話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黄央高校 戦浄録

天坂コーキ

第五話 思い出は夜の中 8

キスイが転ぶ原因となった穴、だがこの穴がなければ、キスイはケガを負っていただろう。
その穴の奥に、年季の入ってカラカラになった木目が見えた。

「あんたは、あの時スサって呼ばれてた奴!あんたがこの儀式を仕組んだんだな」

「それは正しくはあるが、間違ってもおるな、継承者どの」

穴の奥の木像は、その片目だけを穴に覗かせて笑った。

「継承者?知らないうちに勝手に決めるなよ。俺はそんなのになる気はない。あんたがスサなんだろ?だったらあいつら止めてくれ」

「それは無理だな。ワシは継承者を選ぶだけの身代みのしろだ、シコメはワシの手下ではない」

「なんだよそれ。俺は帰らなきゃいけないし、いっちゃんもミレイも帰さなきゃいけないんだよ。こんな剣もいらないし、継承なんてするつもり無いから帰してくれよ」

「小僧、最初にワシに見せた落ち着きは何処へ行った?もっと大きく構えねばならんぞ」

キスイの言葉を受け流し、スサの木像は余裕たっぷりに言う。

「くそっ、他人事だと思って……」

「キスイ、そんな誰とも知れないヤツと言い合いをしている時間はないぞ。完全に挟まれた」

ミレイの言葉に顔を上げると、前には僧兵、後ろには足軽のイクサがそれぞれ10体と、輿から降りたシコメに囲まれていた。

どうすれば、どうすればこの状況を終わらせられるだろうか。

キスイは剣を握り締めるが、いい方法など一つも浮かばない。

前後のイクサ達は今にも襲い掛かかれる体勢であり、シコメはキスイを警戒しているようだ。
そんな状況下であるが、キスイの足元の穴の奥、でかい木像が身振り手振りでその存在をアピールしていた。

「うるさいよ何だよ!こっちは忙しいんだ!」

キスイが無視しきれずに怒鳴ると、スサは笑って手を煽る。

「そう憤るな。お主は継承者たる資格を持つ者ぞ」

「落ち着いても、道はないんだよ!俺がなんとかしないと……」

「やれやれ、ワシの言葉を聞いておらぬな」

スサの雰囲気が、急に重くなる。

それを感じたキスイは、道場の師匠を思い出す。

(騒いでも、何の特にもならない。現状を冷静に見極める事が、生き残る秘訣だ)

いつも落ち着いていて、それでいながら油断のない師匠。
キスイはその大きな背中をイメージしながら、深呼吸をした。

「……で、落ち着いたとして、俺はどうすればいいんだよ」

スサはキスイの目を覗き込み、嗤った。

「ハッ、簡単だ。お主が受け継いでしまえばいい。『スサノオ』の力を。そうすれば、全てが解決するであろう」

「だから、俺にはそのつもりはないんだよ。俺はただ単に偶然紛れ込んだだけなんだ。受け継ぎたい奴にまかせればいいじゃないか」

「偶然でも、何の意味もなくそこにいることなどありえんわ。それに、その受け継ぎたい奴らに勝ったのだろう?ならば、お主こそが適任である」

スサの声には若干の笑いが含まれている。

キスイは周りを取り囲むイクサとシコメ達を見るが、話の成り行きをうかがっているのか、動く様子はない。

キスイは考える。
もし本当にこいつらが俺に【スサノオの力】とやらを継承させたいだけなら、俺がそれを貰えば、助かるのかもしれない。

「ちょっと聞くけど、そのスサノオって、ここにいる奴らよりすごく強いんだよな?」

「うむ、当然だわい。ナカツクニの邪龍を退け、そしてその邪龍から更なる力を手に入れたのだ」

神話の時代の英雄の力。
キスイも聞いたことがある。
邪龍ヤマタノオロチを退治した、スサノオノミコトの話。

スサノオは、クシナダという姫を守る為に邪龍を倒したのだ。

キスイは、手の中の剣を見る。
俺だって、守る為の力が欲しい。
少しばかり剣を使えても、この場を切り抜けられないのなら意味は無い。
師匠もシー姉さんも、少しずつ強くなればいいと言う。けれど、この“今”を切り抜けられなければ、たぶんずっと意味がないんだ

だからキスイは、スサに向かって言った。

「わかった。俺に、スサノオの力をくれ」

地面の下と、さらに深い地中との間。
薄暗く、儚い空間に、キスイの声が反響した。

イクサとシコメ達は、物音一つ立てずに立ち尽くしている。

いっちゃんとミレイは、なにか言いたそうな顔でキスイを見ている。
そしてスサは、返事をしない。

キスイは、スサが気になって穴を覗き込んだ。
すると、その穴からものすごい速度で木が生えてきた。

葉のない、木目の浮き出た幹が、あっという間にキスイの前にそびえ立つ。
地面との隙間にキスイが垣間見たのは、スサの体が急速に古びて黒ずんでいく様子だった。

木は穴から出ると枝を広げて、キスイの目の前でまるい形を取り始める。

木は太く成長し、穴を完全に塞ぐ。
枝は互いに密に絡まりあい、大きなさかずきへと形を変えた。

その杯の中に、液体が染み出して集まり始めた。
液体はみるみるうちに増え、杯になみなみと満ちた。

それは腐りかけの果物のような強烈な甘い香りを放ち、うすい金色に輝いて見える。

キスイはためらいながらも、そっと杯に手を伸ばす。
少し触っただけで杯は幹から外れ、液体がゆれてこぼれそうになった。

キスイはあわてて端に口をつける。

「ーーー!!」

口に含んだだけで、キスイは叫びそうになる。
苦い甘さ、透き通るような毒々しさ、氷のような熱さ。その全てが飽和するような味に、キスイは五感が痺れてゆくように感じる。
そして、乾いた遭難者のように飲み始めた。

視界は、杯に揺れる金色で溢れている。
耳には、液体を飲み込む音だけが響いてくる。
手は、杯を支えるだけしかできない。
ただ、鼻と舌だけが、液体を正しく理解する能力を失わずにいた。

それは文字通り、いくらでも呑める液体だった。
まるで呼吸をするように、呑み続けることができる。
量が減ってくると、大人でも抱えるのに苦労するような大きさの杯を、キスイは難なく、高く持ち上げた。

最後はほぼ垂直になるまで傾けて、一滴も残さずに飲み干した。

「っ、ふぅ」

杯を投げ捨て、呼吸を整える。

振り返ると、全員がキスイを見ていた。

「黄央高校 戦浄録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く