話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黄央高校 戦浄録

天坂コーキ

第五話 思い出は夜の中 4

障子戸を開けた瞬間、中にいた人達と目が合った。

キスイと同じく白の単衣ひとえを着た男が二人、丸く編まれたゴザの上に座っていた。

一人は、熊みたいにゴツイ大男。無精ヒゲが生えている。
キスイのことを「なんだこいつは」という目つきでにらんでいる。
そして「こっちへ来い」とでも言うように、自分の隣にあるゴザをあごで示した。

キスイは大男の隣に、少し間を空けて座る。
座ったとたん、大きな舌打ちが聞こえた。大男のものだ。

キスイは少しムッとしたが、すぐに、大男の向こうから視線を感じて目を向けた。

もう一人は、かなり痩せた男だった。
目まで細いが、その奥から発せられる眼光は鋭い。

今はただ、確認というだけの視線をキスイに向けて、そしてすぐに前を向いた。

感じの悪い大男に、気味の悪い痩せ男か。
キスイは内心で肩をすくませながら、顔を正面に戻した。

上座、一段高くなったところに、巨大でいびつな樹の台座が置かれていた。

元は年経た大木だったのだろう、幾筋もの年輪が刻まれている。
その大きさを見て、キスイはここに来る前に会った、スサのことを連想した。

巨大で、年経た、木の男。
やはりあのスサという男は、なにか特別な存在なのだろう。

後方の障子が、乾いた音を立てて開いた。
畳を軽く踏む音が聞こえ、障子が静かに閉まる。横の二人が、緊張したように居ずまいを正した。
入ってきた者は、かすかに衣擦れの音をたてながらゆっくりと近づいて来た。
部屋の奥の襖ぞいに進み、視界の端に入って来る。

白の小袖こそで緋袴ひばかま巫女装束みこしょうぞく
前髪は一直線に切りそろえてあり、後ろは背中まである髪を和紙でひとつに束ねてある。そして、顔はやはり何かが書かれた紙で隠されていた。
見た目は、キスイと同じくらいの子供だ。

大男がまた舌打ちをした。

巫女装束は決められた作法をひとつひとつ辿るようにして座り、頭を下げた。

「みなさま」

斜めに垂れ下がった顔の紙の向こうから聞こえた声は、子供とは思えない、渋い大人のそれだった。

「まず先に、あるじの不在をお詫びいたします」

不在、という言葉に、横の二人が反応する。しかし、何か言う前に、渋い声が言葉を続けた。

「主は、選定の儀を行うのはまだ早いとのお考えでした」

なんに!ほいじゃあ……!」

「しかし!」

声を上げた大男を叱るように、和紙の顔が少し持ち上がる。

「しかし先ほど、主の承認をること叶いましたゆえ、みなさまをご案内いたすためにまかりこした次第でございます」

二人はほっとしたのか、一瞬緩んだが、すぐに思い直したように身を硬くした。

「ではみなさま、こちらへどうぞ」

そう言って巫女装束が上体を起こし、襖を開いた。
細い男は呼吸を整えて、デカイ男は気合を入れながら、キスイは時間がかかりそうなことにため息をついて、三人一斉に立ち上がった。

細い男を先頭に、大男、キスイという順で一列に襖の前へ向かう。
するとキスイの前で男達がいきなり止まった。

なにをしているのかとキスイが先を覗くと、襖の向こうを見て二人は固まっている。
横から身を乗り出すと、襖の先には広く長い下り階段と、木で組まれた、サッカーグラウンドより広い檜舞台が、いくつもの揺れる松明たいまつに照らされていた。

闇、木の階段、それにつながる舞台。
舞台は、一体何に支えられているのだろうか。
松明の灯かりが強すぎて、照らされていない部分の闇がより濃くなっている。
舞台の外は、まるで底のない奈落のようだった。

キスイは二人の男の横を抜け、階段に足を踏み出す。
欄干の上には間隔をあけて、燭台が置かれている。
足元がうす暗い場所もあるが、キスイは早足で階段を下りていく。

階段が長すぎるせいか、なかなか下につかない。
大きな踊り場について舞台を見たとき、キスイは違和感を持った。
松明に照らされて、舞台に大きな影ができている。
階段をさらに下りていくと、より影がはっきり見えてきた。

踊り場をさらに3つ過ぎて、やっと舞台と同じ高さに立った。
そこに、違和感の正体がそびえ立っていた。

キスイの目の前には、3メートルはある木の壁が立ちふさがっていた。
松明はその壁にも取り付けられている。

横幅は、舞台の端から端まで。
奥行きは、やはりサッカーグラウンドの縦幅くらいはあるようだ。

キスイに続いて、二人の男も下りてきた。

「なんっじゃ、こりゃ!?まるで平たい箱じゃ!」

「3つほど、入り口らしきものがありますね。中はどうなっているのでしょうか」

二人の男も、目の前の壁の存在感に呆然としている。

「中は、いわゆる迷路になっております」

先ほどの巫女装束が低い声で告げながら、階段をゆっくりと下りてきた。

「そして3つの入り口は、そのどれもが1つの出口へと繋がっています」

「したら、誰が一番最初に出られるか?っちゅうことじゃな」

大男の質問に、巫女装束が首を振る。

「いいえ。向こう側には、箱を1つだけ用意してございます。その中身を最初に手に取った方を、一の儀いち  ぎの勝者といたします」

「一の儀って言うと、まだ他にもいくつもあるんですか?」

キスイは儀式は一つだけだと思っていたので、思わず聞いてしまった。
巫女装束は、キスイの視線にまでしゃがんで、大切なことを教えようというような口調で言った。

「あなたがここにいるのは、あなたが選んだ結果なのです。途中で投げ出してしまったら、いままでの全てが無意味なことになりますよ」

俺は進んでここに来たわけじゃない。
キスイはそう言おうかとも思ったが、他の二人の候補者の真剣な顔と、巫女装束の雰囲気に言葉を飲み込んだ。

「もう、行ってもいいのですかね?」

細い男が、右端の入り口の前に立って言った。

「はい、どうぞ。制限時間などはございませんので」

その言葉を聞くと、細い男は何気ない足取りで入り口をくぐった。
細い男が入り口へ消えるのを見た後、大男はハッと何かに気付いたようだった。

「あの野郎、一番乗りしおって!儂もいくぞ、ええの!?」

頭を下げる巫女装束を顧みもせず、大男は真ん中の入り口へと入っていった。

巫女装束が大男を見送り、振り返ると、キスイは頭の後ろで手を組みながら、木の巨大迷路を見上げていた。

「あなたは行かないのですか?」

巫女装束の質問に、キスイは首をかしげて答えた。

「ちょっと考え事。勝負なら、やっぱり勝ちたいじゃん?」

――――――

細い男、西村比呂太にしむら ひろたが入り口をくぐると、落ちてきた木の板が入り口をふさいだ。

一つの入り口につき一人しか入れないのか。考えながら、ニシムラは首をめぐらせる。

壁は外から見たとおり、全て木でできている。金具は使われていない。
迷路の中を照らす燭台は陶器製で、金属は一切つかわれていないようだ。

調べ、考えながらニシムラは進む。
木が床に叩きつけられる音が、くぐもって聞こえた。隣の道にも誰かが入ったのだろう。
床を乱暴に踏みしめる音がすることから、あのデカイ男なのだろう。
とすると、子供は一番奥か。通路は狭いことから、子供に気をつけるべきか。

ニシムラは左手を壁につけて歩いている。時間はかかるが確実に目的地につく方法だ。

その左手が空を切る。左を見ると、自分の影に隠れるようにして、狭い隙間が空いていた。
灯かりが揺れるため見通しが悪く、変わり映えしない木目の通路。
このような視覚的なトリックだけではなく、物理的なギミックも隠されているに違いない。
多少時間がかかっても、迷わない方が賢明。
そう結論付けて、ニシムラは細い隙間をくぐりぬけた。

――――――

大男、厳島元治いつくしま がんじはイラだっていた。
体に合わない細い通路はとても不快だ。灯かりも暗い。
曲がり角も突然あるし、分かれ道もたくさんある。

通った道には破壊した燭台を使い目印をつけるているので、同じ道を通ることはない。
しかし、すでに分かれ道のほとんどを通りつくしていたが、また、同じ道に戻ってきてしまったようだ。

目の前には、十字路がある。
右が一番最初に通った道。正面が、右と繋がっていて戻ってきた道。

ならば左が正解かと勢い込んだものの、結局戻って来てしまった。

後ろは、イツクシマが通って来た道だ。
ここまでの道は、全て通りつくしてあるハズだ。

道はもう無いのか?しかし、必ず出口まで続いていると、あの巫女服は言っていた。

「どこに道があるってんだ!!」

拳骨げんこつを壁に叩き込む。
乾いた音が響き、木の屑が舞った。
壁は思った以上に簡単に割れてしまった。

「根性の無いヤツだ」

壁が壊れたことを、壁自体のせいにしてその場を離れようとした時、壊れた壁の向こうに、通路が見えた。

そうか、とにかく向こうに着けばいいのだったな。

イツクシマはニヤリと笑って、壁にさらに拳骨を叩き込んだ。


「黄央高校 戦浄録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く