どうやら勇者は(真祖)になった様です。

神城玖謡

2話 0-2 力試し①

「あのーミランナさん、何故にバトっちゃう雰囲気になってんスかね……」


 場所は移り、闘技場のような場所。

 白い甲冑を着た男達───聖女を護る聖騎士達は、剣やら槍やら……現代日本では目にすることのない武器まで持っていて、手入れをしてている。


「ふむ、それは簡単な事じゃ」


 しかし答えたのは聖女でなく、王冠被ったヒゲ──もとい、この国の王様。


(……さっきから存在が空気だったからって、何もここで出しゃばらなくても良いのに)


「古書に書いてあった勇者のお言葉によると、ニホンから召喚された者は皆強いとの事。
 ……しかし万が一、例えばその勇者の勘違いであるとか、この300年の間にニホン人が弱体化していただとか、そう言う事も起こりかねんからの。
 だから、こうして確かめるという事じゃ」

「さ、さいですか………」

(いや、さっきの勇者のセリフからして、明らかに現代人だよな。それに『チート手に入れて』の所も気になるし……)


「なぁ、勝負の前にその日記見せてくれないか?」

「ええ、どうぞ」


 ミランダから日記を受け取り、表紙を開いてみる。





『この字が読めるあんたは、日本人何だろう。翻訳をOFFにして書いたからな。
 あんたが勇者として呼ばれたのか、偶然やって来たのか、転生して来たのかは解らんが、まあ先輩の助言だ。せいぜい役立ててくれ。

   (以下翻訳ON)

  目次
第一章 この世界の事
・お金
・国について
  ・
  ・
  ・ 』



 どうやらこの太い本の前半は、この世界の説明、後半が日記の様だ。

 ちなみに、表紙には『冒険の書』と書いてある。

 目次を上から見ていくと、幾つか気になる単語があったが、今は読み流す。
 そして暫く進んだ所に、目的の項目を見つけた。



『 ・
  ・
  ・
第三章 自分について
     ・
     ・
・チート能力について (翻訳OFF) 』


 早速そのページを開く。


『チートについて話そう。
 先に言っておくが、以下のチートは俺が手に入れたチートについてだ。
 同じチートをあんたが手に入れるか知らんし、
 そもそも、俺がただの偶然で手に入れたのかもわからねぇ。
 召喚されたら誰でも使える様になるのか、素質があって呼ばれたのか……本当の所は解らんが、まぁ、取り敢えずは書いておく。


・異空間収納
 生きてる物(植物を除く)以外は結構何でも入る。
 虚空にチャックがあると思ってやってみ。

・識別
 目に映る色々な物や人を解析してくれる。
 対象を見ながら「知りたい」と強く念じると見える。

・身体能力/思考速度ブースト
 名前のまんま。ふんばれ。
 1回で使える時間とか倍率とかは、練習すればのびる。

・魔力(大)
 分かってると思うが、この世界には魔法がある。それを使う時に消費する魔力量が、とてつもなく多いらしい。
 魔法については4章の2で。 』


(ビンゴだっ!)

 聖騎士達の準備も終わりに近付いて来てる。
 勝人は急いでページをめくった。


『  ・
   ・
   ・
 想像しろ。想像力豊かに、何なら詠唱してみても良い。
 この世界の魔法は例えるなら、『魔力(材料)で想像(設計図)を実現させる』だ。』










「では、手合わせを始めます。お互い、死に至る様な攻撃はしないように」

「(真剣持ってる時点で“死に至る”攻撃になんじゃね?)」

「何か言いましたか?カツヒト様」

「いやっ、何でもない……」

「そうですか……では、始めっ!!」


 その言葉が聞こえると同時に、近づいて来る曲剣を持った聖騎士を睨みつけ、その情報を引き出す。


『ライオネス・グレイ 男 34歳
 MP   500/500
 得意技 特殊歩方を使った変幻自在な剣技』


『ライオネスの歩方
 自分の間合いまで一直線に進み、剣が届く所まで来ると、サイドステップの応用で後ろから斬りつける』


(……すげぇ!? 使えるな このチート!)


 そしてライオネスは識別通りに、真っ直ぐ突っ込んで来る─
──と、その姿が一瞬右にぶれる。

 右側からの攻撃に備えて、体をそちらに向けると、終わり。
 簡単に言ってしまうと、フェイント。
 右側に行く様に見せその後何倍もの速さで左にサイドステップ。
 人の目では捉えきれない程の速度で背後に回り込み、斬りつける。


 それで勝負は決まる─────決まらなかった。


「……それを、待ってた!」


 ライオネスが左側に回り込んで、一端立ち止まり曲剣を振り上げる。

 ……勝人は、身体能力・思考速度ブースト(次からはブースト)により、それを上回る速度でそのまま右回転、剣を横に振り切る。

 簡単なホリゾンタル。しかしそれは、余裕……もとい油断しきっていたライオネスの、がら空きになった胴体に当たるには十分な速さで────


 ガギンッ!


「ぐあっ!?」


 鎧を凹ませながら、ライオネスは何メートルも吹っ飛んだ。

 他の聖騎士達は、驚きを隠せない。

 それはそうだろう。……毎日鍛練を欠かさず、この国でも有数の腕前を持つ自分達の相手が、剣を握った事も無さそうな(※実際無い)ヒョロリとした餓鬼だ。
 幾ら勇者と同じ世界から遣って来たとは言え、明らかに“弱そう”。
 はっきり言って、多少なりとも『舐めて』いた。



 ─────しかしそれも


「そこまで! 少年……次は俺が相手だ」



 この瞬間、終わりを告げた。

「どうやら勇者は(真祖)になった様です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー259190

    sao?

    0
  • ズーミン

    歩方→歩法
    面白いから、誤字脱字はもったいない。

    2
コメントを書く