どうやら勇者は(真祖)になった様です。

神城玖謡

3話 0-3 力試し②

『クライア・ハルバー 男 42歳
 MP 720/720
 聖騎士団一番隊副隊長。一番隊で唯一の既婚者。
 得意技 槍術、棒術、体術を組合せたオリジナル槍術』


『クライアの槍術
 一撃目は目で追う事も難しい、高速の突きを遠くから放つ。
 二撃目からは、体の回転を使った殴・蹴・突・打の連撃を叩き込む』







「少年……すまなかったな。少々舐めていた様だ。
 だがまぁこの中では一番弱いとは言え、聖騎士団内で本当のエリートのみしか入れない一番隊隊員を、たった一撃で倒すとわなぁ」


 お前団に入らないか? と笑いながら言うクライアを前に、当の勝人はと言うと……


(やっべぇ、めっちゃチビリそう!)


 ガタガタ震えていた。

 何故に? と、実際にクライアを見た事のない人はそう疑問に思うだろう。

 ……しかし逆に言えば、1度でも闘うやる気満々な姿を見た者ならば、分かるだろう。
 まるで薄っぺらい、紙の、兎の皮を被った獅子の様な、そんな気配を。


「……じゃあ、始めようぜ。少年」


 勝人にはなぜだか、人の良さそうな顔が、何か血に飢えた獣が獲物を前にした時のソレに見えていた。

 勝人は、どこか泣き出しそうになりながら剣を構えた。


「では……始めっ!」


 聖女の鋭い掛け声と共に、戦いが始まった。













 一気に駆けるクライア。
 左足を軸にして右足で踏み込み、左手を後ろ、右手を精一杯前に突き出す。
 それに伴って、握られた槍もまっすぐまっすぐ……一直線に勝人へと襲いかかる。

 初撃は単純明快。兎に角速さに重みを置いた、最早“技”とは言えない程簡単な技だ。
 しかし、一点集中型だからこそその性能は目を見張る程の物で、いくら勝人がブーストを使っても、完全に見切る事は非常に難しい。


「ぐぅっ!?」


 なんとか身をよじる事で大きなダメージは防いだが、クライアの槍術の本当に恐ろしい所は、ここからだ。


「おいおい、逃げんなよ。せっかく楽しくやってんだ。最後まで付き合ってくれ……よっ!」


 ブゥン─────

 不吉な音をたてて、槍が頭のすぐ隣を通り過ぎる。
 ────ハラリと、数本髪の毛が舞散った。


 (やべえ! し、死ぬううう!)


 と、鋭い蹴りが襲って来た。 それを、体を回転させる事でいなす。
 さらに槍の後ろ部分が死角から跳んで来たり、血管が(比喩でなく本当に、音がなる程)ビキビキと浮き上がった右手が、顔に向かって伸ばされるのを何とか躱す。

 ────握り潰される!? と、本気でビビる勝人。

 その後も殴る、叩く、突く、蹴る とせわしなく飛んで来る攻撃を躱し続けられ、堪忍袋の緒が若干切れかかったのか、たった一度攻撃が大振りになった。

 勝人はそのタイミングを逃さず、数メートル後退して間合いをとる────次の瞬間、景色がひっくり返る。


「────ッ!?」


 ドスンッ!


 何が起きたか理解出来なかった。

 確かに勝人は脚に重点的にブーストをかけて、何メートルも後ろに跳んで相手の間合いの外まで離れた筈だ。


(なのに──────なのに、何でこんな………



 ───何で俺の体は浮いている?

 ───何でこんなに腹が痛い?

 ───何でクライアは目の前にいた?

 ───何でクライアの槍は、既に前に伸びきっている?



 ─────俺と一緒に宙を舞う、この紅い雫は、何だ?)


「……ッ!」





 ──────ふと、クライアと目が合う。
 その目には、哀れみと、さげずみの色が浮かんでいて──。

 ………………ブチッ!


 勝人の中で、ナニカが切れる音がした。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



(なかなか やるな……)

 クライアは、目の前の少年を見ながら思う。

(こちらとて全力は出していないが……どの攻撃も紙一重で躱す何てな)

 剣を持っている右手に始まり、肩、太腿、足払い………と、連続で攻撃を仕掛けても、最悪掠るだけで決定打とはならない。

 そこでクライアは、期待の意味も込めてフェイントを仕掛ける事にした。
 連撃の最中に、分かり易く踏み込み、これまた分かり易く大振りに槍を薙ぎ払う。

 カツヒトは当然の様にそれを躱し、後ろに跳んだ。
 それを見たクライアは、既に──カツヒトがジャンプをして地に降りる前に駆け出していた。


(──この少年は、いったいどんな反応を見せてくれるのだろうか。
 最初の様に紙一重で避けるか……むしろ初見でなくなった訳だから、簡単に躱すかも知れない。
 それか、こちらの隙を突いて──もしくはこちらの力を利用して、カウンターを叩き込んで来る可能性もあるな。

 さぁ、どうする 少年っ──!)



 ────しかし、そんなクライアの期待は、一瞬後には裏切られた。


 クライアのフェイントは見事にカツヒトの虚を突き、その体を吹き飛ばす……実際には、勝人がほぼ無意識の内に槍に合わせて跳んだ為、傷は浅く、少々過剰な反応になってしまっただけだったのは、勝人もクライアも気付いていなかった。


 この、前勇者と同じ世界から遣って来た少年を、どうやら少々過大評価し過ぎていたらしい。

 最初見た時は、いや………実際 ライオネスを倒すその瞬間までは、
 何だコイツは、見た所体つきも大した事無いし、歩き方から何に至るまで動作が成っていない。
 本当にコイツが新勇者なのか……?
 という考えも確かにあった。しかしそれは、実際に闘ってみて大きく覆った。どうも動きが素人臭いが、強い。


 ……もしかしたら と思っていたのだが、最初の見立て通りに大した者ではなかったらしい。

 実際、腹部に出来た小さな穴にのたうち回っている。
 ……クライアの読み通り、実戦経験は無かった様だ。


 死にかけの蟲の様にもがく少年を観るのも飽きたしっと、自らが仕える女神ミランナ様の方を向き、少年に治療を頼もうと口を開きかけた、その時──


「────待てよ」


 急激に膨れ上がる魔力と共に、まるで地獄から響くかの様に 低く、静かに呟かれる声。

 そして、恐ろしいまでの殺気。

 慌てて振り返ったクライアの目に映ったのは、幽鬼の如くゆらりと立ち上がる、少年──カツヒトの姿だった。

「どうやら勇者は(真祖)になった様です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く