終わった世界の復讐者 ―僕はゾンビを操ってクラスメイト達に復讐する―

触手マスター佐堂@美少女

第34話 宴


 黒衣の下で食い散らかされる少年を見て、ユリは戦慄に支配されていた。
 そして今、化け物の魔の手は、他の男の子たちにも伸びている。

「く――そっ!」

 もたもたしてはいられない。
 男の子の一人に巻きつく触手をなんとか外そうと、ユリが腕に力を込める。

 だが、緩みこそするものの、触手が男の子から外れる気配はなかった。
 それならばと、ユリはその触手に噛み付いた。

「……!?」

 肉から染み出す淡い塩味と、タコのような食感に、ユリは困惑する。
 それを無視して、ユリは男の子に絡みついていた触手の一本を噛み千切った。

 噛み千切られた触手は、地面に落ちてもなお、うねうねと動いている。
 その光景に生理的な嫌悪感を覚えながらも、ユリは少年に巻き付いている触手に歯を立てていく。

 やがて全ての触手を噛み千切ると、少年は拘束から解放された。

「あ、ありがとう……」
「いい。それより、ほかの子たちを――」

 ユリがそう言い終わる前に、目の前の少年の胸に、太い触手が突き刺さっていた。
 驚愕の表情で固まっている少年はその場に崩れ落ち、再び触手で足を絡め取られる。
 そしてそのまま、黒っぽい布を被った化け物の布の中へと連れて行かれた。

 そしてまた、耳障りな咀嚼音そしゃくおんが、ユリたちの鼓膜を叩き始める。

「…………ッ!!」

 助けられなかった。
 その事実が、ユリの中に突き刺さる。

「ユリちゃん! 逃げなきゃ!」
「ダメ……。まだ、あの子が――」

 まだ、触手に捕らわれている男の子が一人いる。
 今ならまだ間に合う。
 助けなければ……!

「あなたは、逃げて」
「ダメ! ユリちゃん!」

 ユリは少女を置いて、いまだに触手に拘束されている男の子のところへと向かう。
 少女は少しの間迷っていたものの、すぐに屋上から二階へと下りていった。

「だいじょうぶ!?」
「あ……ぁあああ……」

 男の子は、涙を流しながら放心したような表情で、その場に座り込んでいる。
 よく見ると、ズボンがビショビショに濡れていた。

 幸いにも、化け物は先ほど捕まえた二匹の獲物に夢中で、こちらに関心を向けている様子はない。
 ユリは男の子に絡みついている触手を噛み千切り、男の子の拘束を解除する。
 そして、いまだに泣きじゃくる男の子に向かって、屋上の入り口を指差した。

「あそこから逃げて。もうすぐ、助けが来るから」
「うっ……うう……ひっく……」

 ユリがそう言うが、男の子は腰を抜かしてしまっているようで、その場から動けそうにない。
 涙も止まらないようで、会話もまともに成り立ちそうになかった。

 仕方がないので、ユリが屋上の入り口のところまで引っ張っていこうとしたが、

「……あれ。おかしい、な……」

 なんだか、妙に重い。
 この前までは、人間の一人ぐらい楽に運べたはずなのだが、今は腕にそこまで力が入らない。

 とはいえ、男の子を引きずっていくぐらいのことはできるので、なんとか男の子を避難させることはできた。
 屋上の入り口のところまで来たが、まだ助けが来る気配はない。
 しかし、もうすぐだろう。

 おそらく、ユリ一人ではあの化け物を殺し切ることはできない。
 もう避難させる人間がいない以上、ユリにできることは一つだ。



 ――助けが来るまで、できるだけ補給させてもらうことにしよう。



 そう思い、ユリは化け物に向き直った。
 ユリの視線に気がついたのか、黒衣を纏った化け物が、ユリのほうに意識を向ける。

「……あなたは、なんなの?」

 化け物は答えない。
 ただ、そこらじゅうに伸ばした触手をうねらせるだけだ。

 ここまで来ても、ユリには化け物の正体が完全には掴めないままだ。
 ユリが噛み付いたにもかかわらず、化け物がゾンビ化する気配はない。
 ということは少なくとも、この化け物は人間ではない。

 ……しかし、やはりそういうことなのだろうか。
 この終わってしまった世界を、我が物顔で平然と闊歩かっぽできる存在など、ユリは一つしか知らない。
 だから、

「――食べて、あげるね」

 ユリがそう宣言すると、化け物は怯えるかのように身を震わせる。
 そんな化け物の挙動を確認することなく、ユリは飛び出していた。

 この前までと比べてキレは無いが、それでも化け物が伸ばしてくる触手に捕まるほど遅くはない。
 ユリを拘束せんと動く触手は、逆にユリの動きに翻弄されていた。

「はぁ――っ!」

 ユリが触手に噛みつき、そのままそれを噛み千切る。
 今度は、僅かな抵抗もなかった。

「――ッ!!」

 それを咀嚼すると、今まで足りていなかったものが、補給されていく感覚を覚えた。
 力がみなぎる。

 しっかり噛み砕けば、口の中で触手が動くこともない。
 そのまま嚥下えんげし、久々の肉の味を楽しんだ。

 気分が高揚している。
 高揚しているのに、心の奥底のほうは冷たいような、そんな感覚。
 ゾンビに混じって生活を送っていた、あの頃に近い感覚。

 ――もっと欲しい。
 ユリの脳裏に、そんな考えが浮かぶと、



「――オラぁああああ!!」



 ユリの目の前で、触手が切断された。
 銀色の軌跡がユリの目の前をよぎり、ユリの隣に一人の少年が現れる。

「無事か、ユリ!?」
「……だい、じょうぶ」

 鬼気迫った表情のトバリに返答しながら、ユリは周りの様子を伺う。
 トバリの他にも、何人か男が来ている。
 たしか、三田とかいう男と、トバリの復讐対象である城谷と辻だ。

「よし。もう大丈夫だからな」
「……うん」

 トバリに頭をポンポンと撫でられると、ユリは心が温かくなった。
 それと共に、さっきまで感じていた冷たい感覚が消える。

「…………」

 しかし、ユリはしばらく肉がおあずけになったことに、僅かな不満を感じていた。

「終わった世界の復讐者 ―僕はゾンビを操ってクラスメイト達に復讐する―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く