The Aquarium of PotatoFish and memories

ノコギリギリギリ

Ⅳ.Sand mill hut Dwarves

 水槽に映った思い出の回想が終わる。ポテトフィッシュは興味が尽きたように水槽の端へ泳いでいった。
 忘れていく思い出をここで思い出す。きっと思い出を思い出す事そのものさえもいつかは遠い過去の思い出となってしまうのだろう。
 今日も雨だ。あと二日くらいは降り続くであろう、ごろごろと雷の鳴る雨。彼が戻ってくる頃にはもう空は普段の青い空に戻っているであろう。
 雨の日は流石にオアシスの魔女も来ないからゆっくり釣りに専念できる。いいことだ。
 釣り糸をたらして、しばらくして獲物が掛かった瞬間、釣り上げる。今日も釣れれば問題はない。明日も元気に過せる。
 たらした釣り糸がもう引かれているようだ。この引きは魚とは違うが――何であっても釣り上げてそれからでいい。
 まずは、結果を見ようではないか。

「The Aquarium of PotatoFish and memories」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く