どうやら勇者は(真祖)になった様です。

神城玖謡

18話 1-11 食後

 ちょっと えっちぃ気分になってしまった昼食が終わり、ロザリーはディアによって礼拝堂に連れられて来ていた。


「はぁ、やっぱり素敵ですね、ここは…………」

「あぁ」


 蒼を基調とした、空を思わせるステンドグラス。海の光の様に色を絶え間なく変えるそれは、不思議なことに月光によってその光景を生み出していた。


「きれいでふ……きれい、で……」

「うん……ってディア、まぶたおちてるよ!」

「はっ!」


 さて、忘れてはいけないのが、この時間は既に深夜に突入している事だろう。またディアは当然ながら夜行性ではない。
 主人の生活に合わせて昼夜逆転の生活を送っているディア。真夜中に眠気を覚えない方がどうかしている。
 むしろ、相当の疲労が溜まっているに違いない。

「ディア」

「なんですか、姫様?」

「たまに……明日とか、1日休みとったら?」

「えっ、お休み……ですか?」

「すごくつかれてるように見えるよ。わたしからとうさまに、たのむから……」

「ひ、姫様──!!」


 ディアはわっと感極まった様子で瞳を潤ませ、ひしとロザリーを抱きしめた。


「でぃ、ディア……?」

「私、嬉しいんです。姫様がそんなにも私の事を思っていてくれて…………」


 スッと音量を下げたその声には、とても強く、暖かい感情が込められているのを感じ、言葉を失うロザリー。
 その柔らかな温もりに抱かれ、目を閉じる。


「……姫様は、優しいんですね」


 ポツリと、そんな言葉が零れた。


「──そう、かな」

「はい、とっても!」


 そのまま途切れる会話。しかし気まずさは微塵もなく、胸の内は太陽に照らされたかの様な温もりに満ちていた。






 ────数分後、悶々としながらあ長い廊下を歩くロザリーの姿があった。

 元男として、ディアにふくよかな双丘に包み込まれ、興奮を覚えるのは当然だろう。
 しかし、その興奮はどこかかつてのいきり立つ様なものとは、比べ物にならない程弱々しく、またそれが興奮を萎えさせたのである。


「やっぱり、ようじょこんなになったからか……」


 考えてもみれば、男でも幼ければそういった感情は覚えにくいことは常識である。

 溜め息をきながら、月光の照らす華美な廊下を抜けて行く。

 しかし勝人の中では“女”の子になった事のショックが大きく、そこまでは頭が回っていないようだった。

 あの後おもむろに立ち上がったディアは、用事ができた。申し訳ないが1人で地下大書庫に行っててくれ。それから休みは要らない──という旨を言い残し、いそいそとどこかへ行ってしまったのだ。

 ロザリーの思考がディアの“急用”の内容に向かった辺りで、地下への階段へとたどり着いた。
 記憶が戻ってから、初めての座学。つまりあの、執事と2人きりになるのだ。

 状況を理解していないディアや、記憶などどうでも良いと公言しているヴラキアースとは違い、勝人の記憶を持つロザリーに何を感じ、何を思っているのかさっぱり分からないバラメスと対峙する事に、ロザリーは一抹の不安を覚えていた。

 階段の所まではかすかな光も届かず、ひしひしとした闇がヘドロ沼の様に溜まっていた。

 ヒュゴォォォォォと風が足元を流れ、スカートを揺らし地下へ吸い込まれて行った。

 つーっと、冷や汗が背筋を滑り落ちて行った。

 下には風を通す様な隙間や窓は、無かった筈だ。


 ──ゴクリとつばを飲み込み、ロザリーは片足を闇へと沈めた。

 空気が冷たい…………基本死体である吸血鬼。もちろん体温は低く、寒さはあまり感じない。にも関わらず、まるで氷水に足を突っ込んだかの様な感覚に、思わずたじろぐ。

 とその時になってようやく、己がその小さな手が、感覚が無くなるほどに強く握り締めている事に気が付いた。

 落ち着こう──口からフッと息を吐き、体の力を抜く。

 大丈夫、大丈夫。

 ロザリーはコツコツと、小さな音を残しながら階段を降りて行く……と、吸血鬼にもぼんやりとしか見えない程の暗闇の中、まるで空気までをも重厚にせんとばかりの扉が現れた。

 その取手に小さな手を乗せ、ゆっくりと押して行く。


 ──そして書庫の中、 鉄面皮の如く表情を変えない、不気味な長身の男が…………


「って、あれ?」


 …………いなかった。

 いつもこの時間には先に居て、ロザリーを待ち構えていた老執事の姿が、なぜかどこにもなかったのである。


「お、お〜い……」


 しかし油断は出来ない。ここは広大な書庫。隠れようと思えば、いくらでも姿を隠せる。

 そろそろとバラメスを探し始めるロザリー────


「お嬢様」

「ぴぃっ!?」


 突如、背後から声をかけられ変な叫び声を上げる。


「ばっ、ばばばばーろー! っじゃなくて、バラメスっ!?」


 恥かしいやら何やらでパニックに陥っているロザリーに対し、飄々とした態度を崩さないバラメス。


「驚かせてしまい申し訳ありません。主様からお話があるようなので、本日の座学は中止です」

「へ……?」


 悪びれた様子の全くないバラメスに苛立ちを感じながらも、ヴラキアースの話というのに興味が湧く。

 娘の事を溺愛しながらも、食事の時位にしか顔を合わせない父親が、何を話すのか……。

 座学が無くなったのは良いが、今度は別の事で緊張し始めた。


 では……と扉をくぐるバラメスを追い、ロザリーも歩き出すのであった。







 相変わらず芝居掛かった動作で扉をノックするバラメス。扉の向こうから入れと、短くテノール声が響いた。
 調度品が並ぶ雅やかな室内、中央の玉座には、なぜか憮然とした表情のヴラキアースと、微妙に距離を開け、目を伏せて立つディア。

 その雰囲気にロザリーの心を多く占めていた好奇心は、穴を開けたれた風船の様萎んだ。そして逆に膨れ上がる緊張感。

 ドッドッドッドッと胸が早鐘を撞くように高鳴った。


「────ロザリーよ」


 重たく開かれる口。


「お前は────もう、ここには居たくないか?」

「え?」

(な、なんなんだ、いきなり……)

「もう我輩と、共に暮らしたくはない、のか……?」


 いきなりもることながら、力のこもった顔が一瞬でくしゃくしゃになるのだから、ロザリーはひどく驚いた。


「……主様、その言い方は卑怯かと」

「むぅ……」


 神妙な顔になるヴラキアース。


「お嬢様もお困りです。まず事情を説明すべきでしょう」

「そうか……」


 適切であろう助言をするバラメス。これではどちらが主人か分からないものだ。


「実はな……先程ディアから相談されてな」

「そうだん?」

「うむ。それはお前を、人間の国の学校に入学させないか、というものだ」

「へ? ……がっこう?」


 相変わらず暗い表情のヴラキアースに対し、予想打にしていなかった発言にキョトンとするロザリー。

 ヴラキアース曰く、ディアはこんな事を言ったという。





「ご主人、相談というか、提案があるのですが……」

「ふむ、なんだね? 言ってみるが良い」

「はい。姫様の事なんですけど……」

「ロザリーがどうかしたのかね?」

「姫様を、学校に通わせるべきなのではないかと、思うのですが……」

「ほう? しかし、教育は全てここで出来るではないか」

「いいえ……子供には座学以外のものも必要なんです!」

「なるほど! 確かに──運動が足りていないな」

「そうそう……って、違いますよ! いえそれも足りてなさそうですけど。私が言いたいのは運動ではありません!!」

「では、何だと言うのかね?」

「それは、友達です」

「──友達? なぜそれが必要なのだ?」

「神種のご主人は知らないと思いますけど、人との関わり合い、同年代の子とのコミュニケーション。それが心を成長させるのですっ!!」

「ええい、声が大きい! ……まあ良い。その友達とやらが大事なのは分かった。だが、吸血鬼が通える学校がある訳が──」

「あるんです!」

「──なに?」

「何年か前に、種族、家柄を問わずに入学できる学校が出来たんですよ」

「ぬ、ぬぅ……」

「横から失礼します。これはお嬢様自身の事。お嬢様の意志が大切なのでは? お嬢様が行きたいと言うなら、認めるべきなのはないでしょうか?」

「バラメス、お前は一体どちらの味方なのだ」

「私は…………お嬢様の味方です」

「なんとっ?!」

「では、お2人ともそれで良いですね?」

「ぐむむ……仕方あるまい」

「それなら文句ありません!」







「────と、言う訳でな。ロザリー、お前の意思を聞きたい」


 ラーメン屋の大将の様に腕を組み、苦虫を噛み潰した様な顔で答えを待つヴラキアース。
 これで、勝人はついに自由の身になるのだ。この神祖の元から逃げ出せば、かつての仲間に無事を伝えるチャンスがある。

 勝人は内心ほくそ笑み────しかし、内心泣いていた。


 いやだ、父様と離れたくないっ!


 勝人の中のロザリーが、ここでの生活を望んでいるのだ。しかし、今はそれを認める訳にはいかない。

 ぶるぶると体が震えだし、強く目を瞑る。そして走馬燈の様にロザリーとして生まれてからの、1年にも満たない記憶が脳裏を駆け巡った。


 そして、決めた。


 爪が食い込む程強く握り締めた手から力が抜け、瞳を開き、ヴラキアースを見る。


「わたしは──────」

「どうやら勇者は(真祖)になった様です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く