話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

魂と胎児と融合個体 -捌-


「……!」

 俺は意識を取り戻した。周りの雰囲気から見てまだ数秒も立っていないらしい。
 ツェペリはまだ『俺が無力だということに』なっているし、恐らく他の人間だってその変化には気付いてないと思う。
 ならば、チャンスは今だ。今しかない。

(……おい、天照大神)

 俺は内界に問い掛けた。

『私のことを呼び捨てにするのは、後にも先にも貴方だけでしょうね、瀬谷理斗』

 そんな形式張った堅苦しい挨拶はどうだっていい。

(……『やれるか』?)

 問い掛けはこの四文字で充分だ。そして、相手もそれで充分と判断したんだろう。一瞬の沈黙の後、告げた。

『……私は最強のカミ、太陽のカミ。こんなこと造作でもない』
「そうか」

 俺は、それだけを確認しておきたかった。

「おい、何をブツブツ言っている?」

 残念、もうあんたはボスじゃなくなった。
 “ただのモブキャラだよ”。
 俺がそれを言った直後、ズン!! と地響きが鳴った。

「な、なんだ……?!」
 ツェペリは上を見上げた。馬鹿野郎、上を見てもあるのは木材だけだ。
 日本神話最強のカミサマ、天照大神を操る方法。それは……たった一言で充分だった。

「……力の解放を許可する」
『はいよ、任せな。最強のカミの力、見せてやる』

 刹那、俺の頭上には焼けつくように熱い太陽があった。
 俺の頭上にあるが影響は一切ない。この攻撃はなんだ、と思ったが、

『これは悪しき力を焼き払うもの。それが霊体だけなら霊体のみを。身体も含めてなら、髪の毛ひとつと残さない。……そうですね、技の名前をつけるなら「アマテラス」でしょうか』

 その前にあちら側から教えてくれた。別にいいのに技名まで。

「……ぐぁあああ……!」

 ツェペリは身体まで悪に染まっていたのか(つまりは乗っ取った身体などではない、ということだ)、身体が燃えていた。
 しかし、苦しんでいる様子を見せたのはその僅か数秒で、その後突然に笑い出した。
 ――気でも狂ったか、と思ったがどうやらそうではなさそうだった。徐々にツェペリの言葉がはっきりとしてきた。

「……はは、天照大神……、日本神話最強のカミを“降ろす”とは、……なるほど。ボスが気に入るわけだ……!」
「……なんだと?」

 ボスが気に入る? つまりボスは俺を知っているということになる、それはいったい。

「ボスは……、カミの力を手に入れようとしていた……! つまり『神憑き』はいい研究材料になる! 神降ろしをしても何故耐えきれるのか?! 何故神憑き以外では死んでしまうのか!!」
「……そのためにみずきさんを……!」
「みずき……、あぁ、ドレーンのことか……! あいつはいわば補欠の存在だった! だが神憑きに近い力を持っていたから、普通のカミではない、アブノーマルな『電子のカミ』を降ろさせた!」

 アドレナリンが身体中に回っているのだろう。ツェペリの喋りは徐々に大袈裟になってきた。

「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く