話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黄央高校 戦浄録

天坂コーキ

黄央第4話 陰の剣 6

千住小梅せんじゅ こうめは、どこにでもいる普通の女の子だった。

ごく普通の家庭に産まれて、ごく普通の幼少時代を過ごし、ごく普通に高校へと進学した。

ごく普通に友人がいて、ごく普通に恋をしたこともあり、そして、ごく普通にアイドルに憧れた。

コウメにとって普通じゃなかったことは、彼女が入学した黄金原中央高校こがねはらちゅうおうこうこうには、本物の芸能人がいたことだった。

その芸能人、志島井弦しじまいづるは、最初はそれと気がつかないくらい、普通の高校生に見えた。
しかし、人の口に戸は立てられない。
彼が芸能人だという話は、友人を介してすぐにコウメへと伝わった。

コウメは積極的に彼へと近づこうとしたが、当然、障害はものすごく大きかった。
彼の所属する風紀委員会へは、女子の希望者が殺到していた。

校内の霊障への対応も行っているという特殊性から、ふるいわけも行われたが、コウメはそこで弾かれる側だった。

普通の女子生徒なら、そこで諦めて、周囲で騒ぐだけのグループに入るはずであった。

しかし、コウメが憧れていたのはアイドルであって、イヅル本人ではなかった。
彼から芸能関係の話を聞くだけなら、なにも友人レベルまで近づく必要はない。
ごく普通の話をできる立場になるだけでいいのだ。

そこでコウメが選んだ道は、風紀委員会とほぼ同じような活動をしている部、浄霊部じょうれいぶに所属することだった。

「部活動は大変だったよ、友達もたくさん辞めちゃったし。でもさ、あたしは、諦めたくなかったから」

黒い煙とビデオテープがただよう空間の中。
背後から、周囲から、正面から強烈な視線を感じながら、コウメは立っていた。

「夢のためなら、どんなつらい特訓だって耐えられた。イヅル先輩に、本物のアイドルの姿も見せてもらえた。普段の練習も、オーディションの時も、とても辛くて大変そうだった。でもみんな、自分の夢のために、すっごい頑張ってた」

黒いヴェールの只中に、コウメは1人で立っている。
イヅルも、シウンも姿は見えない。
キスイもどこかへ行ってしまった。
それでも、コウメはしっかりと立っている。

「あたしは、頑張っているんだ。だから毎日楽しいし、うれしいこともいっぱいある。がんばることは、楽しいんだ。頑張ってるあたしを、あたしは、みんなに見て欲しい!」

自分を見るなと言った、お前を見ていると言ったテープの女へ向けて、コウメは胸を張って宣言する。

「あたしは、頑張っているみんなに、うまくいかない暗闇の中にいるみんなに、希望を届けるアイドルになるんだ!普通のあたしでも頑張れば輝けるんだって、夜空に輝く星みたいにライク・ア・スターみんなに教えてあげるんだ!」

コウメが、手に持った玉櫛を高く掲げる。

「みんな!あたしはここにいるよ!」

――――――

「あたしを見つけて!」

キスイは、コウメの声が聞こえた方を向いた。

黒いヴェールのその向こうに、白い巫女装束をきたコウメの姿が見えた。
暗い空間にしっかりと立つ彼女は、薄っすらと光っているようにも見えた。

そして気がついた。
首筋に張り付いていた悪寒が消えている。

ビデオテープのヴェールも薄くなっているようだ。
周囲を見回すと、すぐ近くで腕組みをして立っているシウンを見つけた。

「キスイ、そろそろマジメにやんないと、出番がなくなっちゃうわよ」

シウンが視線だけを向けて言う。

「わかってる。これからやろうとしたところだよ」

むくれるキスイへ、シウンは小さな白いものを投げ渡す。

「ならコレを使いなさい。すぐにあいつの本体が現れるわ」

キスイは受け止めたそれを、目の前につまみあげた。
うずらの卵くらいの大きさの、白い小さなカプセルだ。

「『可能性の卵エンブリオ』。君にとって強力な切り札になるアイテムよ」

「これをどう使えば?」

「割ればいいの。中に入っている『ちから』を使えば、キスイの本当の力をちょっとだけ引き出すことができるわ」

シウンの言葉に、キスイは顔を引き締める。

「アレを使えっての?」

「君も頑張ってきたんでしょ?なら、少しは使いこなせるようになってるわよ」

キスイは可能性の卵エンブリオをにぎりしめると、深呼吸をした。
自分の中の自分へと、疑問を投げかけ答えを待つ。
そして、決意と共に口を開いた。

「わかったよ。ここまでの大物だったなら、確かにそれしかないだろうしね」

――――――

コウメは、強烈な視線と戦っていた。
周囲360度、全方向から自分を見つめる、形のない気配を感じる。
背筋を悪寒が這い回り、足が震えそうになるのを必死に止めている。

そのコウメの背後へ、ビデオテープが集まり始めた。

姿を現したテープの女は、自信を囲むようにテープを展開する。
黒い煙のようなものを纏いつかせながら、ビデオテープは球体をかたどり始めた。
それはまるで、大きな眼球のようにも見えた。

黒い眼球は、自身から伸びるビデオテープを、ゆっくりとコウメの背後へと伸ばし始めた。

周囲に漂うビデオテープも、コウメに向かって近づいてくる。

コウメは、絡みつくような視線に、歯の根が合わなくなりそうなのを必死でこらえる。

(強く輝く姿を見せることが、アイドルの仕事なんだ)

しかしそのコウメの姿も、集まりつつあるビデオテープによって隠されようとしていた。

ゆっくりとビデオテープに覆われていくコウメの視界の端に、小さな光が輝くのが見えた。

「全員、伏せて!」

シウンの声が、体育館中に響く。

キスイが、剣を腰だめに構えている。
そして、唄うように、呪言を唱え始めた。

万人ばんにん幾千いくせんからなる恨みやつらみ、そのあまねく全てを十握剣とつかのつるぎ一振ひとふって、無限のちりへとはらう!」

キスイが剣を抜くと、それは炎を照り返すように輝いた。

「見よ!これこそが我が道を拓く力!神剣しんけん草薙ノ剣くさなぎのつるぎ』!」

その剣が、コウメには、闇を切り裂く炎に見えた。

シウンに言われてしゃがんだコウメの頭上を、燃えるような一閃が走り抜ける。

周囲にわだかまる黒い煙も、せまりつつあったビデオテープも、全て燃やして吹き飛ばされた。

そしてビデオテープの女も

「      」

何かを叫びながら、しかし声にならずに燃えていった。

「黄央高校 戦浄録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く