話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

続 他称改造人間になった俺

チョーカー

戦闘のハグ

 精神が肉体を凌駕するって奴か?
 筋量も格闘技術も身体能力も遥かに上回ってるはずの俺が一方的に責められてる。防戦一方だ。
 まさか、女子高生と戦闘になるとも考えてなかったため、戦うためのモチベーションが0だ。
 正直、戦いたくない。 話合いに来たつもりだったんだがな。
 もはや、そう考えているのが戦いに集中してない証拠だ。
 ほら、彼女の持つ特殊警棒が2本。上から振り落とされてきた。
 それを腕でガードする。普通の人間が特殊警棒を受けたら骨折するらしいが、俺の肉体はなんとか耐えきり、弾き返す。
 しかし、痛いものは痛い。 というか、両手がしびれてしまった。
 ヤバいなぁ。あれ?マジでやばくない?
 再び振り上げられる警棒を後ろに飛んで避けては、また前蹴りを喰らう。この繰り返しだった。
 「なんで・・・」
 ん?
 「なんで反撃しないんですか?私に同情してるからですか!」
 彼女は叫ぶ。
 それに対して、『ごめん、なんかやる気が起きなくてさぁ』なんて正直に言えるわけもない。
 ただ、なんとなく
 「あぁ、俺に君は止めてほしかったんだね。ごめん」
 そう答えた。
 彼女の左右からの攻撃を歩くスピードの緩急だけで避け、優しく彼女を抱きしめた。
 「君はただ、パニックになってるだけなんだね」
 そうだろう。彼女は何かをしたわけじゃない。
 本当に彼女は怒っただけなのだろう。
 『どうして?私が悪いことした?』
 安藤栄子に対して怒った。しかし、安藤栄子の答えは自らの死を見せつけることだった。
 そうして、目の前の少女 日高香は壊れてしまったのだろう。
 安藤栄子は何を考え、そんな事をしたのか?今となってはわからない。
 しかし、でも
 まだ、目の前の少女は救える。

 「聞け日高香。 君は悪くない」

 強く、きつく。彼女を抱きしめた。
 

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く