話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

現実への帰還と残積課題(後編)


「それならば、君はカミサマというのがどういう存在なのか。きちんと理解しているのか?」

 針咲千夏の言葉に、俺は直ぐに頷くことは出来なかった。
 どうしてだろうか? 俺には迷いなんて、そんなものは持ってはいないはずだ。

「カミサマというのは信仰をしなければ消えてしまう……いいや、正確には『カミの形を為さなくなる』だったかな? それによってカミが怨霊に『堕ち』て、人々を苦しませるケースも多々あった」
「それは人々がきちんと信仰を行わなかった迄だ。清潔な心と、清潔な意志を持っていれば……」
「愚かだ」

 俺の言葉は、針咲千夏のその一言に遮られた。

「愚かだ。愚か過ぎるよ、君は。いや、もしかしたらカミサマに仕える職業だから、カミサマに毒されているのではないか?」
「何だと……?」

 俺は苛々していた。そしてこれが針咲千夏の思う壺だということにも気付いていた。
 だから俺は一歩踏み出して、針咲千夏との均衡を破った。
 その時だった。
 針咲千夏は、その場から消えた。

「君は全く馬鹿な存在だよ」

 そんなセリフを吐いて、消えた。
 部屋の真ん中から、一瞬にして。
 俺は思わず部屋の真ん中へと走り出す。しかしそれは思わぬもので遮られることとなった。

「これは……鏡?!」
「正確には、限りなくそう見せかけたモニターじゃないかな? どちらにしろ、やられたよ。見事にね」

 碧さんは、その姿に合わず小さく舌打ちをすると、辺りを見渡す。
 そこには何の痕跡も残されちゃいなかった。まるで――そう、狐に摘ままれたような、そんな感覚だった。


 ◇◇◇


 かくして、幾つかの未消化要素は存在したが、『ホープ・ダイヤモンドゲーム』事件は解決した。
 しかしそれは、オリジナルを破壊した迄に過ぎない。インターネットが蔓延る昨今では、ネットの海に多数のコピーが出回っている。

「それほど迄にやりたいゲームなのかねぇ……」

 まとめた報告書を読みながら姉ちゃんは小さく呟く。
 そんなことは、俺に言われても困る。もし、解るとするならば――。

「……なんで私がその気持ちを解ると思ったのよ?」

 ――ゲーマーである碧さんくらいしか居ない。

「あのね、言わせてもらうけど、ゲーマーといっても種類とかあるのよ? 例えば、FPSが好きなゲーマーだとか、RPGが好きなゲーマーだとか、私みたいに雑食なゲーマーだとか」
「で、その雑食ゲーマー碧さんから見たこの事件の話は?」

 俺がそう話を振ると、珍しく碧さんが黙ってしまった。
 そこまで真面目に考えなくていいのに。


 それから数分後、碧さんはやっと思いついたのか俺に向かってこう言った。

「やっぱりゲームは一日一時間、って法律で定めるべきよね」

 見当外れとも言いづらいその言葉に、俺は苦笑いを浮かべるしかなかった。





ホープ・ダイヤモンドゲーム編



「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く