話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黄央高校 戦浄録

天坂コーキ

第五話 思い出は夜の中 6

「イクサの泥人形、10体の討伐を確認しました。続いて、第三の儀を始めます」

巫女服の声とともに、武具を身に着けた二体の泥人形がキスイに近づいてきた。
さっきまでの泥人形とは違って知能があるようで、様子をうかがうように周囲を回り始める。

「彼らは先ほどのイクサよりも強力な者たちです。油断するとケガでは済まないこともありますので、ご覚悟ください」

「マジで?」

巫女服の声が消えると同時に、兵隊服のイクサが突進してきた。

突き出された槍は、キスイの頭に向かって伸びてきた。
しかし、道場でさんざん鍛えられてきたキスイにとっては、遅く見える。

キスイは首だけ動かして避ける。
ギリギリを狙う余裕まであった。

再び頭に突き出された槍を同じようにかわし、戻る槍に合わせて兵隊服へと接近する。
そして、わき腹めがけて剣を振りぬいた。

それで斬れたハズだった。
しかし、剣は服の表面を滑り、その奥まで刃は届かなかった。

今までの泥人形だったなら、一撃で斬れていたのに。

キスイは顔をしかめた。

斬れると思って振り抜いた剣が斬れなかった。これは腕にはとても痛い。
空手の瓦割りでもそうであるように、振りぬけた方が、振りぬけずに止められた時より痛みは小さい。
瓦が割れないと、瓦へと向けた力がそのまま拳に返ってくるからだ。

「やっぱりこの剣ナマクラだ。泥の服も硬いみたいだし」

剣を両手で支えながら、手をグーパーして、指が動くことを確認する。

「狙うなら服の隙間か。でもほとんどないな」

それなら首を落とすか?

キスイは兵隊服の振り回してくる槍をかわし、あるいは横に受け流す。

泥の槍を受止めるたび、剣にわずかに泥がつく。
最初は気にしなかったが、五合六合と打ち合う内に剣が重くなっていく。

槍を受け止めた時によく見ると、剣が泥まみれになっていた。

「切れ味もさらに落ちるじゃんか、くっそ!」

受け止めた槍を、一歩踏み込んで押し返す。
しかし、そこで力は拮抗してしまって動けなくなった。

キスイは力の方向を微妙に変えながら、なんとか押し切ろうと力を込める。

じりじりと押し返し、ついに槍を横にはじいた。
体当たり気味に近づいて足を払う。
気持ちいいくらい勢い良くこけた泥人形の両肩にヒザをつき、首へと剣を振り下ろした。

手に確かな手ごたえを感じる。
倒した。

キスイがそう思った瞬間、鈍い衝撃が彼を襲った。

左を見ると、足軽の泥人形が刀を突き出している。
キスイは左のわき腹に、冷たさを、重さを感じた。

そして、彼は目を閉じた。
絞り出すように息を吐き、痛みに耐えながら、切れ切れに息を吸い込む。

足軽のイクサが刀を引こうとする。しかしキスイが左手でそれを押さえた。

キスイを睨みつけるように、足軽が顎を上げ、次の瞬間、その首が飛んだ。

キスイは息を吐き出しながら、押さえていた足軽の腕を離す。
足軽はそのままゆっくりと後ろへ倒れ、べちゃりと形を失った。

キスイは、泥にまみれた剣を見る。

刃で切ったのではない。剣の重さと遠心力で【し切った】のだ。

「あーあ、またやっちゃった。師範に怒られるな」

無茶をしたおかげで、右手は熱を持った痛みに襲われている。
突き込まれた左の脇腹も、痛みが強くなってきた。

キスイが口をへの字に曲げながら、服の下の脇腹を見ると、そこに泥が固まっていた。
刀が当たっていた部分を覆うように、乾いた泥がこびりついている。
しかしその下は、まだ濡れているかのようにヒンヤリしていた。

続いて右手を見てみれば、剣から伝い落ちてきた泥が、右手首を覆い始めている。
熱を持っている部分を覆い尽くすと、泥の表面はすぐに乾き、ギブスのように固くなった。

治療しているのだろうか。
泥に覆われた部分の痛みが弱くなり、熱もみるみる治まっていく。

「すっげ。これならまだ戦えるな」

そのつぶやきに応えるように、大きな泥の塊が音を立てて落ちてきた。

「それはけっこう。三の儀はまだ終わりではありません、貴方にはできる限り多くのイクサを倒していただきます」

巫女服の声が、わずかに笑っているように聞こえたのは、キスイの気のせいだったのだろうか。

――――――
その後にキスイを待っていたのは、武具装備のイクサとの連戦だった。

決して楽ではなかったが、ケガは倒したイクサの泥によってすぐに治った。
すぐに治ったが、それだけである。

連戦による肉体的・心的疲労はたまっていく一方で、最後のイクサを倒したときには、自分の体が泥になってしまったかのようにダルかった。

周囲を見て、もうイクサがいないことを確認する。
上を見て、もう泥が落ちてこないことを確認する。

それからキスイが入り口の方を覗くと、二人の大人が巫女服に詰め寄っていた。

巫女服は余裕そうだったので、特に気にせずに舞台へ飛び降り、二人の横をすり抜けた。

そしてキスイは、今に至る。

「くあぁ、……眠い……」

キスイは大きな欠伸をして、目を閉じる。

服に着いた泥が冷たくて気持ち悪い。
体についた泥が、ザラザラしている。

しかし今は、それすら気にしていられないほど眠い。

(おもい~)

どこからか聞こえる声に、キスイはうなずく。
そう。瞼も、体も、服も重い。

(沈んでく)

体が下に引っ張られるような、床がなくなって、沈んでいくような感じがする。

(はやく、しっかり!)

何が?しっかりって?

(コラ!起きろ!!)

――――――

「起きろ!!このマヌケ!」

小気味いいと音とともに、キスイの横っ面が張り倒された。

「ぶべっ!?なんだ?」

キスイが叫びながら目を開くと、そこは暗闇の中だった。

「良かった。キスイ君、気づいたね」

いっちゃんが涙声で言った。

「キスイ、早くそこから出るんだ」

「ここから出るって?……って、体が動かないんだけど」

ミレイはキスイの前に仁王立ちしている。

キスイは自分をよく見てみると、白装束ではなく、普通の服を着たままだった。
いままで体験してきたことが夢だったのか、それともこれが夢なのか、キスイは判断できない。
体はほぼ仰向けの状態で、下半身と右腕が埋まってしまっている。

「なんで俺、こんなことになってんの?」

「なんでじゃない!お前が勝手に泥に埋まったんじゃないのか!」

「キスイ君が急にいなくなっちゃって、さっきやっと見つけたの。ここ、あのお堂の中なんだよ」

そう言われて上を見ると、穴の開いた天井が見えた。
正しくは天井ではなく、床である。

落ちただけで体の半分まで埋まるなんて、まるでマンガだな。
キスイがそう思ったとき、右手が引っ張られたかのように勢いよく泥に沈んだ。

「ちょっと!キスイ君なんで沈むの!?」

「わからない!何かに引っ張られたみたいだ」

「キスイ!とにかくとにかく両腕だけでも出すんだ。それから体を引き上げろ!」

「結局全部オレの力かよ!」

「当然だ!落ちたのも埋まったのも引っ張られたのも全部キスイだからだ!」

「落ちた記憶も埋まった憶えもない!それに自分の腕を自分で引っ張るなんて器用なマネはできないぞ!」

キスイが怒鳴ると、ミレイは声のトーンを落として言った。

「だとしても、今困ってるのはキスイだけだ。私達はそこから出て来れないキスイに困らされているだけだから、このまま帰ってしまってもいいんだぞ」

「てめーは鬼か!少しは助けろよ!」

「そうだよミレイちゃん。キスイ君を助けないと!」

いっちゃんはそう言ってキスイの右肩を掴んで引っ張っている。
が、右肩を掴まれていると、キスイとしては力が入れにくかったりする。

「いっちゃん、悪りい。ちょっとだけ手を離して」

「え、でもそしたらキスイ君が…」

「ホント、大丈夫だから、少しだけ離してて」

そう頼むと、ものすごく心配そうな顔で、いっちゃんは手を離した。

キスイは深呼吸をして、気合を入れる。

「ふんっ!」

左腕は少し力を入れただけで引き抜けた。
次に、土の上に出ている上半身をひねって、なんとかうつぶせに近い体勢になる。

右腕に力を入れるが、何かに掴まれているようでビクともしない。

そうしてる間に、また強く右腕を引っ張られた。
そのせいで、体を支えていた左腕が泥ですべり、右の肩近くまで埋まってしまった。
キスイは、ひとまず右腕は後回しにして、先に下半身を引き上げることにする。
仰向けに戻り、ヌメる泥と戦いながら少しずつ足を自由にしていく。

「キスイ、これを使え!」

ミレイがそう言って投げてきたのは、いくつもの木の板だった。
おそらく、割れた床のものだろう。

大き目の板を背の下に入れて滑り止めにし、それを支えにして踏ん張る。
木の板のおかげで、さっきより力を入れやすい。
すぐに両足を泥から抜くことができた。

キスイは再び体勢を変えて、四つん這いになる。
こんどは板を、両膝と左手の下に敷いて、全身の力を込めて右腕を引く。

「キスイ君、頑張れ!」

横からいっちゃんがキスイのの右肩を掴み、一緒に引っ張る。

するとわずかに動いた。

二人が手ごたえを感じて再び力を込めると、キスイの右腕を掴んでいる何かが、反対方向に力を入れるのがわかった。

「キスイ!いっせーのせ、で引き抜くぞ!!」

ミレイがそう言って、いっちゃんの横に並ぶ。
まるで、俺の腕を使って綱引きしてるみたいだとキスイは思った。

「いっせーの!」
「「「せ!」」」

引っ張った瞬間にキスイは顔をしかめたが、何も言わずに力を込める。
やっぱりダメか?そう思った直後、わずかに腕が持ち上がった。

「もう一度だ!いくぞ!」

ミレイの掛け声に、二人がうなずく。

「「「せーのっ!」」」

わずかに、わずかに、腕が泥から抜け出てくる。

二の腕が出て、肘、そして手首が見え、気合とともに踏ん張る。
すると、勢いよく泥からキスイの右腕がすっぽ抜けた。

「やった!」

抜けた、と喜びながら、キスイは勢い余って後ろに倒れた。
その肩を掴んでいたミレイといっちゃんも、もちろん一緒に倒れる。

「びっくりした。ちゃんと抜けるときは抜けるって言ってよ!」

「それはちょっと無理だから!」

「おい、キスイ」

「ああ、ミレイもいっちゃんもありがとうな」

「いえいえ、どういたしまして」

「どういたしましてだがな、キスイ、その手は何だ?」

ミレイに言われて、キスイは自分の右手に目をやる。

右手には、髪の毛のような黒く細いモノがびっしりと巻きついていた。
しかし、重要なのはそれではない。

キスイは右手に、鈍い緑色の金属製の剣をしっかりと握っていた。

「黄央高校 戦浄録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く