終わった世界の復讐者 ―僕はゾンビを操ってクラスメイト達に復讐する―

触手マスター佐堂@美少女

第21話 帰宅


「トバリ。はやく」
「わ、わかったから少し待っててくれ」

 ユリに急かされて、トバリは服を脱ぎ始めた。

 お風呂場の中で待機しているユリは、既に生まれたままの姿でシャワーを浴びている。
 ツインテールになっていた髪は下ろされ、彼女の背中にぺったりと張り付いていた。

 そしてその後ろでは、生まれたままの姿の刹那が、黙々とユリの背中を洗っている。
 思わずその膨らんだ胸に目が行くが、今はそういうことをするために一緒に風呂に入るわけではない。

「……なんでこんなことになってるんだ」

 トバリはため息を吐きながら、ユリや刹那と一緒にお風呂に入ることになった原因を思い出していた。








「ただいまー、っと」
「……ただいま」

 トバリの気の抜けた声と、ユリの少し控えめな声が、玄関に響く。
 今朝ぶりの帰宅だ。

「あ、ちょっと待てユリ」
「え?」

 そのまま家に上がろうとしたユリに、トバリは制止の声をかけた。

「さて、ユリ。お前は今からすぐにしなければならないことがある。それは何か、わかるか?」
「……?」

 突然トバリにそんなことを言われ、ユリはキョトンとした顔をする。
 やはり、わかっていないようだ。

「お前、自分の身体見てみろ」
「……? わかった」

 ユリはそう言うと、自分の身体を見下ろした。
 その服は至るところがほつれており、血がべったりと張り付いていたせいか変色している部分も少なくない。

 要するに、けっこう汚かった。

「身体、小学校にいる間ずっと洗ってなかっただろ? しかも裸足だし、そのまま家に上がったら汚れちゃうよ」
「……あ」

 その言葉を聞いて、ユリはようやくトバリが言わんとしていることに気付いたようだ。
 自分の姿を改めて確認し、トバリの言葉に一定の理解を示したようだった。

「だから、あー。いちいち足を拭くためのタオル持ってくるのも面倒くさいな。僕がお風呂場まで抱っこしていくから、ユリは僕にしがみついててくれ」
「……うん」

 トバリは、ユリの足の下に腕を通して、ユリの身体を持ち上げた。
 俗に言うお姫様抱っこの体勢になる。

「おー、すごい軽いな」
「そ、そう……?」

 ユリの身体は、ものすごく軽かった。
 心なしか、ユリの顔が若干赤くなっている気がする。

 お風呂場に到着すると、トバリはユリを下ろした。

「もう身体ごと一気に洗うから、全部脱いじゃってくれ。服は適当に置いといてくれればいいから。僕は新しい服を探してくる」

 トバリはそう言って、自分の部屋へと向かった。
 ユリの体格を思い出しながら、トバリは適当にサイズが合いそうな服を見繕っていく。
 しかし、なかなかよさげなものが見つからない。

「ユリぐらいの体格なら、刹那が中学生ぐらいの時に着てた服なら着れそうだな。それでもちょっと大きいかもしれないけど」

 ユリは小学生にしては身長もそこそこ高い。140cm前後といったところか。
 今の刹那が150cm台後半ぐらいの身長なので、多分大丈夫だろう。

 明日あたりに、時間があれば探してみるのもいいかもしれない。
 いや、トバリが探さなくても、刹那に自分で探してもらったほうが早いか。
 そんなことを考えながら、トバリは適当に選んだ服を持って、再び脱衣所へと向かった。



「ん? どうして脱いでないんだ?」

 トバリが部屋から脱衣所まで戻って来ると、ユリはまだ服を脱いでいなかった。
 ただ、先ほどと同じ姿勢のまま硬直している。

 もしかすると、恥ずかしいのだろうか。
 それなら、トバリは一旦脱衣所から出て行ったほうがいいが。

 だが、ユリの口から漏れたのは、トバリが予想だにしていなかった言葉だった。

「……トバリ。脱がして」
「……え?」

 一瞬、ユリが何を言ったのかわからなかった。
 トバリが硬直していると、ユリはものすごく困った顔で、

「ひとりじゃ、ぬげない……」
「……もしかしてユリ、自分で服を脱いだことがないのか?」

 トバリがそう聞くと、ユリはこくりと頷いた。
 なるほど。
 そういうことであれば、話は早い。

「……それなら仕方ない。それじゃあ僕が脱がせてやるから、ジッとしてるんだぞ?」
「わ、わかった……」
「はい、それじゃばんざいして」
「ば、ばんざーい……」

 ユリが両腕を上げると、トバリはユリの腰に手をかける。
 そしてそのまま、上へと引っ張り上げた。

「んっ……」

 ユリが恥ずかしそうに身をよじる。
 まあ、ユリはまだ小学生だ。
 当然、小学生がブラジャーなどつけているはずも――、

「……あれ。ブラジャーつけてるのか」

 意外なものを見つけて、トバリは少し驚いた。
 ユリの胸部を覆うように、しっかりとブラジャーが装着されている。
 にもかかわらず、一人で着替えができないとなると……。

「もしかしてユリって、ものすごい甘えん坊さん?」
「そ、そんなんじゃ、ない」

 ユリは顔を真っ赤にして否定しているが、普通ブラジャーをつけるような歳で、着替えができない女の子なんているだろうか。
 相当親に甘やかされて……いや、愛されて育ったのだろう。

「それじゃ、ブラジャーも脱がしますねー」
「あ……」

 トバリがさっさとブラジャーを外すと、可愛らしいまな板が露わになった。
 若干膨らんでいる気がしないでもなかったが、気のせいだということにしておく。

 そのまま一気に下も脱がして、ユリは一糸纏わぬ姿になった。
 恥ずかしそうに身体をもじもじさせている姿は可愛らしいが、客観的に見るとトバリがいるせいで相当に犯罪的な絵面だ。
 さすがに、トバリがユリの身体を洗うわけにもいかない。

「……刹那ー。ちょっと来てくれー」

 トバリが大きめの声を出して刹那を呼ぶと、刹那はすぐに脱衣所へとやってきた。
 特に変わった様子もない。

 そのことにホッとしながら、トバリは刹那に命じる。

「この子……ユリって言うんだけど、けっこう汚れてるからしっかり洗ってあげて」

 トバリがそう言うと、刹那はすぐに行動を開始した。

「……ああ、そうだね。自分の服も脱がないと濡れちゃうもんね」

 刹那は、まず自分で自分の服を脱ぎ始めた。
 シャツを脱ぎ、慣れた手つきでブラジャーを外していく。
 夏ということもありラフな格好をさせていたため、刹那はあっという間に全裸になってしまった。

 ほどよい大きさの形のいい乳房は、トバリの理性を焼き焦がすのに十分すぎるほどの威力を持っている。
 今興奮すると面倒なので、トバリは刹那から目を逸らしていた。

 どういう基準で行動が定まっているのか、刹那の行動パターンには謎が多い。
 あと目の前で服を脱がれると興奮するからやめてほしい。

「……トバリ。その人は?」
「ん? ああ。僕の幼なじみで、刹那っていうんだ。見た通りゾンビになっちゃってるけど、僕の言うことはちゃんと聞くから大丈夫」
「なる、ほど。よろしく」

 ユリが頭を下げると、刹那はユリを抱き寄せて、その頭を撫で始めた。

「あ……」

 ユリの頭が、刹那の胸に埋もれる。
 その感触にユリは安心したのか、まるでその身を委ねるかのようにリラックスしているように見える。

 しかし、見目麗しい少女たちが全裸で抱き合っているのは、トバリには少々刺激が強かった。

「そ、それじゃあ、僕はこれで……」

 トバリが若干前のめりになりながらその場を立ち去ろうとすると、背後から腕を掴まれた。
 振り向くと、顔を赤くしたユリがトバリの腕を掴んでいた。

 そして、驚きの言葉を口にする。

「トバリも、いっしょに、はいろ?」

「……え?」

 何を言われているのか、一瞬わからなかった。
 なんとかユリの言っている言葉を理解すると、トバリは慌て始める。

「あ、もしかして、一人でお風呂に入ったことないのか? ……いや、それにしても刹那がいるだろ」

 先ほどの着替えの時とは違い、今回は刹那がユリと一緒にお風呂に入って、その身体を洗ってくれるのだ。
 一人で入るわけではない。

「でも、トバリと、お風呂、入りたい……」

 ユリはそう言って、刹那の胸のなかに顔を埋めている。

 ……わかっている。
 トバリは今、目の前の少女に甘えられているのだ。

 いなくなってしまった両親の代わりに、いま、トバリが甘えられている。
 それだけのことなのだ。
 ならば、トバリが取るべき行動は――、

「トバリ……」

 ユリが、悲しげな表情を浮かべてトバリのほうを見ている。
 そしてなぜか刹那も、トバリのほうを見ていた。

「……仕方ない。一緒に入るか」
「っ! うん!」

 トバリが了承の意を伝えると、ユリの表情はパッと明るくなった。
 それぐらいのことで喜んでもらえるなら、トバリとしても嬉しい。
 それに、少しでもユリという少女の心の傷を癒してやりたいという気持ちもあった。



 というわけで、トバリもお風呂に入ることになったのだった。

「終わった世界の復讐者 ―僕はゾンビを操ってクラスメイト達に復讐する―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く