話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黄央高校 戦浄録

天坂コーキ

黄央第4話 陰の剣 2

モモヤが最後に生徒会室に入ると、ミレイはすでに奥のイスに座っていた。サキはミレイの横に立っている。

モモヤが横に並ぶのを待って、キスイが報告を始める。

「モノは回収した。中身を見ると呪われるらしいので、まだ確認してない」

「確認の必要はありません」

キスイの言葉が終わると同時に、サキが言った。

「色、文字、型。全て情報の通りです」

そう言った声は、どこか弱弱しく、顔色もよくない。

「それ、どっからの情報スか?」

不審な気配を感じ取ったモモヤが聞くと、隣にいるキスイが目だけでにらんだ。
キスイからの圧力の理由がわからず内心うろたえたモモヤに、その様子に気づかないサキが答える。

「わたし自身からです」

サキはそう言ってうつむいた。

モモヤはつい先ほどのことを思い出す。
キスイ先輩はビデオテープについて詳しいことを言わなかった。
つまりミレイ会長とサキ先輩には言わなくても通じると分かっていた。
ということは、アマサト先生に会いに行く前に、ミレイ会長から同じような話を聞いていたのだろう。
そのことに思い至り、先ほどの不用意な発言を後悔した。

モモヤは、急に重くなってしまった空気を振り払おうと、質問を続ける。

「つまりー、見たってことスか?」

「……ハイ。昨夜」

力なく答えるサキを庇うように、ミレイが立ち上がった。

「私の屋敷にそれが届けられたのだよ。挑発の手紙とともにな」

ミレイに普段と変わった様子は見られない。ならばと考えモモヤは続ける。

「それをサニワさんが毒見して?」

「いや、一緒に見た。私が脅しに負けるわけにはいかない」

ミレイは本当になにもないようだ。具合の悪いサキを気遣う余裕すらなくなっていない。

「何か影響は?ないっスかね?」

ミレイはサキをちょっと見た。
サキはその視線を避けるように、窓の外を見ている。

「サキがな、ずっとこんな調子だ」

「外になにかいるんスか?」

モモヤは窓へ近づいたが、特に変わった様子はなかった。

サキを見ると、心ここにあらずという感じで、窓の外を見たまま動かないでいる。

何かいるのだろうかとモモヤが窓を開けると、後ろから息をのむ音が聞こえた。

振り返るとサキと目が合い、サキが恥じるように視線を逸らした。

「外には何もないっスね。霊気もたぶんありません」

窓を閉めてから戻ると、またキスイににらまれた。

モモヤが戻ってくると、今度はキスイが口を開く。

「さっき会ってきたアマサト先生も、サキと似たような感じだった。保健室の周りも気をつけてみたが、霊気も人の気配もなかった。つまり、外ではなく意識の中になにかがいるってことになる」

キスイが自分の頭を指差して言った。

「やはりサキに憑いているのか。私ではなく弱いものを狙うとは、卑怯者め」

ミレイが腹立たしそうに言う。

「アマサト先生にも憑いてたみたいスから、見た人に見境なくってヤツだと思うっス」

「では私には何故憑いていない?」

ミレイの当然の疑問に、二人が同時に答える。

「人によるが」

「たぶん、鈍k、ゲフッ……!」

モモヤの言葉が終わる前に、キスイの裏拳がボディに打ち込まれた。

「意志力の問題だ。ミレイは、誰にも屈しないだろ。だから憑かれないんだよ」

ミレイはキスイの言葉に納得したようにうなずいた。

「それで、キスイ、サキに憑いているモノを祓うことはできないのか?」

「俺はやり方は知らない。専門家に頼むのが一番安全で確実だな」

「プロか。わかった、調べさせよう」

「いや、それについては心当りがいる。その人から頼んでもらったほうが話が早いだろう」

「そうか、ではキスイに任せよう。次にモモヤ、今、風紀委員に他にも被害者がいないか探させているから、お前もそれに協力しろ」

「了解でス!」

「私へ届けられたものと、アマサト先生の手に渡ったもの。二つあったということは、それ以上あってもおかしくないということだ。ますます急がないといけなくなった。二人とも頼んだぞ」

ミレイの言葉に、キスイとモモヤは力強くうなずいた。

ーーー

黄央高校、第二体育館。
ここは第一体育館よりも少々狭いものの、それでも動き回るのには十分なスペースが確保されている。

今は半面を広くとって卓球台が3台並べられているが、使われているのは中央の1台だけだった。
いや、他の2台にも卓球部員がついてはいるのだが、中央で行われている試合に、他の部員ともども見入っているのだ。

その中央の台でピンポン玉を打ち合っているのは、大人の女性と小柄な女子生徒。
大人の女性、希ノ宮 紫雲きのみやしうんは体操着を着てジャージを穿いている。髪は頭の後ろでコンパクトにまとめられていて、すこしのほつれもない。
汗ばんだ体操着は胸部の膨らみにそってはりついていて、下着の柄まではっきりとわかる。

もう片方の女子生徒は、千住 小梅せんじゅ こうめといって、浄霊部の部長である。
こちらも体操着を着ているが、下はなぜかブルマを穿いている。学校指定ではないのに、わざわざ自分で用意してきているのだ。
長い髪は高い位置でツインテールにまとめられていて、彼女が動くたびにワサワサと大きく揺れている。

そんな二人の勝負は、一進一退のハイレベルな試合運びだった。

最初は二人の肩書き――中途半端な時期に入ってきた謎の新人女教師と、何かと話題の浄霊部のマスコット――の珍しさから注目していた生徒達は、今は二人の見た目よりも、その勝負の行方から目が離せなくなっていた。

見学者ギャラリーは卓球部の生徒だけではない。
体育館の残りの半面を使っていたバドミントン部や、話を聞いたヒマな生徒達が人垣をつくるまでになっている。

そんな彼らの後方、体育館の壁に背をつけて、二人の男子生徒が立っていた。

「なあ、イヅル」

飛び交うピンポン玉を目で追いながら、大宮 騎翠おおみやきすいが話しかける。

「なんだい?キー君」

同じく、視線をうごかしながら、志島 井弦しじまいづるが返事をした。

「ちょ……!キー君って、おまえなあ」

「あそこで部長と戦ってる人から教わったんだ。そんな風に呼ばれてたんだね」

「説明しなくても分かるつーの。それより分からないのは、なんであの人と浄霊部部長がガチで戦ってるのかだ」

キスイの質問が聞こえていないように、イヅルは試合を見つめている。

「ものすごくいい勝負だよね。どっちが勝つかな」

「そうじゃなくて、理由は?」

「え?なに?」

「決闘の理由だよ。なんで浄霊部の部長と本職の退魔師がバトってるんだよ」

キスイの言葉とともに、ギャラリーから歓声が上がる。
どうやら浄霊部部長――コウメ――が今のラリーを競り勝ったらしい。
しかし真剣な表情を崩さないまま、次のサーブにはいる。

「部長がさ、本職の実力を見てみたいって言ったんだよ。だから……」

どよめきで会話が中断される。
シウンがリターンエースを決めたようだ。
会場の雰囲気は大いに盛り上がっている。

「そっちの部長がシウン……先生に挑戦した。オーケー、そこまではわかった。で?」

「で?」

「いや、実力を見るためにバトるってのはとてもよくわかるんだ。でもさ、なんで『ここ』で、『これ』なんだよ!?」

異常な熱気に包まれる第二体育館のなかで、二人の女性は壮絶な勝負を繰り広げていた。
静かな、とても静かな戦いだ。

オレンジ色の球が高速でシウンとコウメの間を行き交い、その球が台に跳ね、ラケットに弾かれる。
その音が単調に、等速に、高速に繰り返される。

「挑んだのは部長だったんだけど、卓球勝負にしようって言ったのはキノミヤ先生の方なんだ。ケガも遺恨も残らないような勝負方法にしようって言ってね」

「たしかに、殴り合いじゃあシ……先生の方が勝つに決まってるしな」

キスイがうなずいた時、ひときわ大きな歓声が上がった。

たまたま、ほんとに偶然だろう。シウンのラケットがオレンジ色の球をズレた角度で弾き、しかし台に届いた球を、タイミングをハズされたコウメはとらえることができなかった。

とっさに返したラケットはわずかに届かず、ピンポン球が床に跳ねた。

「参りました」

床に跳ねる玉を見送った後、コウメがゆっくりと頭を下げる。
それにシウンも礼を返した。

「おお」とも、「ああ」とも聞こえるため息がギャラリーから漏れた。

「今ので決着か」

「そうだね3-0で先生の勝ち」

ギャラリーからは賞賛の拍手が惜しみなく送られる。
競い合った二人は、卓球台の横で握手を交わした。

拍手が落ち着いたところで、コウメが口を開いた。

「さすがです。油断も隙もなく、運も実力もあるのが本物なんですね」

シウンがそれに応えようとしたが、コウメはさらに先を続ける。

「……でも、あたしは負けません!」

強く言い切ると、握手をしているシウンの手を、両手でさらにしっかりと握る。

「キノミヤ先生!あたしはいつか絶対にあなたに勝てるような退魔師になってみせます」

ギャラリーから大きな拍手があがった。

シウンの手を握ったまま、拍手に応えるように腕を高くあげるコウメ。

場の主導権を握られて、戸惑いをわずかに隠しきれていないシウンの顔は、キスイにとって、とても珍しいものだった。

「黄央高校 戦浄録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く