話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

続 他称改造人間になった俺

チョーカー

雑談

 「占いサイトの話ですか。私も確認はしていますが、あまり良いものではないですね」
 「というと?」
 「占いが問題というより、サイト内のBBSが学校裏サイトのような感じになっていますね」
 裏サイトを簡単に言うと、学校に関する非公式サイトである。
 また匿名性の高さから誹謗中傷など無法地帯になりやすいという。
 もしかしたら、何らかの方法でそこから個人の情報を手に入れてるのか?
 いや、無理だろう。実際に、こうやって学校側に存在が確認されてるわけだし、そんなに手の込んだ仕様じゃないのだろう。
 しかし、うちの組織も秘密結社を名乗るなら、IPアドレスから個人特定ができるくらいの国家権力に影響力持ってろよ。それだけで解決する話だろうが。
 「どうかしましたか?」
 芹沢芹教頭の言葉で我に返った。
 「いえ、考え事を・・・。学校側は何か対策してないんですか?」
 「現時点では、生徒たちで流行ってる占いサイトっていう判断ですから」
 なるほど、と後は適当に雑談で時間を潰すと授業開始のチャイムが響いた。
 まだ10分しかたってなかったのか。 チャイムがいい区切りになり、芹沢教頭は帰っていった。
 さて、どうしたものか。何気なく部屋にあるパソコンをみる。
 学校裏サイト。その発想は俺にはなかった。 この学校に来る前に占いサイトを確認はしているが、実際にこうして学校で来て、もう一度確認したら新しい発想が浮かぶかもしれない。
 しかし、誰が用意したかわからない部屋のパソコンをここで使っていいものか。
 いいわけないか。夜になったら、学校を出て組織の拠点で確認してみるか。

 

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く