終わった世界の復讐者 ―僕はゾンビを操ってクラスメイト達に復讐する―

触手マスター佐堂@美少女

第41話 『知恵(コクマー)』VS三田


 三田は慎重な足取りで、階段を降りていく。

 スーパーの中は、不気味なほどの静寂に包まれている。
 先ほどから断続的に聞こえていた声や戦闘音が途切れていた。

 嫌な予感を押し殺して、先へと進む。
 どんなことになっているのだとしても、進まなければならない。
 それが、三田に与えられている唯一の選択肢なのだから。

「……これは」

 一階には、悲惨な光景が広がっていた。
 そこらじゅうに身体に穴の開いた死体が散乱しており、赤黒い血を垂れ流している。
 生きている人間は一人もいない。

「……」

 この惨状は、法衣の男の仕業と見て間違いないだろう。
 しかも、死体の損傷具合から見て、法衣の男は何か特殊な攻撃方法を持っている。
 ただの人間が、人間の身体にこれほどの大きな穴を開けられる何かを持っているはずがないのだから。

 生きている人間の気配はなかったが、法衣の男の気配もない。
 つまり、奴は今、地下一階にいるということだ。

 額から滲み出てくる汗を、腕でぬぐう。
 この先に広がっているであろう光景を想像して、軽い吐き気に襲われていた。

 死体に慣れているとは言え、ここにあるのは全て見覚えのある顔の死体ばかりだ。
 さすがの三田も、心にくるものがあった。

「……すまない」

 一人一人の顔を確認しながら、三田は死体の頭を金属バットで殴り潰していく。
 死体たちの頭は、そのほとんどが無傷のままだ。
 このままでは、ゾンビとなって起き上がってしまう。
 そんな冒涜ぼうとくだけは、許容するわけにはいかなかった。

「……はぁー」

 やがて全ての死体の頭を潰し終えると、三田は長い息を吐く。
 そして、地下一階へと繋がる階段へと足を向けた。





 地下一階も、一階と大して変わらない。
 女と子供たちのために整備した区画だからか、小さなおもちゃなどが辺りに散乱しているが、違うのはそれぐらいだ。

 一階にあったのと同じような、腹部に穴が開いた死体が多い。
 その頭を一つずつ潰しながら、先へと進んでいく。

 やはり、生きている人間の気配はない。
 しかし三田は、奥の方から嫌な気配を感じていた。



 ――いる。



 そんな確信を胸に抱きながら、三田はさらに先へと進む。

 やがて、少し広い場所へと出た。
 住民たちの憩いの場だった場所だ。

 三田も何度か来たことがある。
 子供たちが戯れるのを、母親たちが他愛のない話をしながら見守っていた。



 そんな場所で、法衣の男が死肉を咀嚼そしゃくしていた。



「ぁあぁあぁあ……忌々(いまいま)しい……忌々しい忌々しい忌々しいぃい……!」

 身の毛がよだつような音を発しながらも、法衣の男が三田の接近に気付いた様子はない。
 その原因は、法衣の男が怒りで我を忘れているからだ。

「まったく、こんなカス共にこのわたしが傷をつけられるなど、あってはならないことだというのに……また新しい法衣を用意しなければいけませんね……こんな蛆虫うじむしにも劣る害虫共の血で汚れた服など、神への冒涜ぼうとくにも等しい……ぁあ汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い汚い」

 意味不明な言葉を羅列しながらも、法衣の男は人間の腕を噛み千切り、その肉を食べ続けていた。
 白かった法衣も、今は赤黒い血でべったりと汚れてしまっている。

 それは明らかに、まともな人間ではなかった。
 狂人と呼ぶことすらおこがましいと感じさせるその姿に、嫌悪感が湧き上がってくるのを抑えきれない。

「…………」

 三田はふところから拳銃を取り出した。
 パンデミックの初期に、警官のゾンビから奪い取ったものだ。

 一応拳銃を扱うことはできるが、法衣の男との距離はそこまで近いわけではない。
 外すこともあり得る距離だった。

「…………」

 拳銃を持つ手が、わずかに震えている。
 目の前にいる化け物に、自分は恐怖しているのだ。

 ……それでいい。
 それは人間として必要な感情だ。
 それすらもなくなったとき、人間は破滅するのだから。

 三田は両手で拳銃を構える。
 狙いを外さないように、慎重に標準を定めていく。
 そして、

「――――!」

 三田の拳銃が火を噴いた。
 放たれた銃弾は、寸分の狂いもなく法衣の男の頭部に吸い込まれていく。



 そして、鈍い音とともに、銃弾が法衣の男の頭をえぐった。



 重い一撃を受けて、法衣の男の身体が傾く。
 そのままゆっくりと体勢が崩れていき――、

「……そこにいるのは、誰ですか?」

 法衣の男は、幽鬼のごとくゆらりと顔を上げた。
 その瞳は、いまだに鈍い光りを灯している。

「ちっ……!」

 頭から血は流れているが、致命傷を与えるには至らなかったようだ。
 すぐに物陰に隠れて距離を取る。

 住民たちが生活に使っていたお陰で、家具や棚などの遮蔽物は多い。
 今はそれがありがたかった。

 法衣の男は、ゆっくりと辺りを見回す。
 そして、三田が隠れている棚の裏を凝視した。

「おやおやおやおや……どうやらまだゴミ虫が紛れ込んでいるみたいですねぇ……すぐに殺して差し上げなくては……!」

 不自然な体勢で三田のほうを見て、殺意をたぎらせる法衣の男。
 その姿は、まさに死神と呼ぶにふさわしい。

 三田は拳銃を構えて、法衣の男を迎え撃つべく覚悟を決めていた。

「ゴミ虫……ね。むしろ、頭のおかしい狂信者であるお前にこそふさわしい呼び名だな、法衣の男よ」

 三田は素早く物陰から出て、法衣の男へ拳銃を向ける。
 法衣の男は、そんな三田へあまりにも無機質な視線を浴びせた。

「――――」

 再び、三田の手に握られた拳銃が鳴る。
 しかし今度は、その銃弾が法衣の男の頭へと吸い込まれていくことはなかった。

「黙りなさい。神の救いを受け入れようともしない愚か者どもめが。あなたたち劣等に、我々の高等な考えなど欠片たりとも理解できないのでしょうね……」
「なっ……!?」

 法衣の男は物憂げな表情でそう語る。
 だが、三田はそんなことに驚いていたのではない。

「銃弾を……逸らした……?」

 奴の法衣の下から触手が伸び、三田が放った銃弾の軌道を逸らしていた。
 生身の人間であるはずの法衣の男からなぜそんなものが生えているのか、驚きを禁じ得ない。

 いや、それよりも驚くべきなのは、あの触手の反応速度とその硬さだ。
 いとも簡単に銃弾の軌道を逸らしたそれは、法衣の男の元でぬるぬると蠢いている。

「おとなしく、神の救いを受け入れなさい」
「くっ……!」

 法衣の男が、恐るべき速さで触手を伸ばしてきた。
 慌ててそれを回避する。

 異常とも言えるスピードで迫ってきたそれは、三田の後ろにあったタンスをいともたやすく貫通した。

「……ッ!?」

 その光景を見て、三田はそこらじゅうにあった穴の開いた死体を思い出す。
 彼らの死因はいまいち判然としなかったが、今、目の前を通り過ぎていったモノを見れば一目瞭然だ。

 彼らは、あれに身体を貫かれたのだろう。
 尋常ではないスピードで迫ってくる触手を避けるのは、男たちには難しかったに違いない。

 そしてそれは、三田も例外ではない。
 このままではいずれ、あの死体たちと同じような最期を迎えることになる。

「クソ……っ!!」

 触手がこちらを狙った隙を見計らい、拳銃で応戦するが、法衣の男はそでの隙間から新たな触手を伸ばして銃弾の軌道を逸らす。

「無駄なことを……。あなたでは、わたしを殺せない。大人しく神の救いを受け入れたらどうですか?」
「ふざ……けるな……っ!!」

 迫り来る触手を回避し、拳銃に弾を補充しながら、三田は悪態を吐いた。

 ……考えろ。
 その思考の先に、必ずこの状況を打開できる何かがある。

 再び発砲したが、これも触手で軌道を逸らされた。
 何度やっても、結果は同じだ。

「……ん?」

 拳銃を逸らした触手をよく見てみると、肉が抉れた跡があった。
 さすがに、あの触手をもってしても拳銃の一撃を完璧に受けきるのは難しいようだ。

 法衣の男相手に、短距離戦を挑むのは無謀と言わざるを得ない。
 相手には異常とも言えるほどの手数がある。

 手数があるだけならまだよかったが、法衣の男の触手を操るスピードは、ゾンビ共とは比べものにならないほど速い。
 接近戦では、どう考えても勝ち目はない。

 つまりこのまま長距離戦を続けるしかないのだが、三田が持つ拳銃の弾も無限にあるわけではない。
 弾の残数はおよそ二十といったところだ。

 さらにどうやら、法衣の男の頭は通常の人間のそれよりも硬いらしい。
 それは、先ほどまともに銃弾を食らったにもかかわらず、普通に動いている法衣の男の様子を見ても明らかだ。

 それらの要素を全て踏まえて、法衣の男を倒す方法は――ある。

「ようやく、神の救いを受け入れる気になりましたか?」

 動かない三田に向かって、再び法衣の男が触手を伸ばしてくる。
 それをすんでのところで回避しつつ、三田は法衣の男に発砲した。

「無駄なことを――!」

 銃弾を逸らし、法衣の男が三田のほうへと触手を伸ばす。
 触手は三田の後ろにあったキャビネットを貫通した。

 法衣の男は触手を手元へ戻そうとしたが、

「っ!?」

 その摩擦でキャビネットが倒れ、数本の触手がその下敷きになってしまった。

「ちっ!」

 倒れたキャビネットの下敷きになったそれを抜くために、法衣の男の意識が一瞬だけそちらに逸れる。
 そして、一瞬だけでも意識が逸れれば十分だった。

 そのタイミングを見計らい、三田は拳銃を発砲する。

「――――」

 そしてそれは、今度こそ法衣の男を仕留めた。
 動きを止めた法衣の男の身体が、ゆっくりと崩れ落ちていく。

 銃弾は、法衣の男の頭ではなく、に着弾していた。

「……ふー」

 終わった。
 そんな実感とともに、身体から力が抜けていく。

 どれだけ人体を強化していようが、人間にはわかりやすい弱点がある。
 眼球はそのうちの一つだ。

 かなり危ない綱渡りだったが、なんとか法衣の男を倒すことができた。

「さて、撤収す――」

 三田のそんな言葉はしかし、最後まで続くことはなかった。





「ああ、まったく。愚かしいにも程がある」





 三田の腹部に、何本もの触手が突き刺さっていたからだ。

「が……ふっ……」

 三田の身体が崩れ落ちる。
 何が起こったのかわからない。
 三田の頭の中には、大量の疑問符が飛び交っていた。

 法衣の男の袖の下から大量の触手が伸び、それが三田の腹部へと繋がっている。
 やがて法衣の男は、何事もなかったかのように立ち上がった。

 法衣の男の右目は潰れている。
 だが、それだけだった。

「わたしを殺せたと思ったのでしょう? 甘い。甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い。我々の弱点は頭。そして、比較的にやわらかい部位である眼球はわかりやすい弱点です。ならば、そこを補強しておくのは当然のこと。そんな単純なことにも思い至らなかったのですか?」

 知恵が足りない愚者をあざけるように、法衣の男は三田をなじる。
 そんな言葉を受けても、三田は僅かに身をよじることしかできない。

 左目で三田を凝視しながら、法衣の男は三田の腹部から触手を引き抜いた。

 三田の腹部からおびただしい量の血が溢れる。
 破れた腹から、腸が漏れ出ていた。

 法衣の男は、触手の先端に付着した血をぺろりと舐める。

所詮しょせんあなたに、わたしを打倒できるほどの知恵など、あるはずもなかったのですよ」

 トドメを刺すために、法衣の男は三田のほうへと触手を伸ばす。
 避けることなど、絶対にかなわない一撃。



「――コクマぁぁああああああああ!!!!」



 しかし、そんな叫び声と同時に、三田の目の前に迫っていた触手たちが切断されていた。

 三田の目の前で銀色の軌跡が飛び交い、触手たちを切断したのだ。
 そして、誰かが近くまで近づいてくる気配があった。

「三田さん! だいじ――っ!?」

「……よる、づき?」

 それは、間違いなく夜月の声だった。
 息を呑むような気配と共に、意識が急速に薄れていく感覚に襲われた。

 目の前が暗くなっていく。
 血を流しすぎた。
 命が、身体から漏れ出ていくような、そんな実感があった。

 そして、三田は意識を失った。

「終わった世界の復讐者 ―僕はゾンビを操ってクラスメイト達に復讐する―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く