どうやら勇者は(真祖)になった様です。

神城玖謡

10話 1-3 羽化 ※挿絵あり

 ──薄暗い部屋の中には、二人の男が居た。


 如何にも高級品な椅子に座り、眼前のモノを愛おしげに眺める男は、漆黒の髪に鋭い金眼、青白い肌の──そう、(真祖)だ。
 時偶ときたま、真新しい額の傷をなぞる左手の小指は、そうとう昔に失った様で、なだらかな皮膚が張っていた。

 そしてもう一人、扉の傍らに立つ男は白髪に髭、片眼鏡モノクルに燕尾服の、紛うことなき執事。名はバラメス。

 その二人の前にボゥっと光る物、繭がある。全長一メートル位ある繭の前で、二人はただただ、それを見守って居るのだった。


「…………主様、なぜ、この者にしたのですか?」


 否、珍しい事に執事であるバラメスから会話が始まった。


「ふむ……そうだな、何であろうか──力、魔力、才能、魂……それらをまとめて、か」

「確かに実力はこの世界でも有数のものでしょうが……」

「納得がいかない様だなバラメス、しかし──残念な事に実際選んだ吾輩でさえ、説明する言葉をもたないのだよ」

「つまりそれは…………勘と言うものですか?」

「うむ、その通りだが──気に食わないかね?」

「まさか、主様がお決めになった事ですから。それに……神の勘、外れる筈がありません」

「ふむ、そうだな」


 ぼんやりと蒼白い光を発す繭は──トクン──トクンと、一定のリズムで鼓動を刻んでいる。


「主様、もう一つだけよろしいですか?」

「なんだね?バラメス」

「──なぜ、あの者達をそのまま帰したのですか?」


 少しだけ、空気が張り詰める。


「何故か…………そんなの決まっておろう。気まぐれだ」

「……………………そうですか」


 フッと緊張が緩み、再度二人は繭へと視線をやった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 ───先程から繭と呼んでいるモノ、一メートルもある繭の中に居るのは巨大な昆虫…………等ではもちろんない。
 ───トクンっと鼓動し淡い光を漏らす度、中のモノのシルエットが見えるのだが、言うなれば───人型。

 線が細く、全体的に小さい身体付き……子供だろう。
 しかし、ただの人の子が繭に入っている筈も無く、であるならば、一体何の子か………………。

 答えは簡単。この(真祖)の子供である。


 以前にも述べた様に、長寿族(エルフや竜、吸血鬼など)は、見た目年齢と精神年齢が一致している事が多い。

 …………そもそも精神年齢とは、周囲の環境,ホルモン量の増減,肉体及び脳の成長・老化によって成熟し、衰退して行くものなのだ。
 長寿族の多くは、これらの内、ホルモンと肉体の変化が限りなく遅いため、その分精神の変化もゆっくりとなるのだ。


 ………………さて、つまる所は、長寿族は長い年月をかけて自らの子を育てなければならず、正直に、はっきり言うと、大変面倒臭い。
 さらにこの(真祖)は幼い(乳飲み子)をじっくり世話し、教育していく気はちゃんちゃら無く、ある程度…………八歳くらいで、身の世話などが楽な年齢から育てたいのだ。

 ────とは言え、たとえ真祖であっても、……どんな金持ちや天才でも、自分の子を何年もかけて育てるのと同じ様に、何十年もかけて子育てしないといけない事には、変わりない。
 なぜなら真祖とは、ただの一族の始まりでしか無いからだ。


 …………が、ここで1つ大きな誤解がある。


 ここまでを『文章』で読んで来た者なら、すでに分かっているだろうが……彼の者が(真祖)であると言うのは、勝人達の盛大な思い込みなのであって、実際は吸血鬼にとっての究極種(神祖)なのである。

 真祖は子孫を生み出すが、創り出す事は出来ない。

 しかし神祖は、粘土を捏ねる様に吸血鬼を創り出す。
 しかしそれらは神の子ではなく、ただの玩弄物がんろうぶつないし、自分の手下・部下の様なものである。

 事実、この世間に蔓延る吸血鬼は全て、彼が両手で捏ね、屍喰鬼グールに至っては片手間で創った存在なのだ。



 そして今回、この吸血鬼の(神祖)は、初めて自らの子をなそうとしているのだ。
 しかし神の子と言ってもカエルとは違い、神ではない。
 神と言うのは唯一無二の存在であり、神を産み出す事はない。

 ────あくまでこの世界の神に限るが……。


 …………さて、神が生物を創る時、彼等は所詮天国だとか黄泉の国とかと呼ばれる所から適当に魂を拝借し、造った身体いれものに入れている。

 だが、魂と言う物は重要で、それだけでその者の生涯を決定する程には、大きな意味をなす。
 して人の子でない神祖も、自分の子供にはそれなりの魂を使いたいと思う様で、この神祖は、その存在が生まれてから今の今まで、1度も子を産んだ事がなかったのだ。

 では、光栄にも神に認められた魂とは、そう──勇者カツヒトのモノだったのだ。

 勝人の魂が選ばれた理由は、神ですらハッキリと分かっていないのである。
 偶然か、必然か…………。



 ────では、話を戻そう。

 この繭の中では、およそ一ヶ月の時間をかけて肉体を8歳くらいまで(とは言っても、普通なら何十年もかかるのである)成長させている。
 それと同時にこの世界の常識(※あくまで神祖目線)や、言語等もインプットさせて行っている。

 まさしく神だからこそ出来る事、チートである。

 初の実子の誕生を待ちわびつつ、神はじっと見守る。



 ──時は静かに流れて行った。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




 ────暖かい、まどろみの中、ゆらゆら、ふわふわ、漂う。

 狭くて、暗くて、明るくて…………心地よく、漂う。


 ────トクン────トクン


 気付いた時から聞こえる、おと──


 トクン──トクン────


 ゆっくりと過ぎて行く、ゆったりとした時間。

 何者にも、何事にも侵される事のない、聖域。



 ………………だけど、分かってる。この安らかな時は永遠に続くものではなく、さらには今にも終わってしまいそうな程、儚い一時ひとときなのだ。まるで夢の様に──。


 ──────トクン


 そう、心地良いこの音がなる度、少しずつ……本当に少しずつ、意識が浮上して行くのを感じる。


 トクン────


 あぁ、終わってしまう、開かれてしまう、感じてしまう


 ──────────ドクンッ


 ……とうとう、この時がやって来てしまった様だ。


 ピキピキ──────パキッ


 そんな音が、夢の終わりを痛切に訴えてかけて来る。

 悲しい夢を視てしまった様に、静かに涙を流す。


 ──────パキパキッ パキンッ





 勇者カツヒトがこの世を去り一ヶ月。吸血鬼の(真祖)が誕生した。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




「おおぉ、産まれた! 産まれたぞバラメスよ!!」

「えぇ、そのようですね、主様」

「素晴らしい…………白金か白銀か、見事なまでに美しく艶やかな髪だ。そして綺麗な瞳──血よりも紅く、ルビーより耀いている」


 …………子が産まれて早々親バカっぷりを見せる(神祖)に、執事は少々呆れる────が、勿論そんな事は噯気おくびにも出さず注意、もとい促す。


「主様、まずは〈命名〉を」

「おぉ、そうであったな。────ごほん、我がむすめよ、汝の真名を定める。汝には──ロザーリアの名を、我が祝福と加護と共に授けよう」


 威厳たっぷりに名付ける神。


「ろざー、りあ?」

「うおおおお、まるで女神の唄声の如し可憐な声だ!!」


 ────が、僅か10秒で威厳が崩壊する神祖。

 しかしそんな事より────。


「それにしても…………女児ですか」

「うむ、そうだ」


<a href="//12428.mitemin.net/i208899/" target="_blank"><img src="//12428.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i208899/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>


 全裸でペタンと床に座り込み、ボーっと真祖を見上げる少女。


(───あぁ、なんと可愛らしい事か)


 ここだけの話、産まれてくる子供が男か女か、神であっても決める事が出来ない。
 が、決める事は出来ないものの、頑張る事は出来る。

 しかしその魂が強いモノであればある程、産まれた子は前世の者に似るのだ。
 性格や趣味、特技、そして性別などがコレに当てはまる。

 神祖にそれなりの怪我を負わせた勝人、無論、魂も相当強いモノであった。しかしその来世の性別が真逆である事に、バラメスは少々驚いていた。


「我としては女の子が欲しかったのでな────」


 父親としては珍しくない願望だが、吸血鬼にも当てはまるのかどうなのか。
 先程述べた様に性別を決定は出来ないが、頑張る事は出来るのだ。その頑張りとは────


「この繭の材料(通常ならば親の神の肉体の1部と、血液、魔力のみ)に、『永久処女人形エターナルメイデン』や『堕ちた女神の鎮魂歌インゴッズ・レクイエム』、あと『優雅なる月姫ルナ・グレイス』やら、色々とそれっぽいのを使ったのだよ」

「主様…………それら全て、宝物庫にあった神話級の魔道具でないですか」

「良いではないか、可愛い娘のためだ」

 いや、アンタの欲のためだろう────思うが、口には出さず。
 しかし、実際宝の持ち腐れというか、この吸血鬼の神祖には必要のない物ばかりなのである。


 依然裸のままでボーっとしているロザーリア…………ロザリーを抱きながらニヤけた顔でブツブツと独り言を呟く神。

 下手をしなくても変態にしか見えない光景に流石に耐え切れなくなり、バラメスは口を挟む。


「主様、いつまでも服を着させないのもどうかと思います。そろそろ……」

「おぉ! それもそうだな…………よし、ではまず風呂に入れさせよう」

「はい…………既に準備は出来ております」

「うむ、では行こうか」




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




 …………あたたかくて、きもちいい所から出てきて、わたしは父様を見上げていた。

 ────なにかを言っているけど、言葉のいみはわかるけど、耳をすどおりして、けっきょりかいできない。


「────ロザーリア────────」


 ん?


「ろざー、りあ?」

「────、────────!?」


 ロザーリア、ロザリー…………なんだかフシギな音。


 すると父様が、わたしおれを持ち上げる──すごい、高い。


「──────、────」


 …………この人が、かっこよくてにくたらしくてだいすきなだいきらいなこの人が、わたしおれの父様。


 ────こうして私、ロザーリア・レイゼンの生活がはじまったのであった。

「どうやら勇者は(真祖)になった様です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く