話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

魂と胎児と融合個体 -漆-

『まあ、それも解る。……だが人は前に進まねばならない。そうだろう?』

 確かに、そうなのかもしれない。
 十二年前の『神降ろし』。あのとき俺は何が起きたか解らなかったし、あのあとに神降ろしだとか神憑きだとか知らされた(余談だが神憑きの修行ってのは元服――今で言う十五歳くらい――でないとさせてくれないらしい。それまでは修行のため知識を積む必要があるからだ)。
 俺は――神憑きに生まれたのに、それが出来ない。
 親からも見放されていた。姉ちゃんが雷神と神降ろしを果たし契約した。
 俺はフリーの封霊業を始め、姉ちゃんは神事警察へ就職した。
 代わりのない、むしろ当たり前だと思っていた。
 しかし、姉ちゃんからここに誘われ今この決断を迫られている。


 ――果たして、おれはこれに乗るべきなのだろうか?


「……俺は」

 そして、俺は――決断した。

「――この力を手に入れて、強くなりたい……!!」
『ほう。その覚悟、本物だな?』

 俺は小さく頷いた。もう迷うことはない。

『……ならば受け取れ』

 その言葉と同時に天照大神は光となって――俺の体へ潜っていった。

『日本神話、最強のカミの力を』

 どくん。
 俺の心臓が小さく――しかし確実に波打った。
 目の前には光がある。こころなしか祐希の声もする。玉城さん……いや、ツェペリの声もする。
 飛び込もう。
 俺は考えた。

『決心はついたか、戦場へ飛び込む勇気が』
「ああ。……ところであんたの名前は……」
『それを言わないのが男ってもんだ』

 そうか、と俺は頷いた。
 そして光に飛び込んだ――!!

「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く