終わった世界の復讐者 ―僕はゾンビを操ってクラスメイト達に復讐する―

触手マスター佐堂@美少女

第78話 食事会


「亜樹。お前に聞きたいことがある」
「聞きたいこと、ね」

 亜樹はトバリの言葉を反芻する。
 その頭の中でどのような考えが巡っているのか、トバリには知る由もない。

「とりあえずいらっしゃいな。わたしに聞きたいことがあるって言うのなら中で聞いてあげるわ」
「……ああ」

 亜樹は拍子抜けするほど素直に応じた。
 それを少し不気味に思いながらも、トバリは足を進めるしかない。

 亜樹に促されるまま、トバリは屋敷の中へと足を踏み入れる。
 もちろん、三田たちの動きは止めたままだ。
 足だけは動かせるようにしてあるが。

「……つぎに『ティファレト』をおそうようなことがあれば、ころす」

 屋敷の中に入る直前、日向は全く殺気を隠そうとはせずに、トバリにそう言い捨てた。
 トバリを睨む目には、もはや色濃い殺意しかない。

 トバリとしてもこれくらいが普通の反応だと思うのだが、三田と琴羽は割と冷静だった。
 法衣の女は、日向ほどではないにせよ、トバリに敵意を向けていたが。

 とはいえ、三田はセフィラで買収されたようなものだし、琴羽に至っては既に『セフィロトの樹』を裏切っている。
 案外そんなものなのかもしれない。

「まったく。大げさなんだから」

 だから、この女のこの態度も相当異常だ。
 普通あんなことをされれば、少しくらい恐怖を感じて然るべきだろう。

 亜樹も拘束しようかと考えたが、やめておいた。
 それがどうしてなのかはわからない。
 ただなんとなく、そのほうが話が通じるのではないかと思ったのだ。
 いざとなったらいつでも能力を使えるのだから、大丈夫だろう。

 屋敷の中はトバリの記憶にあるものと大して変わらない。
 壁や絨毯の床には汚れ一つなく、清掃が行き届いているのがわかる。
 その財力を見せつけるかのように、廊下のいたるところに高級そうな壺や絵が飾ってあった。

「トバリ。お願いがあるんだけど」

 突然、亜樹が琴羽のほうを眺めながら口を開いた。

「少しだけ『峻厳ゲブラー』を借りていってもいいかしら?」

 亜樹の言葉を聞いたのだろうか、琴羽がビクッと身体を震わせる。
 その表情はひどく怯えているように見えた。

「なんでだ?」
「ちょっとね」

 亜樹は答えをはぐらかした。
 素直に言うつもりはないらしい。

「……まあいいけど、拘束は解かないぞ」
「それでいいわ。ありがとう」

 亜樹がお礼を言うと、奥の方から何人かメイドが出てきた。
 見目は整っているが、その顔に生気はない。
 ゾンビだろうか。

 亜樹はメイドの一人に何事か耳打ちする。
 その言葉に彼女は頷き、メイドたちは有無を言わさぬ様子で琴羽を連れて行った。
 そんな彼女たちの姿に、トバリは違和感を覚える。

「なぁ、アレってゾンビか?」
「違うわ。うちのメイドたちよ」
「……そうか」

 ただの人間の割には生気を感じなかったが、まあいい。
 少し気になるのは事実だが、今は他に優先するべきことが多すぎる。

 亜樹に連れられるまま、やがてトバリたちは大きな扉の前に辿り着いた。

「みんなお腹すいたでしょう? お昼ご飯にしましょう」





 扉の奥には、巨大な長いテーブルがあった。
 真っ白なテーブルクロスの上には、高級そうな料理が所狭しと並んでいる。
 パンデミックが起きてからは、目にすることのなかったものばかりだ。
 スープから湯気が出ているところを見ると、できてからそれほど時間も経っていないらしい。

 椅子の数もかなり多い。
 どうやらここは食堂のようだった。

「さあ、座って座って」

 亜樹は微笑みながらトバリに促す。
 椅子を引いたのは一番奥の右端の席だった。
 そのすぐ隣、一番奥にあるのは亜樹の席だろうか。
 全ての席が見渡せるようになっている場所だし、椅子が一つだけ違う。

「僕の分もあるのか?」
「もちろん。のけ者になんてしないわよ」

 亜樹は、何を当たり前のことを、とでも言うかのような顔をしていた。

「わたしに聞きたいことがあるんでしょう? ついでに何か食べながらでも変わらないと思うけど」
「…………」

 それは、たしかにその通りだ。
 だが、敵の本拠地で出てきた飯を無警戒で食べるほど、トバリは平和ボケしているつもりはない。

「……皿をお前のと代えろ」
「毒なんて入れてないわよ……。はい、どうぞ」

 亜樹は呆れたように声を漏らすと、自分とトバリの分の皿を代えていく。
 怪しい動きをする様子はなかった。
 どうやら本当に何も入れていないようだ。

 亜樹が腰掛けるのを見て、トバリも椅子に座った。
 座り心地は悪くない。
 一部から敵意の視線を向けられているのが、少し煩わしいくらいだ。

 三田たちも勝手に席についていた。
 足だけは自由にしてあるので、座ること自体は可能だろう。
 どうせ足を動かせるだけでは、食事をとることもできない。
 大したことではないと思い、視線を亜樹の方へ戻した。

「そういえばトバリ。もうわたしのことが怖くないのね」
「…………」

 せめてもの抵抗として、黙秘権を行使することにした。
 というより、やはり怖がられているのは感じていたようだ。

 しかし、今は全く怖くない。
 というよりも、何を怖がっていたのかがわからなくなっていた。
 むしろ亜樹と一緒にいると、不思議な安堵感すら覚える。

「化け物が人間に高さを合わせて話をするのは、大変だったんだろうな」
「ふふ。トバリがこちら側に来てくれて嬉しいわ」

 亜樹がコロコロと笑う。
 その表情はあまりにも自然で、穏やかなものだった。

「それで、なにが聞きたいの?」
「ああ。お前は、中西と佐々木の居場所を知らないか?」
「……ちょっと待ってて」

 トバリがそう尋ねると、亜樹は目を閉じた。
 一見すると、眠ってしまったかのように見える。

 しかし、そうではないのはなんとなくわかった。
 亜樹は今、間違いなく何かをしている。
 今のトバリにはそれがわかるのだ。

「……なるほど。だいたいわかったわ」
「なんだそりゃ」

 やがて亜樹が目を開けると、そんなことを言った。
 いったい何がわかったというのか。

「中西くんと佐々木くんの居場所は……それを教える前に、わたしもトバリにお願いがあるの」
「なに?」

 肝心なことを言う前に、亜樹はそんなことを言い出した。
 逸る気持ちを抑えながら、トバリは彼女の次の発言を待つ。

 しかし、そんなトバリの耳に飛び込んできたのは、彼が想像だにしていなかった言葉だった。



「――トバリも、『セフィロトの樹』に入らない?」



「終わった世界の復讐者 ―僕はゾンビを操ってクラスメイト達に復讐する―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く