終わった世界の復讐者 ―僕はゾンビを操ってクラスメイト達に復讐する―

触手マスター佐堂@美少女

第1話 終わる世界



 夜月よるづき とばりは引きこもりだった。



 いや、正確に言えば不登校というのが正しい表現だろうか。

 トバリは今年で十六歳になる、高校一年生だ。
 そしてトバリは、今年の六月あたりから高校へ行っていない。
 というのも、クラスメイトたちから嫌がらせを受けていたからだ。



 俗に言う、いじめである。



 トバリの通っている学校は、ちまたでは進学校と呼ばれている程度の学力があった。
 だが進学校だからといって、通っている生徒たちの知能レベルが高かったかと尋ねられれば、トバリは首を捻るだろう。

 とにかく、クズが多かったというのがトバリの意見だった。
 トバリにとってはもはや、クラスメイトと呼ぶことすら躊躇われる低レベルの人間が、あまりにも多すぎたのだ。

 クズたちは、トバリに心ない仕打ちをした。
 それらすべてが、トバリにとって思い出したくもない悪夢の日々だ。

 そんな日々の中でトバリの味方と呼べたのは、彼の幼なじみの刹那せつなだけだった。
 刹那だけは、トバリが学校でいじめられている間も彼を庇い、トバリが学校に通わなくなってからも、毎朝彼のことを迎えに来てくれていた。
 それが気恥ずかしかったトバリは、結局、刹那にお礼の一つも言っていないのだが。

 学校に通わなくなっても、トバリの両親は何も言わなかったが、彼らは単純にトバリに興味がなかったのだろう。
 とはいえ、なんだかんだで朝昼夕の食事は作ってくれていたので、母はトバリにそれなりの愛情は抱いていたのかもしれないが。

 そんな彼は、自宅でモンスターの狩猟に明け暮れる日々を送っていた。

 トバリは決してゲーマーではなかった。
 ただ、彼が手を出したゲームが面白すぎただけなのだ。

 モンスターをハントする喜びに取り憑かれてしまったトバリは、やがて登校すら面倒に思うようになり、徐々に自主休校の日が増えていった。
 それもいじめに拍車を掛ける要因になり、気付けば、彼は全く学校に行かなくなっていた。

 そしていつの間にか一学期が終わり、夏休みまでもが終わろうとしている。

 夏休みの最後の日、八月三十一日。
 トバリはついに、このゲームを全クリした。

 血の滲むような努力の結果、ありとあらゆる素材と武器、それに防具を集め、モンスターの狩猟数をカンストさせ、狩猟のタイムレコードは全て最高ランクのSを取得した。
 それはまさに、最強のゲームデータと呼ぶにふさわしい。

「……あれ?」

 そこでトバリは、「なんで自分はこんなことをしていたんだろう」という疑問を抱いた。
 ゲームのホーム画面に表示されている日付を確認すると、そこには無慈悲にも『8/31 8:06』の文字が。

「やってしまった……」

 今更悔いたところでもう遅い。
 もう既に夏休みは終わってしまったのだ。
 いや、まだ終わったわけではないが、ほぼ終わったと言っても過言ではない状況だろう。

「……そういえば、刹那せつなが最近来てないと思ったら、夏休みだからか」

 幼なじみの刹那せつなも、僕に愛想を尽かして迎えに来てくれなくなったのか、とトバリは一瞬思ったが、よく考えたら今はまだ夏休みだ。
 いくらトバリが不登校だからといって、夏休みにまで来るはずがない。

「とりあえず、何か食べよう」

 最後に食べ物を口にしたのはいつだったか。
 ゲームに意識を奪われていたとはいえ、最低限の食事はしていたはずだが、記憶がない。
 トバリは、何か食べられるものがないかどうか探してみることにした。

 時間的には朝なので、トーストと卵をいただくことにする。
 音が無いのが寂しかったので、テレビをつけての朝食だ。
 だがテレビをつけても、砂嵐が飛んでいるだけで何も映る気配がなかった。

「あれ?」

 チャンネルを変えてみても、他の局も同じように砂嵐が飛んでいる。
 こんな時にテレビの故障とはついていないが、文句を言っても仕方ない。

 トバリは、スマホでまとめサイトを開くことにした。
 自分がゲームに夢中になっている間に、世界がどんな動きをしていたのか知りたくなったからだ。
 このまとめサイトを開くのも久しぶりだった。

「……ん?」

 最終更新の日付は、八月二十九日とある。

 ――おかしい。
 そこでようやく、トバリは違和感を覚えた。

 ここのまとめサイトの管理人は、何年にも渡って、一年中、一日も欠かさずに更新をしていることでも有名なのだ。

 逸る気持ちを抑えて、トバリは最新の記事を開く。
 その内容は、トバリの想像を遥かに超えるものだった。



 世界中で大規模なパンデミックが発生。
 推定される死亡者は、十数億人にも達していると言われている。

 原因は一切不明。
 日本政府はまともに機能しておらず、自衛隊や有志の人間たちが各地で救助活動を行っているようだが、救助は難航している。



「は?」

 ――爆発感染パンデミック
 それは、トバリがこれまで生きてきた中で、現実では一度も耳にすることのなかったフレーズだ。
 そもそも、そんなものが日本で起こるということ自体、考えにくいとトバリは思っていた。

 だが現に、日本はおろか、世界中で同じようなことが同時に起こっているという。
 記事を読み進めていくと、さらに驚くべきことが発覚した。

 世界中で爆発的にその勢力を広げている、そのウイルスの致死率は、なんと百パーセント。
 感染すると身体が急速に冷えていき、早い場合は僅か十分ほどで死に至る。

 そしてなんと、しばらくするとその死体は動き出し、生きている人間を襲い始めるという。
 その動く死体に傷をつけられた人間がまたウイルスに感染し……死亡したあと、彼らの仲間となる。
 それはまるで、

「ゾンビ……?」

 その単語がトバリの脳裏を過ぎったのも、自然なことと言えるだろう。
 記事に書いてあるのは、まさにゾンビと呼ぶにふさわしい化け物たちの詳細だった。

 ゾンビは痛みを感じないらしく、頭を潰さない限りその動きは止まらないらしい。
 力は人間だった頃の年齢や筋力に依存するため、ゾンビになった途端にパワーが上がる、といったことはないようだ。

 ウイルスは、ゾンビにかじられたり爪で傷をつけられたりすると感染する。
 空気感染は今のところ確認されていない。
 ゾンビに傷つけられない限りは、突然死んだりすることはなさそうだ。

「……そういえば、父さんと母さんはどこ行ったんだ」

 トバリの両親は共働きだ。
 しかし、いつもこのぐらいの時間であればまだ家にいるはずなのだが……。

「……っ」

 最悪の可能性を想像して、トバリは首を振った。
 まだ、そう決め付けるのは早い。
 しかし、両親に電話をかけてみても繋がらなかった。

「とにかく、外がどうなっているのか確かめないと」

 実際に自分の目で見てみなければ信じられない情報が、あまりにも多すぎる。
 トバリはそう判断し、一階の玄関へと向かった。

「終わった世界の復讐者 ―僕はゾンビを操ってクラスメイト達に復讐する―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く