話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

【最終話】暗黒の世界と月の神

 なんか誰かの言葉が聞こえたような気がするけど……俺はそれを気にせずに走った。そうでもしないと間に合わないかもしれないからだ。碧さんに何かあったら俺はどうすればいいんだ。碧さんはがめつくて業突張りで厄介なルームメイトで幽霊で座敷童でカミサマだけど……それでも。
 俺の大切な存在であることには変わりない。
 俺が大好きな存在だということには変わりない。
 幽霊でもカミサマでも座敷童でも……そんなことどうだっていい。
 そうだよ、そうだったんだ。
 俺は碧さんのことが――大好きだったんじゃないか。

「碧さああああああああああん!!」

 俺は名前を呼んで、ただひたすら走る。
 森の奥へと続く道は、まだまだ先が長い。


◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇


 ツクヨミと私――アマテラスの戦争たたかいは窮地を迎えていた。考えても見て欲しい。私は姉だ。ツクヨミよりもスサノオよりも、高い存在にある。そんな私が負けるはずがない――。
 それは、ただの驕りだった。カミサマ同士の戦いで、そんな甘いことが起きるはずがなかったのだ。

「……姉ちゃん、弱くなったね」

 私の腕からは、赤い血が滴り落ちていた。
 今、私を包み込むのは。
 暗黒。
 漆黒。
 暗闇。
 なんと表現すればいいのか、解らない。ただ、黒が広がっていた。視界のどこを見渡しても光が見えない、そんな空間だ。その空間にツクヨミの声だけが響いている。なんとも不気味な空間だ。

「どうだい、姉ちゃん。この空間の居心地は」
「最悪だよ。こんなことをする弟がこの世界にいるとは思いもしなかった」
「へへへ。そう言ってもらえると嬉しいね」

 狂っている。ツクヨミは狂っていた。かといって誰かに操られている様子も見られない。ということは……。

「疑り深いなあ、姉ちゃんは」

 その時だった。
 私の背後から手が伸びた。そしてその手は私の首をがちりと固定する。それはツクヨミではなかった。
 闇だ。
 闇が私の首を絞めていたのだ。

「う……ぐ……」
「姉ちゃんが悪いんだよ。姉ちゃんが突然『広い世界が見たい』なんて言い出すから。結局そういうカミサマとしての力、姉ちゃんが持つ『天候操作ウェザーコントロール』の力、それをオオヤシマが管理することになったんだから。大変なんだよ? あれを操作するのも。大雨が続くところには日照りを与え、日照りが続くところには雨を与える。人々はそれさえあれば『カミサマを信じてくれたから』と喜んでいたものさ。だけど、今はどうかな? 僕たちを信じてくれているのかな? 昔と比べると、やっぱり違うだろうね。だって姉ちゃんみたいにそんな『荒れた』カミサマが出るわけないもんね。カミサマは皆静謐な存在でなくてはならない。清らかな存在でなくてはならない! オオヤシマでイザナギが言ったあの言葉、忘れたとは言わせないよ」

「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く