どうやら勇者は(真祖)になった様です。

神城玖謡

1話 0-1 呼ばれて飛び出て……

<a href="//12428.mitemin.net/i248669/" target="_blank"><img src="//12428.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i248669/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>





「おぉ! 黒髪に黒眼……伝承通りじゃ!」


 視界を埋め尽くす真っ白な光が収まった後、初めて耳に入った台詞が、このおよそ状況説明とはいえない物だった。

 その結果、「ふぁっ!?」と意味不明な奇声を発してしまったのも、無理は無いだろう。


 復活した青年の視界に映ったのは、薄暗い白を基調とした部屋だ。天井や壁と同じ色の太い柱が真っ直ぐに何列も並んでいる。窓もないことから地下ではないかと推測される。

 黒髪黒眼の、髪が少し跳ねているなんの変哲もない若者は、その広い部屋の中央、床にデカデカと描かれた、幾何学的な陣の真ん中に立っていた。

 そして青年の前に立つのは王冠をかぶったヒゲの老人と、ゆったりとした白いローブの様な物を着た18才位の少女、それから槍の様な武器を、青年に向けて取り囲む男達数名。

 皆日本人とは違う彫りの深い顔立ちをしていて、髪の毛や瞳も様々な色をしている。




(…………って、槍ぃっ!?)


「なっ、ちょ、あんたら誰?! って言うか槍しまえ槍っ!? そしてココどこっ?!」


 突然のこの状況に狼狽える若者を見ていたローブの少女が頷くと、その槍は下ろされた。


「すみません。今からひとつづつ説明しますので、落ち着いて貰えませんか?」

「え、あっ、あぁ」


 とても落ち着いていられる様な状況ではなかったが、目の前の少女の厳かな雰囲気に飲まれ、ひとまず冷静を装った。

 若者は深呼吸を何回かして、しっかりと女の子を見つめて、話しても良いと頷いた。

「……ではまず、説明を始める前に、槍を向けた事を謝りたいと思います。
 万が一、召喚された者が あし存在だった時のため、この様な持て成ししか出来ませんでした」

「そ、そうか」

(つまり不可抗力って事か?)


 納得しかけ、しかし召喚という聞き慣れない単語に首を傾げる。


「それと1つ確認したいのですが、貴方は『ニホンジン』ですか?」

「あ、あぁ。そうだけど」

 そう答えて、ふと気になった。

 自分を囲むこの者達が、どう見ても日本人では無い。……顔立ちも、服もである。
 しかしどういう訳か、日本語が通じている。その事を青年は不思議に感じた。


 そんな疑問が顔に出ていたのか、少女は話し始めた。


「まず始めに、私はこの国の聖女をしています。ミランナ・アテスと申します」

「ミランナさん、か。俺は高野勝人たかのかつひとだ」


 少女──ミランナは、宗教上高い位にいる様だ。


「カツヒト様、宜しくお願いします」


 ミランナはさっと頭を下げると、早速とばかりに語り始めた。


「そうですね、順を追って説明しますと、事の始まりは7年前になります。
 魔大陸と呼ばれる土地で冒険者稼業をしていた方達から、急に魔物が増えた。また、魔物が強くなった、との声が上がりました」

「ちょ、ちょっと待ってくれ!」


 そこで堪えきれなくなったのか、勝人は声を上げる。


「その魔大陸ってのが在るのかは知らないし、冒険家っていう職業もあるだろうけど、“魔物”って何だよっ、一体!?」

(なんだよ……だいたいこいつら、一体なんなんだ?
 そもそも“聖女”なんて居たり、本物の槍持ってるし、どこかの怪しい宗教団体なのか?
 それとも気付かない内に、どっかの国に拉致されたとか?)


 ────そう勝人が混乱していると、ミランナは何やら書物を取り出し軽く流し読んだ。


「……あぁ、ニホンと言う国がある世界・・には、魔物は居ませんでしたね。これは失礼しました」


(…………は、世界?)


「……何なんだよ、その言い方……まるで、ここは俺が居た所とは違う世界みたいな、そんな──」


 すると、ミランナは何ともない事かの様に、言った。


「端的に言います。まさしく、その通りです。
 この世界は貴方の住んでいた所とは、違う世界です」

「………」


(そんな、そんな事って……つまり、異世界トリップ? 何故? 本当に?)


 混乱する勝人を放って置いて、ミランナは話しを進める。


「話を戻します。………魔大陸の異変を知った国は、冒険者ギルドに依頼して、原因を調査しました。
 結果から言うと、300年前に倒された筈の“魔王”が復活した事が判明しました。
 愕然としました。───何せ魔王と言えば、300年前、驚く程僅かな期間で広大な魔大陸の大半を支配して、幾つもの国を滅ぼした挙句、私達の暮らす人大陸を攻め落として“邪神”へ至ろうとした、“恐怖の代名詞”なのですから……」


 暫く勝人は、何も言葉を発する事が出来なかった。
異世界トリップ云々の時点で、既に頭がパンクしかけていたのだ。
 もはや、半場思考停止していると言っても過言ではないほど混乱していた。

 何とか言葉を絞り出せただけでも、十分でないだろうか。


「……それで、今回の件と俺と……何の関係があるって言うんだよ」


 聖女は頷き、本を見て言った。


「この本は、当時魔王を倒した“勇者”の日記です」

「勇……者……」

「その勇者が残した言葉があります。『チートテニイレテイセカイトリップシタッタ』と」

「……」

「…………」

「………………は?」


(今、何と?)


「……意味は解りません。召喚の魔法陣に組み込んであった翻訳機能をoffにして言った様で、此方こちらの言語に訳されなかった為、音だけが残されています。
 その記録によると、『何と言ったかは解らないが、武者震いをしながら力強く言ったので、とても心強かった』との事です」


 いや、それは力強くないよな……勝人はそう思ったが、あえて言わずに、いや、言えずにいた。


「翻訳機能って……?」

「もちろん、この世界とあなた方の世界とでは言葉は違いますから。任意で伝えたい、聴きたい言葉を自動で訳してくれる様に、この召喚魔法陣に組み込んであるのです」


 段々と勝人は状況を理解して来ていた。


「つまり、アレか? その勇者ってのも日本人で、魔王倒したけど復活したから、また日本から勇者ヒトを呼んだって事……か?」


 勝人が理解したと解ると、聖女は顔を綻ばせた。


「理解して頂けた様ですね」

「あぁ、まぁ何とか、だけど……」


 すると、再び聖女の顔は曇った。


「理解して頂けた所、申し訳ないとも思いますが……これから、コチラの聖騎士団のメンバーと戦って貰わないといけません」

「……っへ? えぇぇっ!?」




 どうやら地球から召喚されたばかりの青年は、屈強そうな男達と手合わせをする事になった様です。

「どうやら勇者は(真祖)になった様です。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く