転生ヒロイン、今日もフラグを折るために奮闘する

神無乃愛

懐かしい人との再会

 捨てる神あれば拾う神ありとはよく言ったものである。
「院長先生!!」
 どうやら本日は月に一度の孤児院の買い物日だったようだ。
「……その声は……アーデ……アーデルヘイトかい?」
「はいっ。ご無沙汰しておりました」
 敬礼しそうになるのを止めて、にこりと笑う。
「何ということだい。こんなに痩せて……」
 そう言って孤児院の責任者であるヤンが、アーデルヘイトの頭を撫でた。
「今年から魔法学院へ通うことになりました」
 ヤンと街中を歩きながら、とりあえず今までのことを軽く説明する。
「アーデ……君さえよければ、週末だけでいいから勉強を教えに孤児院へ来ないかい? 少ないけど給金を出すよ。それがあれば食事には困らないはずだ」
 ヤンの瞳はどこまでも真剣だった。
「……一応、学院に言ってみます」
「僕からも口ぞえしておこう。寮はウィッツ?」
「いえ」
「じゃあ、ロード?」
 ウィッツはオランダ語で白。そして学院内の寮では貴族が住むところで、ロードは同じく赤を意味し、平民の寮となっている。
 いぶかしむヤンに、アーデルヘイトは掘っ立て小屋と伝えた。
「アーデ、僕は荷物を置いたら学院へ向かう。門のところで待ち合わせをしよう」
 有無を言わせぬ勢いでヤンが言う。アーデルヘイトは頷くしかなかった。

 所持金も少ないので、アーデルヘイトはそこらへんの屋台で食事をとった。


「アーデ、待ったよ」
 何をどうしたらご飯を食べただけのアーデルヘイトよりも早く学院に着くというのか、アーデルヘイトはヤンに問いただしてみたくなった。
「守衛さんに聞いたけど学院長は替わってないようだね。僕もここの卒業生だよ。転移呪文があれば簡単なことだよ」
 そう簡単にいかないことくらい、アーデルヘイトだって分かる。
「アーデの属性聞いていい?」
 話をすりかえるが如く、ヤンが言う。
「土、火、水、闇です」

「四属性、しかも闇持ちか。どうやっても王家からは逃れられないか」
 しかし、この言葉がアーデルヘイトの耳に入ることはなかった。


「転生ヒロイン、今日もフラグを折るために奮闘する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く