話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黄央高校 戦浄録

天坂コーキ

第五話 思い出は夜の中 9

キスイは、自分に集まる視線を胡乱うろんに見返す。
そして、
(弱い。いや、脆いな)
そう思った。

キスイは体の奥底から、力が湧き上がってくるのを感じる。
今のキスイにとっては、人もイクサもシコメも、皆、枯れ枝のように弱弱しい。

全てのことが、ちっぽけだ。
全てのことが、バカらしい。

今なら、なんだってできる。誰にも負けない。誰も自分を邪魔できない。

高揚感に浸るキスイは、その自分を見下ろす冷静な視線を感じる。

違う、僕が欲しかったのは、そんな物じゃない。
ミレイを、いっちゃんを、友達を助けるための力だ。

師匠も言ってたよな?
刀を持ったとしても、強いとは言えない。
銃を持ったとしても、強いとは言えない。

刀を持っても斬らぬ事、銃を持っても撃たぬ事。それを知る者こそが強いのだ、って。

冷静な心の声に、高揚しているキスイは深呼吸をする。
力を手に入れても、全部壊してしまったら、なんにもならない。

だとしたら、力を持つって、なんて怖いことなんだ。
とても楽しく、とても怖い。
なんて扱いにくいんだ。

キスイは三つに分離している。
胡乱な表層と、高揚する内側と、冷静な心とに。

「キスイ君、大丈夫?」
「キスイ!大丈夫か?」

ミレイといっちゃんが、立ち尽くすキスイに駆け寄った。

キスイは心配そうな二人の顔を見返すが、胡乱な表情は変わらない。

やはり、脆いとしか思えない。
振り払うだけで壊れてしまいそうだ。
そしてそれで例え二人を壊してしまっても自分は、あまり気にしなさそうだ。

胡乱な表層が出した結論を受け、高揚する内側が動揺する。

人って、こんなに弱いものだったのか。ちょっとしたことで、すぐに死ぬ。
俺が殺してしまう。
それはダメだ!そんなことしてはいけない!

動揺する内側へ、心は冷静に質問する。

ならどうする?
どうにかしないと、時間がなくなるよ?

冷静な声に、表層が胡乱に聞き返す。

時間?それはどういうことだ?

「すごい熱!!動かないで。ええと、ミレイちゃん、どうすればいいの!?」

「いっちゃんは落ち着くんだ。キスイ、お前もまずは深呼吸しろ。何も考えるな、まずは何かに意識を集中させるんだ」

ミレイの言葉に、胡乱な表層が首をかしげる。

意識を集中する?でも何に?
マジ得体の知れないビームとか出せそうなくらい熱いし、調子がいいというか悪いというか、どうすればいいか分からない。
どうすれば、どうすればいい?

反応の鈍いキスイを心配し、いっちゃんはその体をぺたぺた触る。

「キスイ君、とりあえず横になった方がいいよ。あ!このけん邪魔だよね、私がちゃんと持ってるから」

いっちゃんが伸ばした手を避けるように、キスイはつるぎを顔の前に持ち上げた。

剣。
剣、これはこの事件の原因。
剣、それは、ツルギ、武器、殺す道具、力の象徴。

表層が、内側が、心が、未だに右手で握り締めたままの剣を見つめる。

青銅で作られた剣。
両刃で、しかし切れ味はほとんど無い。
さらに、赤黒いものがこびりついていて、なまくらに磨きがかかっている。

(もっとよく見ろ)
これは、錆じゃないのか?赤黒い何かは、刃の表面で蠢いている。

(見ろ、もっとだ)
俺の力に反応しているのか。水が沸騰するかのように、動きが大きくなっている。

(見ろ!目を開け!!)

これは、魂だ!血のような魂が、剣にまとわりついて切れ味を鈍らせていたのか!
俺の力が、死んでいたはずの魂を動かしているのか。

キスイがたどり着いた結論を、湧き上がってくる力が肯定する。

魂は 苦しいと叫び
魂は 痛いと嘆き
魂は 辛いと喚く

(苦しいだろう。痛いだろう。辛いだろう)
(それが剣に、暴力に、殺しに関わった者の末路だ)
(そしてこれが、オヌシがこれから関わる道筋だ)

湧き上がる力が告げる言葉を、表層が、内側が、心が受け止める。

そうなんだ、わかった。俺はどうすればいいのか。

剣の表面にあった、錆のような魂が剥がれて舞う。
剣が、磨かれたように輝き、キスイの顔を写しだした。

「キスイ君、早く、剣を離して」

キスイが顔を上げると、いっちゃんの顔がすぐ目の前にあった。

「いっちゃん」

「え?」

掴まれていない左手で下がってくれるよう示すと、キスイの表情がしっかりしたのがわかったのだろう。
いっちゃんは心配そうな顔をしながらも、キスイから離れた。
キスイは視線を敵へと向ける。

「そこのシコメ。俺たち、これから帰るから。……文句はないな」

剣を向けて言うと、シコメは気圧けおされながらも、ゆっくりと返事をした。

「いいえ、チカラをツいだのなら、アナタサマのシメイを、ハたさなければ、なりません」

「使命?まさか俺に、また邪竜を倒せとかいうんじゃないよな?」

シコメが合図を出すと、イクサ達は包囲の輪をじりじりと狭め始めた。

「ジャリュウはすでに、ホロんでいます。ゲンセはすでに、アナタサマのモノでは、ありません」

言いながら、シコメは手から細かい粉のようなものを振りまいた。

「ですから、アナタサマには、そのチカラを、フウじていただかなければ、なりません。ゲンセに、フヒツヨウな、チカラを、モチコムわけには、いきません」

シコメがまいた粉が、イクサに振りかかると、イクサたちの鎧が固さを増した。

それを見てもキスイの視線は揺らがない。

「関係ない。俺は帰るよ」

右手で掴んでいる剣に、左手をかざす。
柄から切っ先へ、表面をなでるように滑らせる。

錆のような赤色が、剣の表面を覆う。
しかしそれは、むしろ赤い刃が新しく伸びたかのように見えた。

「はるかカミヨの、トツカノツルギ……それをワレラにムけるとイうのですか」

「イヤなら邪魔するな」

キスイは、赤い刃のついた剣を両手で構える。

キスイの視線の先へ、一体のイクサが道をふさぐように立った。

「どけ」

キスイの言葉を命令だとおもったのか、イクサはどうしましょうと聞くように、シコメを振り返った。

「おトメしなさい」

シコメの言葉を確認したイクサがキスイに向きなおるが、キスイの剣はすでにその首を通過していた。

「だから、邪魔だって言ってるだろ」

まるでバターをナイフで切るように、剣が泥人形の首と胴を斬り分ける。

その切り口からは赤い錆のようなモノが滲み出して、蒸発するように消えていった。
首を切れた泥人形は形を失い、地面の泥へと還っていく。
それを見た残りのイクサたちは、いっせいにキスイへと輪を縮めた。

連携の取れたその動きに、キスイは感心しながらも質問する。

「力の継承者を傷つけてもいいの?また別なヤツ探すことになるんじゃない?」

しかしシコメは首を振って、命令をイクサ達に下した。

「ヒツヨウなのは、チカラをオサエられるウツワと、そのカンリシャたるタマシイのみです。サイアク、リョウのテアシは、なくてもかまいません」

「うわ、ひでぇな」

イクサ達が次々と泥の武器を構える。
キスイはそれを見ながらも、獰猛な笑顔を顔に浮かべた。
そしてそのまま、手近なイクサへ飛びかかる。

キスイの意識は、加速していた。
達人が集中すると、一秒が十秒にも感じることがあるという。

キスイは冷静な心で、加熱された身体をあやつり、引き伸ばされた一瞬の中をなめらかに動く。

硬くなった泥の武器も、堅い胴鎧の真ん中も、固い武人の魂さえもやすやすと、十拳の剣は切り裂いた。

三秒も経たないうちに、全てのイクサが泥へと還った。
剣の先からは、赤い錆のような魂がボタボタと泥の地面へと垂れていた。

「黄央高校 戦浄録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く