偶然ですね。そういえば第二の被害者の安田友美さんは、通り魔に襲われる前にこの病院に入院していたと風の噂で聞きました。もしかして通り魔は病院に入院していた人を襲っているのかもしれません」
その男の推理を聞き、大倉春香はクスっと笑った。
「残念でした。第一の被害者の萩原聡子さんにこの病院への通院履歴がなかったことは、分かっていますから。ところで、あなたの名前を教えてくれませんか?」
「愛澤春樹。熱狂的な野次馬です」
「そう。愛澤さん。それでは、またどこかで会いましょう」
大倉春香は微笑みながら頭を下げ、二人の男から離れる。その後で愛澤の隣に立つジョニーは彼の肩を強く叩いた。
「どうして偽名を使わなかった?」
「警戒心を弱めるためですよ。彼女とはまた会うことになると思いますから」
「これからどうする?」
「気になる女性が三人います。横浜明桜病院から姿を消した第三の被害者、渋谷花蓮。都合よく第三の事件現場にいた横浜明桜病院の女医、大倉春香。イタリアンレストランディーノの常連客の大学生、宮本栞。この三人の中身辺調査を始めます」
捜査方針を決めたタイミングと合わせたように、愛澤の所持する携帯電話に一本の電話がかかってくる。画面には非通知という文字が表示されていて、愛澤は緊張の面持ちで電話を耳に当てた。そこから、ボイスチェンジャーの不気味な声が流れる。
『ウリエルです。ザドキエルから電話番号を聞きました。初めて会ったけれど、中々やりますね』
「ウリエル。変声器の使用を止めてください」
『嫌ですよ。あなたほどの推理力があれば、私が誰なのかすぐに分かるはず』
「いいえ。分かりません」
『そう。ところで、聞きたいことがあります。最近の政治家って不正が暴かれると、決まって秘書がやったって言うじゃない? ああやってトカゲのしっぽを切って罪を逃れる人ってどう思う?』
「許せませんね」
ウリエルはその答えを待っていたように、受話器越しに頬を緩めた。
『やっぱり私と同じ。それが聞きたいだけだから、電話を切ります。それでは、またどこかで会いましょう』
電話が一方的に切れてから三十分後、新たな事件が起きる。そのことを愛澤達は知らず、再び捜査のために、街へと車を走らせた。

「殺しの美学」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く