話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

突然の旅行は前途多難(後編)

「あんた、百鬼夜行って知ってるか? 聞いたことがあるかないか、その程度でも構わないから」

 百鬼夜行。
 聞いたことがあるようなないような……あやふやな感覚だ。ともかくフィクションではないな。何故ならおれはあまり本を読まないからだ。

「そんな自信満々に言われても困るけれどね……。それじゃあ、百鬼夜行に関する知識はまったくないということでいいのね?」
「あぁ、まったくだ」
「誇れることでも何でもないでしょうが……。まぁいいわ。百鬼夜行とは、たった一言で示せば『妖怪の集団』よ」
「集団? たくさん居るってことか?」
「まぁ、そういうことね。……いっただきまーす!」

 そう言って姉ちゃんは先程買っておいた六明亭のハンバーグ弁当の蓋を開けた。六明亭は関東地方に拠点を持つ老舗弁当店だ。俺も姉ちゃんもその店のハンバーグ弁当が好きなのでよく購入している。……このままモノローグを続けても正直どうかと思うので俺も食事に移るとしよう。
 達筆な文字で『はんばあぐ弁当』と書かれた紙を剥がし、蓋を外す。
 直ぐに弁当箱の半分を埋め尽くす小判型のハンバーグが俺の目に入った。そしてそのハンバーグにはマッシュルームがたっぷり入ったデミグラスソースがかかっている。

「いやー、このハンバーグが美味いんだよな。な、理斗もそう思うだろ?」

 それは同感だ。姉ちゃんとは案外仲違いする場面もあるが、これは数少ない意見の一致ともいえるだろう。たくわんの塩辛さも、ご飯の硬さも、ハンバーグのふっくら感も、付け合せのマッシュポテトも完璧だ。これこそ最高のハンバーグ弁当といえるだろう。

「ねえねえ、リト。私にも少しちょうだいよ?」
「買ってないのか?」
「幽霊用には無いんですって。困っちゃうわね、あの弁当屋。呪ってやろうかしら」
「よせ、縁起でもない」

 そう言ってその行為を制したのは姉ちゃんだった。確かに呪ってあの弁当屋が潰れてしまったら姉ちゃんは恐らく路頭に迷ってしまうことだろう。別にあの弁当屋が無くなっても別の弁当を食べればいいじゃあないか――たまにそんな意見をもらうが、そういうわけではない。誰にでもあるだろう? ソウルフードという考え方が。姉ちゃんと俺はその『ソウルフード』を考えるとそれに当てはまるというわけだ。
 まあ、これを言ったところで理解されるとは到底思っていない。しかしそれでも俺たちはこのハンバーグ弁当が好きなのだということは理解して欲しい。

「……まあいいわ。一口でいいから、そのハンバーグをちょうだいよ? そういうの独り占めにするのってよくないことだと思うのよ?」
「……やだ」
「いーじーわーるー」

 ……解った解った。そういう目で見るな。
 仕方なく、本当に仕方なく、俺は碧さんの口にハンバーグをひと切れ入れた。

「うっまーい! なによあんたたち、こんな美味しいもの食べてたわけ?!」

 すぐに笑顔になった。ほんと、単純な幽霊だ。こういうのが日本神話最高のカミサマ、天照大神なのだろうか? ……そう考えるとほんとうに頭が痛かった。

「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く